説明

株式会社野村総合研究所により出願された特許

31 - 40 / 1,067


【課題】Webサイトのセキュリティ上の状態を容易に取得し、セキュリティ評価を支援する。
【解決手段】セキュリティ評価支援装置1であって、Webサイト21にアクセスし、直接情報を収集する直接情報収集手段11と、情報提供サイト3にアクセスし、Webサイト21が問題のあるサイトとして登録されているか否かの外部情報を収集する外部情報収集手段12と、直接情報に基づいてWebサイト21の第1の評価支援情報を生成するとともに、外部情報に基づいて第2の評価支援情報を生成する評価支援手段13と、第1の評価支援情報および前記第2の評価支援情報を出力する出力手段14とを有する。 (もっと読む)


【課題】ユーザ間での電子ファイルの交換において、ユーザの利便性とセキュリティを両立させる。
【解決手段】ファイル配信装置32は、送信者PC12から電子ファイルを受け付け、その電子ファイルに関する情報を受信者PC20と承認者PC14の両方へ通知する。ファイル配信装置32は、受信者PC20から電子ファイルの取得要求を受け付け、電子ファイルを受信者PC20へ提供する。ファイル配信装置32は、電子ファイルの提供を禁止する旨の情報が承認者PC14から受け付けられるまでは電子ファイルを受信者PC20へ提供し、電子ファイルの提供を禁止する旨の情報が受け付けられた以降は電子ファイルの提供を拒否する。 (もっと読む)


【課題】構造化文書の自動テストの効率化を支援する。
【解決手段】動作検証装置100は、画面の表示内容を定めた構造化文書を取得し(S302)、その構造化文書に記述された要素のうち、画面の表示内容を変化させる処理の契機となる要素を抽出し(S304)、抽出した要素への操作をユーザに記述させるための操作記述文書を出力する(S306)。画面の表示内容を確認するためのテスト・プログラムを実行させる検証装置において定められた関数と、操作記述文書に記述される要素への操作との対応関係にしたがって、操作記述文書に記述された要素への操作に対応した関数を呼び出すプログラムコードを設定したテスト・プログラムを生成する(S312)。 (もっと読む)


【課題】情報の募集を効率的に行い、かつ採用者の構成をある属性についての所定の比率もしくは所定の数で構成することを可能とする募集システムを提供する。
【解決手段】募集者から募集依頼を受信して、募集依頼に基づく募集案内を1人以上の対象者からなるグループ毎に時間差を設けて順次同報送信し、返信した応募者から所定の条件により採用者を決定する募集システム1であって、募集依頼を受け付けて募集内容を記録する募集受付部10と、候補者の中から現時点での採用者の構成状況に応じて対象者を抽出して対象者リストを作成する対象者抽出部20と、対象者リストに含まれる各対象者に対して募集案内を同報送信し、募集状況として記録する募集実施部30と、募集案内を同報送信してから所定の期間、応募者からの応募を受け付けて応募内容を記録する応募受付部40と、応募者の中から採用者を決定して採用結果として記録する採用判定部50とを有する。 (もっと読む)


【課題】複数の情報処理システムにおけるイベント発生状況の管理を支援する。
【解決手段】運用管理支援装置16は、複数の情報処理システムにおいて発生した複数のインシデントに関する属性情報を保持するインシデント属性保持部22と、所定の検索条件にもとづいて複数のインシデントを検索し、複数の情報処理システムをグループ化した複数の管理グループのそれぞれにおける検索条件に整合するインシデント数を集計する検索部36と、複数の管理グループのそれぞれにおける検索条件に整合するインシデント数を一覧表示させるサマリ画面表示部38とを備える。 (もっと読む)


【課題】電子メールの記述内容の標準化を支援する。
【解決手段】運用管理支援装置16は、複数のインシデントのそれぞれに関する属性の値を保持するインシデント属性保持部20と、電子メールのテンプレートを作成するための画面であって、インシデントの属性と予め対応づけられたシンボルをユーザがテンプレート内に設定可能な画面を提供するテンプレート設定部30と、1つのインシデントについての電子メールを作成するための画面を表示させ、当該電子メールに適用すべきテンプレートがユーザにより選択された場合、選択されたテンプレートにしたがって当該電子メールの少なくとも一部を自動で設定し、選択されたテンプレートにシンボルが設定されていた場合、そのシンボルに対応する属性の値を自動で設定するメール作成支援部32と備える。 (もっと読む)


【課題】情報処理システムの運用管理において議事録の有効活用を支援する。
【解決手段】運用管理支援装置16は、情報処理システムにおいて発生したインシデントに関する属性情報を保持するインシデント属性保持部22と、インシデントの属性情報を表示する画面であり、そのインシデントを議題とした会議の識別情報と議事内容とが入力される画面を表示させるインシデント情報表示部24と、同一の会議の識別情報が入力された複数のインシデントについて、それらのインシデントのそれぞれに入力された議事内容を1つの議事録データへ転記する議事録設定部26を備える。インシデント情報表示部24は、上記複数のインシデントそれぞれの画面で、各インシデントに対する議事内容とともに議事録データへのリンクを表示させる。 (もっと読む)


【課題】重要データから秘密分散技術により生成された複数の部分データを複数のデータセンターに分散保管するにあたり、秘密分散を実装するライブラリ等に依存せずにデータの可用性を向上させるデータ分散保管システムを提供する。
【解決手段】各サーバ100はクライアント端末300から受信した部分データを保管するデータ保管部110を有し、クライアント端末300は、重要データから秘密分散技術によりk個以上集めなければ重要データを復元できないn個(k≦n)の部分データを生成する分割処理部310と、n個の部分データおよびn個のコピーを2n個のサーバ100に保管し、重要データを復元するためのm個(k≦m≦n)の異なる部分データもしくはコピーをm個のサーバ100から収集する分散管理部320と、m個の部分データもしくはコピーから秘密分散技術により重要データを復元する復元処理部330とを有する。 (もっと読む)


【課題】複数のサーバに対するシングルサインオンを可能とし、各サーバやシステム間でのセキュリティを確保しつつ、同時並行的に認証を行うことを可能とする認証システムを提供する。
【解決手段】各サーバ100は認証処理を行う認証処理部120を有し、クライアント端末300は各サーバ100に対して認証の要求を送信する認証要求部311を有し、認証処理部120はサーバシーズとユーザID毎にパスワードをサーバシーズを用いてハッシュ化したハッシュ化パスワード132を含むユーザ情報130とを有し、認証の要求に対してシーズとしてサーバシーズをクライアント端末300に送信し、認証要求部311はパスワードをサーバ100から受信したシーズを用いてハッシュ化したハッシュ値をサーバ100に送信し、認証処理部120はクライアント端末300から受信したハッシュ値と対象のユーザに係るハッシュ化パスワード132とを比較して認証を行う。 (もっと読む)


【課題】画面の設計を行う際に、設計済の画面との間でGUIの統一性をもたせる。
【解決手段】設計済の画面を識別するための画面識別子と、該画面に含まれるデータ項目と、該データ項目に対して選択された部品を識別するための部品識別子とを含む設計情報を設計情報記憶部に記憶し、設計対象の画面に含まれるデータ項目を、該設計対象の画面を設計する設計者端末から受け付け、受け付けられたデータ項目に対応する部品の部品識別子を設計情報記憶部から選択し、該選択された部品を示す部品候補情報を設計者端末に出力する。 (もっと読む)


31 - 40 / 1,067