説明

株式会社平和により出願された特許

1 - 10 / 1,976



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】同時回し制御を行うパチンコ機において、一方の遊技の結果を、他方の遊技の結果を用いて報知する。
【解決手段】本発明に係るパチンコ機は、第1始動口と第2始動口とが互いに離れた位置に設けられている。第1始動口に遊技球が入賞すると第1特別図柄抽選手段による抽選が行われ、第2始動口に遊技球が入賞すると第2特別図柄抽選手段による抽選が行われる。そして、第1特別図柄抽選手段による抽選で大当たりに当選し、その当選に係る第1遊技の進行中に、第2特別図柄抽選手段による抽選で小当たりに当選した場合には小当たり遊技が提供される。第1特別図柄表示制御手段は、小当たり遊技が提供されている間、第1特別図柄の変動表示を一時停止させ、演出表示制御手段は、小当たり遊技中に、第1遊技が大当たりである旨または大当たりの可能性が高い旨を示唆する特別演出を演出表示装置に表示する。 (もっと読む)


【課題】可動体を不要に移動又は回転させようとすることを防止する。
【解決手段】演出制御CPU92は、シャッター部120を遮蔽位置から開放位置に復帰させる開放側インデックス検知処理において、インデックスエラーフラグがオンの場合は、マージンなしインデックス検知処理を実行し、オフの場合は、マージンありインデックス検知処理を実行する。マージンありインデックス検知処理において、演出制御CPU92は、ステッピングモータの累積ステップ数が、基本ステップ数に付加ステップ数を加算した通常駆動ステップ数に達するまでの間に開放側インデックス検知センサ112が開放側インデックス128を検知したとき、又は通常駆動ステップ数に達したときに、停止処理(押し込み処理)を実行する。マージンなしインデックス検知処理において、演出制御CPU92は、累積ステップ数が基本ステップ数に達したときに、停止処理を実行する。 (もっと読む)


【課題】結果表示演出時の演出図柄の組み合わせ態様に依存することなく、煽り演出を選択することができる技術を提供する。
【解決手段】図柄の変動表示に対応させて、互いに組み合わせをなす複数の演出図柄を変動表示させる変動表示演出を実行した後、図柄の停止表示態様に対応させた全体の組み合わせ態様で複数の演出図柄の全てを停止表示させる結果表示演出を実行する。さらに、実行される変動表示演出の開始に際して、変動表示演出パターンの選択後、結果表示演出における全体の組み合わせ態様を構成する演出図柄の組み合わせのパターンを選択し、変動表示演出パターンの選択において特別な変動表示演出パターンが選択された場合、実行される変動表示演出中に、複数の演出図柄の少なくとも一部を用いた中間的な組み合わせ態様で演出上の停止表示状態とする変動中特定停止表示演出を実行した後、再度複数の演出図柄の変動表示演出を開始する。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,976