説明

株式会社野村総合研究所により出願された特許

61 - 70 / 1,067


【課題】データ項目の設定を柔軟に変更可能にすると共に、この変更に応じて各種画面のレイアウトおよびデータベースの構成を自動的に変更できるデータ統合管理システム及びクライアント端末を提供する。
【解決手段】クライアント端末30,31から送信された認証情報をユーザ認証部13で確認し、分類定義データベース24(分類定義記憶部)を参照してユーザ権限に対応したカテゴリを特定し、カテゴリ選択画面を生成して表示させ、選択されたカテゴリに関連付けられている分類定義に基づくメニュー画面を生成して表示させ、メニュー画面に関するスキーマ定義を変更、追加、または削除要求がある場合、スキーマ定義データベース26(スキーマ定義記憶部)を参照してスキーマ定義に含まれる属性項目の編集画面を生成して表示させる制御部12(第1、第2、第3の画面生成部)を有するデータ統合管理システム1とする。 (もっと読む)


【課題】端末が論理的に直接外部サーバ等に接続することを防止する。
【解決手段】通信管理サーバ11は、キーパケット送信AP21を実行することによって、内部ネットワーク4に対して、キーパケットを間欠的に同報送信する。ローカル端末15(リモート端末16)は、キーパケット受信AP23を実行することによって、内部ネットワーク4に同報送信される情報を受信し、通信管理サーバ11からのキーパケットの受信有無に基づいて、受信フラグを設定する。また、ローカル端末15(リモート端末16)は、接続先制限AP25を実行することによって、受信フラグに基づいて、自らが内部ネットワーク4に物理的に接続されているか否かを判定し、自らが内部ネットワーク4に物理的に接続されていると判定した場合には、論理的な接続要求に対して、接続処理を実行する。 (もっと読む)


【課題】コストをかけず、確実に使用を管理することが可能な使用管理システム等を提供する。
【解決手段】管理対象ネットワーク2は、企業等の単一の管理主体によって管理され、インターネット等の外部ネットワークに対して閉じているネットワークである。サーバ3は、管理対象ネットワーク2に対して、端末5の使用を許可することを示す端末使用許可情報を所定の送信間隔時間ごとに同報送信する。端末5は、サーバ3から同報送信される情報を受信し、端末使用許可情報を受信した場合にはパケット認証成功とする。更に他の種類の認証処理を実行し、それらの認証結果と予め設定された安全指数に応じてセキュリティレベルを判定し、セキュリティレベルに応じて使用可、機能制限付き使用可、或いは使用不可のいずれかの状態に遷移する。 (もっと読む)


【課題】業務情報システムの情報セキュリティを高め、かつ、そのアクセスルールを管理しやすくできるようにした業務情報防護装置を提供する。
【解決手段】登録判定部131Bは、有効な作業申請がなされると、作業を一意に識別するための申請ナンバーを付与する。作業予定情報保持部136は、登録判定部131Bにより正式登録された作業予定情報を保持する。ログ保持部152は、登録判定部131Bで付与された申請ナンバーと、その申請ナンバーに対応する作業申請内容のアクセスログを紐付けて保持する。作業検証部151Bは、ログ保持部152のアクセスログの内容と、そのアクセスログに紐付けられた申請ナンバーに対応する作業予定保持部136の作業予定情報とを比較して、不正アクセスがなされていないかをチェックする。 (もっと読む)


【課題】 Webサービスを継続して提供する際にユーザの利便性を向上させるセッション管理システムを提供する。
【解決手段】Webサーバ112は、クライアント端末118からの接続要求時に、セッション識別コードを含むセッション管理レコードを生成して、セッション識別コードをクライアント端末118に送信し、所定時間通信が発生しない場合、そのセッションの再開に必要なデータをメモリから抽出し、セッション管理レコードに退避先情報を追加して記憶させ、退避させたセッションに関するデータをメモリから消去し、クライアント端末118からセッション識別コードを有する接続要求が送信された場合に、そのセッション識別コードに関連付けられた、セッションの再開に必要なデータを特定し、特定されたセッション情報をメモリに復元するセッション管理システム100とする。 (もっと読む)


