説明

株式会社イシダにより出願された特許

851 - 859 / 859



【課題】 支持部材が倒れる際の抵抗が大きくなることなく、支持部材を密に配置して商品の転倒や破損を防止することができる包装装置を提供する。
【解決手段】 本発明の包装装置のリフタは、商品を支持する複数の支持部材85を有し、支持部材85のうち少なくとも1つが、該支持部材85に接触した折込部材の進行方向に沿って倒れ始めた後、前記進行方向および該進行方向に直交する方向の成分を含む斜め方向に倒れるようにしたことを特徴とする。 (もっと読む)





【課題】 リアルタイム性と顧客選別性のある広告を実施できる商品情報処理システムを提供する。
【解決手段】 商品データの設定登録が可能な商品情報処理システムに、商品および顧客のデータベースと電子メール作成・送信機能を持たせる。広告対象商品のデータをデータベースから抽出し、電子メール広告を作成・送信する。設定登録後ただちに広告が作成・実施できるうえ、送信先携帯電話とすることで、リアルタイム性のある広告が可能となる。また、顧客ごとの送信希望条件をデータベースに取り込むことで、送信先を絞り込んだ効果的な広告が可能である。 (もっと読む)



【目的】 計量台を複数の計量セルにより支持する多点セル型計量装置において、高精度かつ高速な計量を実現する。
【構成】 被計量物20を計量台10に載置させたとき、複数の計量セル1,2と同一の床Fに床振動検出セル161 ,162 を設置しておき、床振動に起因する誤差を補償するとともに、計量セル1,2間の出力感度比に基づいて補正を行ったうえで各計量信号を加算するようにしている。従って、床振動が低減され、計量セル1,2間の出力感度比に応じて補正された加算計量信号AWを出力するので、例えば移動平均法のような安定化演算によって、高精度かつ高速な計量を行なうことができる。 (もっと読む)


【目的】 人手によって集品作業を行わせるようにした集品システムにおいて、作業の性質に応じて適切に集品指示を行えるようにすることを目的とする。
【構成】 コンベア1に沿って設けた作業エリア2に多数のポケット8…8を有する商品棚3を配設する。そして、各ポケット8ごとに備えられた個数表示器9に、ピッキング個数を一斉に表示させる第1モードと、ピッキング個数を少なくとも1品目ずつ、場合によっては2〜3品目ずつに順次表示させる第2モードとが選択できるようにする。 (もっと読む)


851 - 859 / 859