説明

京楽産業.株式会社により出願された特許

101 - 110 / 4,820


【課題】演出の停止を遊技者に容易に認識させながら、演出の停止によって遊技者を驚かせて尚かつ高揚させること。
【解決手段】(1)は、リーチ演出発展後のボタン演出を示している。遊技者が演出ボタン118を押下すると、(2)の画面に遷移し、可動役物130が進出位置に移動する途中で停止したフリーズ演出となる。画像表示部104には、フリーズエフェクト画像1810が進出位置に至る途中まで表示されている。第3演出図Ez3も、変動途中で停止している。第3演出図柄Ez3は、有効ラインからずれた位置で半透明の状態で停止している。第3演出図柄Ez3は、厳密にはゆらゆらと揺れた状態で表示されている。各種ランプは、点灯中のものは点灯状態を保持し、消灯中のものは消灯状態を保持する。また、出力中の音声を停止させ、無音状態にする。所定のタイミングでフリーズ演出を解除する。 (もっと読む)


【課題】案内レールに対する球戻り防止装置の組み付け構成に工夫を凝らしてなるパチンコ遊技機を提供する。
【解決手段】球戻り防止装置200において、内側レール部20aの一側先端部21が挿入口部に挿入されたとき、弾性片220cは、その弾性により、第2突出部224にて、内側レール部20aの一側先端部21の貫通孔部21c内に係合するようになっている。 (もっと読む)


【課題】一種タイプの遊技機において、遊技者の出球に対する不満感を和らげることができる遊技機を提供することを目的とする。
【解決手段】特別遊技手段は、第1特別遊技判定手段により特別遊技を行うと判定されると共に、特定遊技判定手段により特定遊技を行うと判定された場合、第2可変入賞装置を所定時間、開状態に作動させる第1特別遊技を行い、第2特別遊技判定手段により特別遊技を行うと判定されると共に、特定遊技判定手段により特定遊技を行うと判定された場合、第2可変入賞装置を所定時間よりも短い時間、開状態に作動させる第2特別遊技または第2可変入賞装置を所定時間よりも長い時間、開状態に作動させる第3特別遊技の何れかを行うようにした。 (もっと読む)


【課題】大入賞口の開閉扉を高速で多数回開閉させた場合の動作を遊技者に対して目立たなくする。
【解決手段】カバー部材70は、透光性を有し、板状に形成され、開閉扉91が往復動する領域の手前側に取り付けられ、開閉扉91からの反射光を拡散して前方に導く複数のレンズ面が形成されている。このような構造により、カバー部材70の複数のレンズ面により開閉扉91からの反射光が拡散された状態で遊技者に視認されるので、大入賞口93の開閉扉91を高速で多数回開閉させた場合の動作を遊技者に対して目立たなくすることができる。 (もっと読む)


【課題】比較的有利な特別遊技を実行させると判定された場合に、その特別遊技実行後に比較的不利な特別遊技を実行させると判定される判定用情報が、遊技球が第1始動口に入賞したことを条件に取得記憶されている場合には、その旨を報知可能な遊技機を提供する。
【解決手段】演出実行手段61が、図柄変動時判定手段34aにより大当り遊技を実行させると判定され且つ第1の結果と判定された場合、第1記憶手段32aに記憶されている第1特図判定用情報の中に、事前判定手段34bにより大当り遊技を実行させると判定され且つ大当り遊技実行後に時短遊技状態又は通常遊技状態が設定される第2の結果と判定された判定用情報がなければ通常演出を実行し、大当り遊技を実行させると判定され且つ第2の結果と判定された判定用情報があれば特別演出を実行する。 (もっと読む)


【課題】複数の特別図柄表示器を有する遊技機において、特別図柄の表示態様から大当たりか否か等の抽選結果を遊技者が容易に判別できにくくすることのできる遊技機を提供する。
【解決手段】特別図柄表示装置19,20は、複数のLEDが規則的に配置されたLED群から形成する。制御手段100は、第1始動口9への遊技球の入球を契機とする特別遊技の実行の権利獲得の抽選の結果と、第2始動口10への遊技球の入球を契機とする前記抽選の結果が同じものである場合、制御手段100からそれぞれの特別図柄表示装置19,20に送信する制御コマンドは共通のコマンドとする。また、第1特別図柄表示装置19と第2特別図柄表示装置20は互いに前記複数のLEDが配置されるとともに、第1特別図柄表示装置19と第2特別図柄表示装置20とが点対称となる位置関係に配置した。 (もっと読む)


【課題】塗装を施すことによる視覚的な演出効果を長期間にわたって持続させること。
【解決手段】発射された遊技球を誘導する遊技機の表示枠部材150を、少なくとも、塗装されている第1の部材403と、塗装されていない第2の部材404とから構成し、遊技球が衝突する壁部の前面部分のみが第1の部材403となるとともに、当該前面部分を除く部分が第2の部材404となるように、遊技機の表示装置における画像表示画面の周囲を囲むような枠形状を形成する。 (もっと読む)


【課題】複数の特別図柄表示器を有する遊技機において、特別図柄の表示態様から大当たりか否か等の抽選結果を遊技者が容易に判別できにくくすることのできる遊技機を提供する。
【解決手段】特別図柄表示装置19,20は、複数のLEDが規則的に配置されたLED群から形成する。制御手段100は、第1始動口9への遊技球の入球を契機とする特別遊技の実行の権利獲得の抽選の結果と、第2始動口10への遊技球の入球を契機とする前記抽選の結果が同じものである場合、制御手段100からそれぞれの特別図柄表示装置19,20に送信する制御コマンドは共通のコマンドとする。また、第1特別図柄表示装置19と第2特別図柄表示装置20は互いに前記複数のLEDが配置され、1の制御コマンドに基づいて点灯する発光体の点灯位置には、第1特別図柄表示装置19と第2特別図柄表示装置20とにおいて規則性を有さないように構成した。 (もっと読む)


【課題】可変入賞装置の開放に対して遊技者が強い興味を抱かせるとともに、特別な演出が行われるための参加意識を向上させることで、演出効果を向上させることができる遊技機を提供する。
【解決手段】サブCPU102aは、特別演出フラグがOFFであるときに、第2保留に基づく変動演出を行う場合であって、当該第2保留が始動開閉扉がロング開放であるときに取得されたものであり、かつ、他に第2保留が記憶されている場合、演出群を設定するとともに特別演出フラグをONにする。特別演出フラグがONになっている場合、開始する変動演出の前の変動演出の種類や第2保留個数に応じて、設定されている演出群の中から、オープニング演出、中間演出、エンディング演出のいずれかを実行する。ただし、エンディング演出中に取得した第2保留について変動演出を行う場合は、通常変動演出を行う。 (もっと読む)


【課題】案内レールに対する組み付け構成に工夫を凝らしてなるパチンコ遊技機のための球戻り防止装置を提供する。
【解決手段】球戻り防止装置200の球止め機構200cにおいて、重錘250は、その軸にて、回動軸270の軸に平行となるように、回動軸270に接合されている。球止め片260は、回動軸270の軸心と円筒状重錘250の軸心とを含む平面に対し所定の鈍角をなすように、円筒状重錘250から延出されている。ここで、回動軸270は、装置本体の凹所内にて支持ピン280に回動自在に支持されている。 (もっと読む)


101 - 110 / 4,820