説明

株式会社イシダにより出願された特許

811 - 820 / 859


【課題】 可動ローラーへのフィルム通しを行い易い包装装置を提供する。
【解決手段】 製袋包装装置は、フィルムを用いて物品の包装を行う包装装置であって、固定ローラー部21−24と、可動ローラー部と、第1外カバー部材37と、レバー部材40とを備える。固定ローラー部21−24は、フィルムを案内する。可動ローラー部は、固定ローラー21−24に対して近接および離反するように可動的に設けられ、フィルムを案内する。第1外カバー部材37は、外部からの可動ローラー部への接触を防ぐ部材である。そして、レバー部材40は、第1外カバー部材37の外側に設けられ、可動ローラー部を持ち上げるための部材である。 (もっと読む)


【課題】 商品が封入された袋を取り付ける工程の自動化が容易であり、一旦取り外した商品が封入された袋を容易に再度取り付けることができるディスプレイストリップを提供する。
【解決手段】 商品が封入された袋を複数並べて取り付けて展示するためのディスプレイストリップであって、少なくとも、基材層とシーラント層とからなるものであり、前記シーラント層は、最表層が常温で粘着性を示さず、かつ、ヒートシール性を与える熱溶融性樹脂を含有するヒートシール層、前記ヒートシール層の内側の層が常温で粘着性を示す粘着剤を含有する粘着剤層の2層以上からなる層構造を有するものであり、更に、前記ヒートシール層には、ヒートシールにより結合された前記商品が封入された袋を取り外すときに、前記ヒートシール層が確実に破壊して前記粘着剤層が露出するように、前記商品が封入された袋が結合される部位の近傍に切れ目を有するディスプレイストリップ。 (もっと読む)


【課題】 複数の商品についてポップ広告を作成することができる出力内容編集システム、出力内容編集プログラム及び出力内容編集方法を提供する。
【解決手段】 出力内容編集システム1は、ポップ広告用紙に出力する内容を編集するための出力内容編集システムであって、商品情報群記憶部19と第1入力部11とを備える。商品情報群記憶部19は、候補商品情報群を記憶している。候補商品情報群は、ポップ広告用紙に出力される候補となる複数の商品の情報である。第1入力部11には、第1対応付け情報が入力される。第1対応付け情報は、出力商品情報群と用紙識別情報とが対応付けられた情報である。出力商品情報群は、候補商品情報群における2以上の商品の情報である。用紙識別情報は、ポップ広告用紙を識別するための情報である。 (もっと読む)


【課題】 製袋包装機から異常に長い袋や異常に軽い袋が排出された場合でも、これらの不良の袋をスムーズに下流側へ搬送することが可能な製袋包装システムを提供する。
【解決手段】 製袋包装システム1は、製袋包装部5における袋Bの排出位置の直下にシュートコンベア21を設けており、シュートコンベア21の下流側には、2つの搬送ライン(正常品搬送コンベア23a,非正常品搬送コンベア23b)が形成されている。2つの搬送ラインは、製袋包装部5からの袋の排出方向からみて、正常品搬送コンベア23aの方が非正常品搬送コンベア23bよりも搬送方向の角度変化が大きい。シュートコンベア21には、正常品搬送コンベア23aと非正常品搬送コンベア23bとに袋Bを振り分ける振分機構(コンベア21a)が設けられている。 (もっと読む)


【課題】 複数の商品についてポップ広告を作成することができる出力内容編集システム、出力内容編集プログラム及び出力内容編集方法を提供する。
【解決手段】 出力内容編集システムは、ポップ広告用紙に出力する内容を編集するための出力内容編集システムであって、商品情報群記憶部と第1入力部と第4入力部とを備える。商品情報群記憶部は、候補商品情報群を記憶している。候補商品情報群は、ポップ広告用紙に出力される候補となる複数の商品の情報である。第1入力部には、第1対応付け情報が入力される。第1対応付け情報は、グループ識別情報と、候補商品情報群におけるいずれか2以上の商品の情報とが対応づけられた情報である。第4入力部には、第4対応付け情報が入力される。第4対応付け情報は、グループ識別情報と用紙識別情報とが対応付けられた情報である。用紙識別情報は、ポップ広告用紙を識別するための情報である。 (もっと読む)