【課題】外部の認証サイトにおけるユーザ認証の結果にもとづいてユーザ情報を特定する処理における効率性と正確性を両立させる。
【解決手段】ユーザ情報管理装置22は、複数のユーザのそれぞれに関する属性情報を、本装置における各ユーザのIDを示す内部IDと対応づけて保持し、また内部IDと、外部の認証サイト20におけるユーザ認証の結果を示す外部認証情報と、外部認証情報のダイジェスト値とを対応付けて保持する。ユーザ情報管理装置22は、ウェブサーバ10から特定ユーザの属性情報の提供要求を受け付けると、認証サイト20から取得された外部認証情報のダイジェスト値が設定されたレコードを特定し、特定したレコードの中から外部認証情報のオリジナル値が設定されたレコードをさらに特定することにより上記特定ユーザの内部IDを確定する。そして、その内部IDと対応づけられた属性情報をウェブサーバ10へ提供する。 (もっと読む)


【課題】正確であるとの信頼性の高い時刻情報に基づき時刻同期を行うことが可能なクライアント端末やサーバ端末等を提供する。
【解決手段】時刻同期システム1において、NTPサーバ10とNTPクライアント20がネットワーク30を介して接続され、NTPクライアント20は同期要求をNTPサーバ10に送り、同期要求を受信したNTPサーバ10は前回の同期時刻161、同期時のずれ162、同期状況163などを含む同期判定情報106と時刻情報105をNTPクライアント20に送信する。NTPクライアント20は、時刻情報105と同期判定情報106を受信し、同期判定情報106等に基づき、時刻情報105について、時刻同期を実施するか否かを判定する。 (もっと読む)


【課題】自分以外のユーザが周辺にいる環境においてのみ端末を利用可能にする認証システム等を提供する。
【解決手段】被認証端末は、近距離通信によって、認証端末が周辺に存在するか否か、又は、認証ユーザが周辺にいるか否かを示す周辺情報を取得する。そして、被認証端末は、ユーザなどの指示に応じて、所定の情報処理の要求を受け付けると(S301)、認証条件マスタ情報などを参照し、認証条件を満たすか否か判定する(S302)。被認証端末は、認証条件を満たす場合(S302のYes)、所定の情報処理の要求に対する応答処理を実行し(S303)、認証条件を満たさない場合には(S302のNo)、エラー処理を実行する(S304)。エラー処理では、被認証端末は、所定の情報処理の要求に対する応答処理を実行しない。 (もっと読む)


【課題】種々の文字を含むパスワードの盗用を困難なものにする。
【解決手段】認証装置14は、ユーザにより予め登録されたパスワードを登録パスワードとして保持する登録パスワード保持部20と、登録パスワードの少なくとも一部の文字とランダムな文字を組み合わせた文字列を認証パスワードとして設定する認証パスワード設定部26と、ユーザを認証すべき際、認証パスワードの入力画面をユーザへ提供し、その入力画面において、認証パスワードのうち登録パスワードに含まれる文字については登録パスワードにおける当該文字の位置を提示し、認証パスワードのうち登録パスワードに含まれない文字については当該文字を提示する入力画面提供部28と、入力画面へ入力された文字列が認証パスワードと一致する場合、ユーザの認証に成功したと判定する認証処理部32を備える。 (もっと読む)


【課題】 Webページの作成、または編集を容易に行うことができると共に、作成したWebページを所望の相手に公開可能なデータ作成支援システムを提供する。
【解決手段】Webページ作成プログラム46A(第1のプログラム)、一時記憶領域であるメモリに記憶されている画像データおよび文字データ、または文字データを抽出するメモリ共有プログラム46B(第2のプログラム)、これらのプログラムとWebページを作成するための情報をクライアント端末へ送信する送信制御部44A(第1の送信制御部)、公開対象ユーザ、公開期間、および重要度のいずれか1つ、または複数がクライアント端末から送信されてきた場合、その情報からWebページの公開対象とするユーザ、公開期間、および重要度のいずれか1つ、または複数を設定するデータベース制御部44Cを有するホームページ作成支援システム10とする。 (もっと読む)


61 - 70 / 1,067