説明

株式会社野村総合研究所により出願された特許

71 - 80 / 1,067


【課題】車両側に特別な操作や設備を要求することなく、目的地に接近中の車両に対して最適の案内情報を提示する。
【解決手段】複数の車番読取装置14と、複数の電子看板装置16と、案内サーバ12とからなる車両案内システム10。案内サーバ12は、車番及び予約者表示等を含む予約情報を格納しておく予約情報DB34と、各電子看板装置16に表示すべき案内文を格納しておく指定看板DB39と、予約者表示充填欄及び案内文充填欄を備えたテンプレートを格納しておくテンプレート格納部42を備え、車番読取装置14から車番情報が送信された際に、当該車番を含む予約情報を抽出し、当該予約情報に係る加盟店のテンプレートを取り出し、予約者表示充填欄に対応の予約者表示を充填すると共に、案内文充填欄に対応の案内文を充填することにより、案内広告情報を生成し、これを対応の電子看板装置16に送信する。 (もっと読む)


【課題】デジタルフォトフレームに広告画像を表示させる技術を提供する。
【解決手段】広告配信サーバ19は、広告画像格納部13と、デジタルフォトフレーム46に割り当てられた端末メールアドレスを格納しておくユーザ管理DB15と、広告画像格納部13から広告画像を抽出し、この広告画像が添付された広告メールを生成する広告配信部16と、この広告メールをデジタルフォトフレーム46の端末メールアドレス宛てに送信する広告メール送信部17を備える。デジタルフォトフレーム46は、SDカード内に格納されたユーザ画像を順次ディスプレイに表示させる画像再生部と、定期的に通信キャリアの受信メールサーバにアクセスして、自己の端末メールアドレス宛の広告メールを受信するメール受信部を備える。画像再生部は、所定のタイミングで広告メールに添付された広告画像をディスプレイに表示させる。 (もっと読む)


【課題】車両が走行しているときに、その車両に対して影響するオービス装置に関する情報を提供する。
【解決手段】複数のオービス装置の設置されている設置位置と、それぞれが取り締まり対象とする道路の進行方向を示す設置方向とを記憶するオービスデータ記憶部31と、出発地から目的地までのルートを設定するルート検索エンジン11と、設定されたルートの周辺のエリアを含む検索エリアを設定する検索エリア設定部35と、設定された検索エリア内に設置されている一以上のオービス装置を抽出するオービス抽出部37と、抽出された一以上のオービス装置のうち、その設置方向と、その設置位置に対応するルート区間の道路の進行方向とが適合するオービス装置を選択するオービス選択部13と、選択されたオービス装置の設置位置に基づく情報を出力する出力手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】店舗内に設置されたメニュー情報に変更がなされた際に、当該店舗のホームページに掲載されたメニュー情報を自動的に更新する。
【解決手段】メニュー編集端末18は、タッチパネル34と、タッチパネル34等から入力されたメニュー情報をディスプレイ36に表示させるメニュー情報編集部38と、メニュー情報を同期サーバ12に送信するメニュー情報送信部42を備える。同期サーバ12は、メニュー編集端末18から送信されたメニュー情報を含む店舗のホームページ用Webファイルを生成し、Webサーバ14に送信するホームページ更新部48を備える。Webサーバ14は、同期サーバ12から送信されたメニュー情報を含むホームページ用Webファイルを一般ユーザの携帯電話26等に配信する。 (もっと読む)


【課題】オフィスに勤務するユーザに対して、勤務時間中でも効果的に広告情報を閲覧させることを可能とする技術の提供。
【解決手段】サーバ19と、無線通信網を含む通信ネットワーク45を介してサーバ19と接続される卓上端末46を備えた広告表示システム10。サーバ19は、複数の広告画像を格納しておく広告画像格納部13と、広告画像を卓上端末46に順次配信する広告配信部16を備え、卓上端末46は、タッチパネル付のディスプレイ47と、3G回線モジュールと、ディスプレイ47の一部に画面生成部48を介してカレンダー情報を表示させるカレンダー処理部50と、5分間隔でサーバ19に対して広告画像の配信をリクエストし、サーバ19の広告配信部16から配信された広告画像を、画面生成部48を介してディスプレイ47の一部に順次表示させる広告処理部49を備える。 (もっと読む)