【課題】 作業効率を向上したピッキングシステムを提供する。
【解決手段】 商品棚12に沿って設けられた仕分け位置SにコンテナCを搬入し、受注データに基いて受注商品をコンテナCに受注個数ずつ投入して集品するピッキングシステム1であって、コンテナCを仕分け位置Sに複数個ずつ搬入し、商品棚12側に備えて複数個のコンテナCに対する受注個数の合計個数を品目毎に表示する取出個数表示器12bと、商品を仮置きすると共に重量を測定する重量測定器11bを有する仮置き台11と、コンテナC側に備えてコンテナC毎の受注個数を表示する投入個数表示器11eと、商品の単位重量を記憶するメモリ20aと、商品の品目を識別する品目識別手段10aとを有し、仮置きした商品の重量と、仮置き台11からコンテナCに商品を投入したときの仮置きした商品の重量と、当該商品の単位重量とに基いて、各コンテナCへの投入個数を算出し、投入個数を検品する。 (もっと読む)


【課題】 充分なホールパンチ強度を有する、商品を封入した袋を複数並べて取り付けて展示するためのディスプレイストリップ、該ディスプレイストリップを製造するディスプレイストリップ製造装置、及び、商品展示体、該商品展示体を製造する商品展示体製造装置を提供する。
【解決手段】 商品が封入された袋をヒートシールにより複数並べて取り付けて展示するためのディスプレイストリップであって、少なくとも、基材層と、ヒートシール性を有するシーラント層とを有し、少なくとも一方の端部付近に吊り下げ用のホールパンチが設けられており、前記ホールパンチの周辺の少なくとも一部が補強層により補強されているディスプレイストリップ。 (もっと読む)


【課題】
作業者の作業負担を軽減し、ミスのない履歴情報の管理、良好なトレーサビリティシステムの実現を課題とする。
【解決手段】
ピッキングシステムにおいて、商品の履歴情報を記録しておく記録手段11、商品を仕分コンテナに収納する際の商品の履歴情報を記録手段11に記録させる入力手段20、仕分コンテナの設置位置とその仕分コンテナに収納されている商品とを関連付けて記録手段11に記録させる商品位置入力手段10、仕分コンテナの設置位置毎に設けられてピッキング作業中に仕分コンテナから商品が取り出されたことを通知する通知手段60、通知手段60による通知があったとき該通知手段60が設けられている仕分コンテナの設置位置と関連付けられている商品の履歴情報を記録手段11から読み出す出力手段10、及び出力手段10で読み出された履歴情報を履歴情報ラベルに印字して該ラベルを発行するラベル発行手段70を備える。
(もっと読む)


【課題】
過熱蒸気の熱量損失を低減し、処理効率の向上を図るとともに、過熱蒸気の高温状態を維持する。
【解決手段】
過熱蒸気処理装置は、処理炉10と冷却装置兼ボイラー70により構成される。処理炉10は、スチーム発生部20,過熱蒸気発生部28,処理室50が一体に構成されており、前記処理室50の外側は、過熱蒸気を供給する過熱蒸気供給室52により覆われている。更に、処理炉10全体が、断熱室64により覆われている。過熱蒸気発生部28から過熱蒸気供給室52へ送られた過熱蒸気は、処理室50の壁面ほぼ全体に設けられた射出口を介して処理室50へ噴出される。処理対象56の処理に利用された後の高温の過熱蒸気は、断熱室64へ送られ、前記処理室50及び過熱蒸気供給室52中の過熱蒸気の温度低下の抑制と、スチーム発生部20及び過熱蒸気発生部28の加熱に利用される。 (もっと読む)


本発明の目的は、商品を封入した袋を取り付ける工程の自動化が容易であり、いったん取り外した商品を封入した袋を容易に再接着することができるディスプレイストリップを提供することである。 本発明は、商品が封入された袋を複数並べて取り付けて展示するためのディスプレイストリップであって、前記ディスプレイストリップは、少なくとも、基材層とシーラント層とからなるものであり、前記シーラント層は、前記袋の表面層と熱圧着することにより結合することができるものであり、かつ、熱圧着する前には粘着性を示さないが、熱圧着により結合した前記袋を剥離すると粘着面が露出して前記袋を再結合することができるディスプレイストリップである。
(もっと読む)


811 - 820 / 859