説明

株式会社コーセーにより出願された特許

81 - 90 / 734


【課題】 本発明の油性口唇化粧料は、使用性、使用感に優れ、艶を向上し、かつその艶や色が長時間持続する油性口唇化粧料に関するものである。
【解決手段】 次の成分(a)〜(d);(a)0℃より高く37℃より低いLCST(Lower Critical Solution Temperature:下限臨界共溶温度)を有する高分子部分と親水性高分子部分が結合したブロック共重合体又はグラフト共重合体であって、その水溶液が0℃より高く37℃より低い温度にゾル−ゲル転移温度を有する高分子化合物、(b)水、(c)煙霧状無水ケイ酸、(d)液体油剤を配合することを特徴とする油性口唇化粧料に関するものである。 (もっと読む)


【課題】従来行われていた肌タイプの分類に代わる、より化粧料使用者の実感にあった肌分類法を開発し、この方法を適用してより使用者にあった化粧料を提供すること。
【解決手段】気象条件の異なる時期に、複数回にわたって同一被験者の肌の水分量を測定し、次いで、測定時の平均温度または平均湿度と肌の水分量の間の相関係数を算出し、この相関係数を指標として肌タイプを定める肌質分類方法およびこれに基づき適切な化粧料を選択する化粧料選択方法。 (もっと読む)


【課題】使用感、及び乳化安定性に優れた、半透明化粧料として調製可能な水中油型乳化化粧料の提供。
【解決手段】(A)HLB10〜15のポリオキシエチレンソルビット脂肪酸エステルから選ばれる1種又は2種以上;(B)HLB10〜15のポリオキシエチレン硬化ヒマシ油から選ばれる1種又は2種以上;(C)炭素数12〜22の高級アルコール及び/又は炭素数12〜22の脂肪酸モノグリセリルから選ばれる1種又は2種以上;(D)水;(E)電解質から選ばれる1種又は2種以上;を含有し、乳化滴の平均粒径が50〜300nmである水中油型乳化化粧料である。 (もっと読む)


【課題】保湿性、使用感、及び乳化安定性が良好な水中油型乳化化粧料の提供。
【解決手段】(A)HLB10〜15のポリオキシエチレンソルビット脂肪酸エステルから選ばれる1種又は2種以上;(B)HLB10〜15のポリオキシエチレン硬化ヒマシ油から選ばれる1種又は2種以上;(C)炭素数12〜22の高級アルコール及び/又は炭素数12〜22の脂肪酸モノグリセリルから選ばれる1種又は2種以上;(D)ホスファチジルイノシトールの含有量が20質量%以上及びホスファチジルエタノールアミンの含有量が30質量%以上のリン脂質;及び(E)水を含有し、乳化滴の平均粒径が50〜300nmである水中油型乳化化粧料である。 (もっと読む)


【課題】保湿感の持続性やべたつきの無さに優れ、更に、表面の油浮きやヒビ割れが無く、外観の透明性に優れた油性固形化粧料を提供すること。
【解決手段】(A)平均粒子径が1〜30μmのポリエチレンテレフタレート粉末、(B)デキストリン脂肪酸エステル、(C)液状油 75質量%以上を含有することを特徴とする油性固形化粧料。 (もっと読む)


【課題】滑らかに伸び広がることで、まぶたに描きやすさく、付着性に優れるため、重ね付けがしやすく思い通りの形や濃さのアイラインを描くことができ、更には、涙や汗に滲みにくく、瞼の動きにもポロポロと剥げ落ちにくい化粧持ちに優れるアイライナー化粧料の提供。
【解決手段】次の成分(A)〜(D):(A)粒子表面の全面に亘ってシリコーンの微小突起を有する球状粒子(B)皮膜形成成分(C)揮発性成分(D)着色剤が配合されたアイライナー化粧料。 (もっと読む)


【課題】光輝性粉体を含有する油性メーキャップ化粧料において、非極性又は低極性の油剤に少量配合することで、安定性がよく透明性の高いゲルを形成することができる油ゲル化剤を用いることにより、伸び広がりの良さ、べたつきのなさといった使用感が良好で、外観の審美性及び化粧効果に優れ、且つ、保存安定性にも優れた油性メーキャップ化粧料を提供すること。
【解決手段】(a)アシル部分が炭素数15〜21の直鎖アルキル基である、1,2−ビス(アシルアミノ)シクロヘキサン誘導体と、アシル部分が炭素数15〜21の、1位に置換基として直鎖アルキル基を有するアルキル基であるビス(アシルアミノ)シクロヘキサン誘導体とを一種類ずつ混合して作製した油ゲル化剤と、(b)油剤と、(c)光輝性粉体を含有する油性メーキャップ化粧料。 (もっと読む)


【課題】リフィル皿の押し込む側を指入れ部が形成されていない側に制限することにより、常に指入れ部が形成されている側のリフィル皿が収納部から外れて、収納したリフィル皿を確実かつ容易に取り外すことが可能なリフィル皿保護容器の提供。
【解決手段】天面12と、該天面12の周縁より略垂下する周壁13と、該周壁13の下端より外向きに形成されたフランジ部14とを有し、有底皿状の化粧料リフィル皿11の上部より被嵌することで該リフィル皿11を収納可能なリフィル皿保護容器1であって、収納されたリフィル皿11の側壁13上端と該突起部が当接することにより天面12とリフィル皿11との間に空間が形成され、指入れ部に対向する周壁側のリフィル皿11の底部を該空間方向へ押し込むことにより、対向して形成された2つの前記突起部を支点として指入れ部を有する側のリフィル皿の一部が保護容器から離脱するリフィル皿保護容器1 (もっと読む)


【課題】使用性が良好であり、透明性の高い外観を有し、更には、芳香の持続性にも優れる油性香料組成物を提供することを課題とする。
【解決手段】特定の直鎖アルキル基を含有するビス(アシルアミノ)シクロヘキサン誘導体と、特定の分岐アルキル基を含有するビス(アシルアミノ)シクロヘキサン誘導体とを含む油ゲル化剤、油剤、及び香料成分とを配合した油性香料組成物。 (もっと読む)


【課題】 リブ状の突起ではなく内周のテーパー面および段部で係合保持することにより、棒状化粧料に対する上下方向および回転方向に対する係合保持力を高め、通常の固さの棒状化粧料はもとより、柔らかいタイプの棒状化粧料も、確実に保持することができる棒状化粧料保持体の提供。
【解決手段】上下端が開口した筒状に形成され、その内周面には上部開口より略中央部にかけて内径を漸次縮径してテーパー面を設けるとともに、該テーパー面には上部開口側より略中央部側が高くなるよう形成された少なくとも1つの段部を環状に設け、該段部が側面視で軸心に対し傾斜して形成された棒状化粧料保持体。 (もっと読む)


81 - 90 / 734