【課題】小売店と金融機関との新たな協業の仕組みを実現する。
【解決手段】預金サービスシステム200は、銀行の口座管理装置14および担当者端末22と、複数の小売店と銀行とを仲介する預金サービス装置16とを備える。担当者端末22は、提携対象とする小売店の属性条件を預金サービス装置16へ通知する。預金サービス装置16は、複数の小売店それぞれに関する属性情報を保持し、担当者端末22から通知された小売店の属性条件に整合する小売店を、銀行と提携すべき小売店として特定する。預金サービス装置16は、銀行と提携すべき小売店において消費者に対して割引販売が実施された事実を検出して、その事実を口座管理装置14へ通知する。口座管理装置14は、その通知に応じて、銀行において消費者が保持する流動性が高い金融商品における割引価格に応じた金額を原資として、流動性が低い金融商品を購入する。 (もっと読む)


【課題】小売店と金融機関との新たな協業の仕組みを実現する。
【解決手段】銀行に設けられた預金サービス装置16は、銀行と提携した小売店において消費者に対して商品が割引価格で販売されたことを示すデータを小売店装置18から受け付ける。そして、銀行において消費者が保持する相対的に流動性が高い金融商品における上記の割引価格に応じた金額を原資として、銀行において消費者が保持する相対的に流動性が低い金融商品を購入する処理を実行する。 (もっと読む)


【課題】ウェブコンテンツに対するユーザのコメントを閲覧サイトへ投稿した場合に、そのコメントが他のユーザへ与える影響を把握可能にする。
【解決手段】実施の1形態の情報配信装置16は、ウェブコンテンツに対するユーザのコメントを受け付けるコメント受付部32と、ユーザとウェブコンテンツの組み合わせを特定可能な短縮URLを決定する短縮URL決定部34と、その短縮URLを含む本装置宛のリンクを付加したユーザのコメントを投稿サイトへ投稿して他のユーザに閲覧可能にするコメント投稿部38と、他のユーザから上記リンクを介したアクセスを受け付けた場合、当該リンクの短縮URLで特定されるウェブコンテンツへリダイレクト接続させる転送処理部44と、当該他のユーザがウェブコンテンツを閲覧したことを示す履歴を更新する履歴更新部46とを備える。 (もっと読む)


【課題】鉄道などの予め定められた路線を利用した経路において、現在位置を容易に把握する。
【解決手段】 経路案内を行う可搬型の経路案内装置1は、複数のアクセスポイントのいずれかである、乗車駅、停車駅及び下車駅の緯度経度1015と、経路で利用する路線の路線ID1051と、経路案内装置1の現在位置を検出するGPS処理部111と、乗車駅、停車駅及び下車駅の緯度経度1015と、GPS処理部111が検出した経路案内装置1の現在位置の位置情報とに基づいて、乗車駅、停車駅及び下車駅のうち現在位置から最も近い2駅を抽出する車両位置判定部121と、車両位置判定部121により抽出された2駅に対応する表示と、その2駅に対応する表示の間に経路案内装置1の現在位置を示す現在位置表示とを含む、現在位置表示画面を表示する手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】組織内で通常使用するアカウント情報をそのまま使用して外部のサービスに対してユーザ認証を行った上で利用することができるアカウント情報連携システムを提供する。
【解決手段】社内Webサーバ14と、ディレクトリサーバ17と、Webブラウザ13、および外部アプリケーションサーバ30とからなり、社内Webサーバ14は、外部サービスを利用する際のユーザ認証のためのインタフェースを提供し、ディレクトリサーバ17によってユーザ認証を行う認証部15と、ユーザ12のアカウント情報に基づいて認証チケットを発行し、Webブラウザ13に応答する認証チケット発行部16とを有し、Webブラウザ13は認証チケットを外部アプリケーションサーバ30に転送し、外部アプリケーションサーバ30は、認証チケットからユーザ12のアカウント情報を取得して認証部32を介してユーザ認証を行う連携認証部31を有する。 (もっと読む)


71 - 80 / 1,067