説明

株式会社コーセーにより出願された特許

71 - 80 / 734


【課題】ベシクルを沈降させ、該ベシクルの二層分離性や保存安定性、保湿感に優れる化粧料を提供すること。
【解決手段】
次の成分(A)〜(C);
(A)リゾリン脂質
(B)リン脂質
(C)コレステロール及び/またはフィトステロール
を主構成成分とするベシクルを含有する化粧料であって、成分(A)と成分(B)の配合質量比A/Bが1.5以上で8以下、且つ、成分(A)と成分(C)の配合質量比A/Cが1.5以上で8以下であり、静置時には該ベシクルが沈降し、使用時に振とうすることにより該ベシクルが再分散することを特徴とする化粧料。 (もっと読む)


【課題】良好な使用感で、ごわつき感、べたつき感がなく、セット力、再整髪性、セット力の持続性に優れる効果を有する乳化型整髪料を提供すること。
【解決手段】 次の成分(A)〜(D);(A)融点が60℃以上で105℃以下の油剤、(B)融点が35℃以上で60℃未満の油剤、(C)乳化剤、(D)炭素数6〜18の一価アルコールとサリチル酸とのエステルを含有し、成分(A)と成分(B)の含有質量比(B)/(A)が0.1〜10の範囲内である乳化型整髪料。 (もっと読む)


【課題】皮膚外用剤や化粧料として利用可能な、簡単な組成でありながら、広い酸性領域にわたり、低粘度で安定な状態を維持可能な水中油型乳化組成物を提供すること。
【解決手段】成分(A)〜(C);
(A)アルカリゲネス属微生物が産生する多糖類
(B)25℃にて液状またはペースト状の油剤
(C)非イオン系界面活性剤
を含有し、25℃におけるpHが2〜5.5であり、かつ粘度が2000mPa・s以下であることを特徴とする水中油型乳化組成物並びにこの水中油型乳化組成物を利用した皮膚外用剤および化粧料。 (もっと読む)


【課題】新規な美白剤並びに美白用皮膚外用剤又は美白用化粧料を提供すること。
【解決手段】タルトチェリー果実搾汁液及び/又はタルトチェリー果実抽出物を有効成分とする美白剤、並びにタルトチェリー果実搾汁液及び/又は果実抽出物を含有する美白用皮膚外用剤又は美白用化粧料である。 (もっと読む)


【課題】本発明は、塗布時の使用感が良好で、ツヤ感に優れ、付着性を有しながらもべたつきが少なく、高い化粧持続効果を有する油性ゲル状口唇化粧料に関する。
【解決手段】 次の成分(A)〜(C);
(A)ペンタイソステアリン酸ジペンタエリスリチル、(B)ペンタエリスリトールに炭素数14〜22の分岐脂肪酸をエステル化して得られる液状のテトラエステル、(C)デキストリン脂肪酸エステル、を配合したことを特徴とする油性ゲル状口唇化粧料に関する。 (もっと読む)


【課題】簡易な構成で効果の高い衝撃吸収性を有するコンパクト容器用中皿の提供の提供。
【解決手段】化粧料を充填し、コンパクト容器の収納凹部に収納可能な中皿であって、該中皿の外壁面および/または外底面の一部あるいは全部に、短繊維を静電植毛したことを特徴とするコンパクト容器用中皿。 (もっと読む)


【課題】
皮膚外用剤に配合でき、長期間使用することが可能な安全性の高いインターロイキン6産生を抑制する物質を見出し、これを利用したインターロイキン6抑制剤を提供することを課題とする。
【解決手段】
ネオアガロビオース、ネオアガロテトラオースおよびネオアガロヘキサオースからなる群から選ばれる糖類の少なくとも1種以上を有効成分として含有するインターロイキン6産生抑制剤である。 (もっと読む)


【課題】本発明は液状眉毛用化粧料に関し、更に詳しくは化粧持続性(剥がれ落ちにくさ及び耐汗・耐皮脂性)及び化粧膜の柔軟性において優れた液状眉毛用化粧料を提供する。
【解決手段】デキストリンと脂肪酸とのエステル化物である新規なデキストリン脂肪酸エステルと油性成分と、粉体とを配合することを特徴とする液状眉毛用化粧料に関するものである。 (もっと読む)


【課題】 本発明の口唇化粧料は、密着感、ツヤ感に優れ、べた付きや塗布時の重さがなく滑らかな使用感を与え、高い化粧持ち効果が得られる口唇用化粧料に関する。
【解決手段】 次の成分(A)〜(C);(A)デキストリンと脂肪酸とのエステル化物であって、デキストリンのグルコースの平均重合度が3〜150であり、脂肪酸が炭素数4〜26の分岐飽和脂肪酸の1種又は2種以上を全脂肪酸に対して50mol%より多く100mol%以下、及び、炭素数2〜22の直鎖飽和脂肪酸、炭素数6〜30の直鎖又は分岐の不飽和脂肪酸及び炭素数6〜30の環状の飽和又は不飽和脂肪酸よりなる群から選ばれる1種又は2種以上を全脂肪酸に対して0mol%以上50mol%未満を含有し、グルコース単位当たりの脂肪酸の置換度が1.0〜3.0であるデキストリン脂肪酸エステル、(B)不揮発性液状油剤、(C)ゲル化剤、を配合することを特徴とする口唇用化粧料に関する。 (もっと読む)


【課題】両面使用可能なパフにおいて、下地用ファンデーションにも仕上げ用、アクセント用ファンデーション、ルースパウダーにも使用可能で、化粧効果と使用感に優れた化粧用パフを提供する。
【解決手段】起毛布帛片1とスポンジシート2とを前記起毛布帛片1の起毛面が外面となる様にこれらを合わせ、内部に扁平なクッション材を挿入して前記起毛布帛片1とスポンジシート2の周縁を縫製した。また、前記クッション材の1面と前記スポンジシート2の裏面を接着した。さらに、前記クッション材の両面と前記スポンジシート2の裏面及び前記起毛布帛片1の裏面とを接着した。 (もっと読む)


71 - 80 / 734