説明

株式会社イシダにより出願された特許

611 - 620 / 859


【課題】包装材の供給スピードが非常に速い場合においても印刷の質が高く維持される製袋包装機を提供する。
【解決手段】製袋包装機は、帯状のフィルムFの供給を受け被包装物を包装した袋を製造する製袋包装ユニット5と、製袋包装ユニット5に向けてフィルムFを繰り出すフィルム供給ユニット6と、インクジェットプリンタ部9aと、紫外線照射部9bとを備える。インクジェットプリンタ部9aは、フィルム供給ユニット6から製袋包装ユニット5へと繰り出されたフィルムFにインクを吹き付けて、フィルムFにデザインを印刷する。紫外線照射部9bは、インクジェットプリンタ部9aによりデザインが印刷されて製袋包装ユニット5へと供給されるフィルムFに対して、紫外線を照射する。 (もっと読む)


【課題】印字におけるラベルのスリップを防止して、高精度の印字が可能なプリンタを提供する。
【解決手段】印字ロールから印字用紙Lを巻き出して下流に搬送する搬送部30と、搬送部30から送り出された印字用紙Lに印字を行う印字部30とを備えたプリンタに関する。印字部30は、印字用紙Lに対向する印字ヘッド51と、印字ヘッド51との間で印字用紙Lを挟むと共に印字用紙Lを下流に送り出すプラテンローラ52とを備え、搬送部30は、回転駆動する駆動プーリ33と、駆動プーリ33の回転に伴って回転する従動プーリ34と、両プーリ33,34に巻回された搬送ベルト31と、両プーリ33,34の間において搬送ベルト31の外周面との間で印字用紙Lを挟む押さえローラ35とを備えている。 (もっと読む)


【課題】振り分けの確実性を高めると共に、被計量物の傷みが小さくなる計量装置を提供する。
【解決手段】第1の方向D1に回転して開く第1ゲート11と第2の方向D2に回転して開く第2ゲート12とが選択的に回転して被計量物Mを2方向D1,D2に振り分けるホッパ10と、第2ゲート12が開いた際にホッパ10からの被計量物Mが滑落する第1シュート面を持つ第1受け部31と、第1ゲートが開いた際に前記ホッパからの被計量物が滑落する第2シュート面22aを持つ第2受け部32とを備える。第1ゲート11は第2ゲート12よりも下方に向って突出しており、第2シュート面22aは第1シュート面21aよりも上方に向って突出し、かつ、第1シュート面21aの上方において、第1シュート面21aの上端22eよりも第2の方向D2に向って突出している。 (もっと読む)


【課題】基材層、バリア層およびシーラント層を有する包装用積層フィルムから形成された包装袋において、包装袋のバリア性は維持しつつ、開封性に優れる包装袋を提供する。
【解決手段】包装用積層フィルムは、少なくとも一方の横側部に、包装袋の開封を容易にするための傷痕加工部(3,3’)を所定の長さと幅で有するものであり、前記傷痕加工部は、袋の外面側である前記基材層に存在し、袋の内面側である前記シーラント層には存在しないものであり、前記傷痕加工部の所定の長さが、包装袋の他方の横側部には達しない長さとすること。 (もっと読む)


【課題】商品収容器に正確な配送先の情報を付随させることができる仕分システムを提供する。
【解決手段】仕分システムでは、店舗にそれぞれ関連付けられた複数の仕分区画5が形成され、各仕分区画5には、当該仕分区画5内へ赤外線信号を発信する個数表示器2が設けられる。これらの仕分区画5には、赤外線信号を受信可能な配送先表示装置3が取り付けられたカゴ車6が配置される。そして、個数表示器2は、自装置が設けられた仕分区画5に係る店舗の情報を示す赤外線信号を発信する。この赤外線信号は当該仕分区画5内への指向性をもって発信されることから、当該仕分区画5に配置されたカゴ車6に付随する配送先表示装置3に受信される。これにより、配送先表示装置3には正確な店舗の情報が配信され、配送先表示装置3がその情報を表示することで、カゴ車6に正確な店舗の情報を付随させることが可能となる。 (もっと読む)


【課題】 X線によって物品を検査するX線検査装置において、X線源から発生するX線の外部漏洩を防止しながら、装置内部を効率的に冷却することができる手段を提供する。
【解決手段】 X線を発生するX線源(2)と、X線源(2)を取り囲んで密封する装置壁(41)と、を備え、装置壁(41)の内側に、内部熱伝導体(43)が設けられており、装置壁(41)の外側に、内部熱伝導体(43)から装置壁(41)を介して伝導される熱を放熱する外部熱伝導体(44)が設けられていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】商品区画の数や商品区画のサイズを容易に変更できる仕分システムを提供する。
【解決手段】仕分システムでは、商品ラック2の各棚21に一つの表示装置1が設けられている。そして、その表示装置1が有する一つの画面の表示領域が複数の分割領域12に分割され、複数の商品区画22に係る区画情報がそれら複数の分割領域12にそれぞれ表示される。したがって、表示装置1が有する一つの画面によって複数の商品区画22に係る区画情報を表示できることから、各商品区画22ごとに表示装置を設ける必要がない。このため、仕分システムの全体として必要な表示装置の数を少なくすることができ、導入コストを大幅に低減できる。また、表示装置1の一つの画面を分割して使用するため、各分割領域12の数や長さを容易に変更でき、各棚21における商品区画22の数やサイズを容易に変更可能である。 (もっと読む)


【課題】本発明は、筒状部材内において物品が架橋状態となるのを防止することにより、上方から落下する物品を下方に確実に案内することができる物品案内装置、並びにそれを用いた計量装置及び包装装置を提供する。
【解決手段】ばね用ステンレス薄板でなり、上下に円形に開口する逆円錐台状とされたシュート21において、内部の物品落下経路の断面形状を変更する形状変更ユニットを備える。この形状変更ユニットは、前記シュート21を外側側方から同期して押圧する一対の押圧部材63,63を備え、押圧と押圧解除とを間欠的に繰り返す。 (もっと読む)


【課題】集合シュートに投入された組合せ計量1回分の物品を、速度差を生じることなく集合させて、塊の状態で排出する。
【解決手段】複数のホッパと、各ホッパに投入された物品の重量または個数を組合せて、許容範囲内となる物品の組合せを選択する組合せ計量・計数装置であって、ホッパから排出された物品を集合して排出する集合シュートが、上段シュート部と下段シュート部とからなり、上段シュート部が、傾斜角度θ1の直線状の傾斜面Aを有し、下段シュート部が、上下に配置された少なくとも2つの内壁面BおよびCを有し、BおよびCは、それぞれ互いに異なる傾斜角度θ3、θ4を有して直線状に傾斜し、それぞれの傾斜角度は、θ4>θ3>θ1の関係にあり、内壁面BおよびCの上下両端が、物品の自然落下の経路となる放物線の径方向外側近傍に位置することにより、上段シュートから排出された物品が、放物線を描いて排出口に達することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】安価な構成により高精度な原点設定を実施することが可能な包装装置を提供する。
【解決手段】テープ結束機20が、サーボモータM1〜M3を駆動源として所定の範囲内において往復運動する移動部(チャック54a、回転部材47b、連結ロッド57c)を固定部側である被当接部55,49,58に対して当接させる。制御部70では、当接検知部70aが、移動部(チャック54a、回転部材47b、連結ロッド57c)と被当接部55,49,58とが互いに当接したことを検知するとともに、原点設定部70bが、当接検知部70aにおける検知結果に基づいて、上記往復運動の原点位置を設定する。 (もっと読む)


611 - 620 / 859