説明

株式会社イシダにより出願された特許

751 - 760 / 859


【課題】 供給される物品を簡素化された構成で精度よく検査することができ、しかも装置外部へのX線の漏洩を効果的に防止することができるX線検査装置を提供する。
【解決手段】 上下に対向配置されたX線源とX線検出器23とを収容するシールドボックス21の上流側縦壁21aの上流側に、X線の透過距離が短くなるように、物品搬送経路を横断する断面内で幅寸法より高さ寸法h0の方が大きい物品Mの姿勢を変更して、幅寸法より高さ寸法h1の方が小さい姿勢とする第1姿勢変更ユニット10を備える。そして、シールドボックス21の上下流縦壁21a,21bにそれぞれ形成した物品通過口21a′,21b′を、前記第1姿勢変更ユニット10による姿勢変更前の物品Mの高さ寸法h0より低い寸法に設定する。 (もっと読む)


【課題】包装装置において、フォーマローラの側方に支柱等の障害物がある場合であっても、フォーマローラの固定、解除、および移動の動作を容易に行うことができ、かつ、フォーマローラの位置決めを再現よく正確に行うことができる技術を提供する。
【解決手段】フォーマローラ81の一方の端部において、上段ラック82dと軸方向の位置を違えて下段ラック82cを設ける。このため、フォーマローラ81を軸方向に進退させることにより、フォーマローラ81の固定状態と可動状態とが容易に切り替わる。フォーマローラ81は、ラックと噛み合いつつ移動するため、再現よく正確に位置決めされる。また、フォーマローラ81の側部においてナットの締め付け作業等を行う必要がないため、フォーマローラ81の側部に支柱等がある場合であっても、当該支柱等がフォーマローラ81の固定、解除、および移動の作業の妨げとなることはない。 (もっと読む)


【課題】 生産形態の切り換えが最小限の投資で可能な物品の集積梱包システムを提供する。
【解決手段】 上流側のシールチェッカ100から受け取った袋詰物品X
を複数個集積して梱包する集積梱包システムにおいて、手動タイプの集積装置200と同じく手動タイプの梱包装置300とをそれぞれモジュール化して結合する。結合に際しては、少なくとも一方が交換可能となるように、結合部が相手方の交換時にも物品X及び電気信号の受け渡しができる構成とする。 (もっと読む)


【課題】
ピッキングした物品を計量して検品することが可能な仕分けシステムにおいて、検品精度の低下抑制、作業効率の向上及び信頼性の向上を図ることを課題とする。
【解決手段】
仕分け指示に従って物品を集品する際に該物品を計量し、その計量値と物品の単重及び指示個数とに基いて検品が可能に構成された仕分けシステム1において、仕分けサーバ2の記録装置2aは、物品の平均単重、単重の標準偏差及び指示個数を記録し、仕分けコントローラ3は、前記記録装置2aで記録されている物品の平均単重、単重の標準偏差及び指示個数に基き前記計量による検品が可能か否かを判定する。そして、表示器5及びディスプレイ8は、可能と判定したときは、前記計量による検品を行うよう指示し、可能と判定しなかったときには、物品を数えることによる検品を行うよう指示する。
(もっと読む)


【課題】QRコードを読取精度が高くなるように印刷できる印刷装置を提供する。
【解決手段】複数の発熱体を有すサーマルヘッドを利用したサーマルプリンタにおいて、複数の発熱体のピッチPと、1ドットに対応するラベルの搬送量Fと、各発熱体の副走査方向の長さRyとを一致させる。これにより副走査方向に隣接して形成されるドット同士は、重ならず、かつ、隙間なく配置される。このため、この発熱体による印刷内容の主走査方向の長さと副走査方向の長さとは双方共に、発熱体のピッチPとドット数とによって規定されることになる。したがって、QRコードの各セルを設計形状たる正方形状に印刷することができるため、QRコードの読取精度を向上できる。 (もっと読む)


【課題】 未検査品が正常ラインに搬送されるのを防止すると共に再検査の物品を不良品とは別に区分けできる品質検査システムを提供する。
【解決手段】 検査装置2からの不良信号を受けて、不良品を正常搬送ラインから排除する振分装置3を備える品質検査システムであって、不良品を正常搬送ラインから排出する第1排出手段31と、前記不良品とは別の方向に未検査品を正常搬送ラインから振り分ける第2排出手段とを備え、品質検査システムが停止して再起動した場合に、振分装置上に未検査品があるか否かにかかわらず、前記第2排出手段が所定の振り分け動作を行うことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】印刷用紙のカールの発生を効果的に防止できる印刷装置を提供する。
【解決手段】ラベルプリンタ1では、直近の印刷完了の時点から所定時間が経過すると、プラテンローラ33が駆動され、順搬送方向及び逆搬送方向の双方に同一の搬送距離だけラベル用紙LPが搬送される。これにより、ラベル保持軸31のラベルロールからラベル用紙LPがわずかに繰り出される。その結果、ガイドローラ32にかかるラベル用紙LPの張力が緩和されるため、ガイドローラ32との接触により生じるラベル用紙LPにおけるカールの発生を効果的に防止できる。 (もっと読む)


【課題】 搬送される物品が表面粘着性のある物品等であっても、スムーズに搬送することが可能な搬送装置およびこれを備えた組合せ計量装置を提供する。
【解決手段】 搬送装置10はトラフ11を平行リンク機構20によって往復移動させてトラフ11上に載置された物品を所定の方向へ搬送する搬送装置であって、制御部30は、トラフ11が搬送方向における前方への移動を後方への移動よりも高速で移動するように回転モータ14の回転駆動を制御する。 (もっと読む)


【課題】使用中にX線ラインセンサが使用に耐えない状態になることが抑えられるX線検査装置を提供する。
【解決手段】X線検査装置10は、X線を使用して物品の検査を行うX線検査装置10であって、X線照射器13と、X線ラインセンサ14と、制御コンピュータ20とを備える。X線照射器13は、X線を照射する。X線ラインセンサ14は、X線照射器13からのX線を検知する。制御コンピュータ20は、X線ラインセンサ14の検出レベルに基づきX線ラインセンサ14の使用が不可であると判断した場合に、X線ラインセンサ14の使用が不可である旨を報知する。 (もっと読む)


【課題】 各検査機器及びシステム全体が正しく機能しているか(故障していないか、予約の間違いがないか、設定の間違いがないか等)を自動でチェックし得る計量包装検査システムを提供する。
【解決手段】 品物を計量して所定重量の品物を排出する計量装置1と、該計量装置1から排出された品物を受け取って包装する包装装置200と、前記計量および包装されて生成された商品の検査を行う1以上の検査装置300,400,500とを備えた計量包装検査システムにおいて、前記計量装置1および包装装置200により意図的に不良品を生成する不良生成モードを設けたことを特徴とする。 (もっと読む)


751 - 760 / 859