説明

シチズンファインテックミヨタ株式会社により出願された特許

141 - 150 / 438


【課題】 横電界により発生する焼付き不良を低減する。
【解決手段】 複数の画素電極を有する第一電極基板と該第一電極基板に対向し所定の位置及び間隔で貼り合わされた第二電極基板により強誘電性液晶を挟持し、前記第一電極基板と前記第二電極基板により前記強誘電性液晶に電界を加えることにより生じる強誘電性液晶の光学特性の変化に基づき表示を行う強誘電液晶表示パネルを有する強誘電液晶表示装置において、複数フィールドごとに非表示フィールドを設け、該非表示フィールド時に電界の偏りを強誘電液晶表示パネル全面に散らす駆動をする強誘電液晶表示装置とする。 (もっと読む)


【課題】分割露光で画像表示の品質を落とさない。
【解決手段】画像表示領域と画像表示領域外周に周辺駆動回路領域を有する大型LCOS表示素子であって、画像表示領域は1回の露光で形成し、画像表示領域外周の周辺駆動回路領域を複数回露光して繋ぎ合わせる大型LCOS表示素子とする (もっと読む)


【目的】感ガス素子の各電極ピンや補償素子の各電極ピンを外部基板へ直接半田付け可能とし、機器に実装する際の自由度を高めることを目的とする。
【構成】電極ピン4a、5aのマウントベース2から外部へ突出した部分には、半田付け可能な材料からなる外部接続端子10が取り付けられている。この外部接続端子10は筒状に形成されており、各電極ピン4a、5aのそれぞれが筒状の外部接続端子10の空洞内に挿通され取り付けられている。各電極ピン4a、5aと外部接続端子10との固定はレーザー溶接法によって各々を接合固定するのが好ましい。尚、この外部接続端子10は、ニッケル、銅、又はニッケルと銅の合金の何れかから選択された材料で形成されたものである。 (もっと読む)


【課題】従来技術では偏光板を直接液晶表示パネルに貼付する方法としては、粘着付き偏光板の粘着剤を利用して、液晶パネルに偏光板を貼付していたが、この方法では偏光板と液晶表示パネル間に気泡が入りやすく生産性が悪い。
【解決手段】液晶表示パネルに使用する偏光板に関して、液晶表示パネルに直接偏光板を貼付する際に、紫外線硬化型接着剤を使用して偏光板と液晶表示パネル接着する。 (もっと読む)


【課題】光源ランプからの熱が透過型液晶表示パネルにこもることなく、FPC回路基板側へ熱を効率よく伝導拡散させる。
【解決手段】本発明の透過型液晶表示デバイスは、透過型液晶表示パネルをFPC回路基板上に実装した後に、透過型液晶表示パネルの側面部分とFPC回路基板を柔らかい熱伝導性接着剤にて接続する。 (もっと読む)


【目的】 感ガス素子の各電極ピンへの配線作業を容易にし、機器に実装する際の自由度を高め、省スペース化も図る。
【構成】感ガス素子と電気的に接続してその感ガス素子を支持する複数本の電極ピン71,72を含む電極ピンを、それぞれマウントベース(図ではバネ性ホルダ12の下側にある)の一方の面から他方の面(背面)に貫通させて支持し、その各電極ピンの端部をスペーサ4の透孔4aを通して溝4b内に突出させ、その突出した部分に、それぞれマウントベースの背面に平行(ホルダ基板11にも平行)な方向に延びる複数本のアウトリード51〜53を、各接続部51a,51b,52a,53aで接続し、押え部材6を被せてバネ性ホルダ12でホルダ基板11に固定・保持する。 (もっと読む)


【課題】水晶片の外形を高精度に形成することが可能な水晶片の製造方法を提供する。
【解決手段】水晶ウエハ3をウェットエッチングにより加工して水晶片1の外形を形成する前に、予め水晶ウエハ3のエッチング残渣が発生し易い領域にレーザー14を照射して機械的に加工又は脆弱化しておく。レーザー14が照射された領域は、他の領域に比べてウェットエッチングの進行が早まるため、エッチング残渣の発生が抑制される。また、レーザー14が照射される領域は、エッチング残渣が発生し易い必要最小限の領域であるため、レーザー14の衝撃により水晶片1にクラックが発生する危険性も確率的に低く抑えられる。 (もっと読む)


【課題】強誘電性液晶が室温に戻る際の収縮により、色むらが発生するのを防止する。
【解決手段】少なくとも、複数の液晶表示領域を形成したマザーシリコン基板に配向制御膜を形成する工程と、マザーガラス基板に配向制御膜を形成する工程と、各画像表示領域外周に液晶注入口を成すシール部材を設けて前記マザーシリコン基板と前記マザーガラス基板を貼り合わせる工程と、前記シール部材の外周で個々の強誘電性液晶表示素子部に切断する工程と、該強誘電性液晶表示素子の一対の基板側面を跨いで硬化収縮率の高い接着剤を塗布・硬化する工程と、該強誘電性液晶表示素子に高温にした強誘電性液晶を注入する工程、を具備する強誘電性液晶表示素子の製造方法とする。 (もっと読む)


【課題】 基板上の配線パターンと圧電素子表面の励振電極との導通性が良好な安価な圧電デバイス及びその製造方法を提供する。
【解決手段】 基板1上の配線パターン11と圧電素子2表面の励振電極2aとの間に導電性接着剤などの導電性部材を介在させることなく、圧電素子2を配線パターン11上に直接実装する。基板1上の配線パターン11と圧電素子2表面の励振電極2aとは、溶着などの直接的接合が可能な手段により互いに機械的及び電気的に接続されている。この構成によれば、配線パターン11と励振電極2aとの間に介在していた導電性部材がなくなることで、その分の材料費が削減されると共に、両者間の導通性が改善される。 (もっと読む)


【課題】 画素電極基板と透明電極基板を互いに対向配置させ、一対の基板のそれぞれの内面に配向膜が設けられ、前記一対の基板をオフセットさせて所望の隙間を有して貼り合わせてなる液晶表示素子の外周部に耐湿性の向上を行うために無機材料のコーティングを行うことが困難である。
【解決手段】 画素電極基板と透明電極基板を互いに対向配置させ、一対の基板のそれぞれの内面に配向膜が設けられ、前記一対の基板をオフセットさせて所望の隙間を有して貼り合わせた後に、前記所望の隙間に液晶を入れ、封止してなる液晶表示素子であって、前記一対の基板を貼り合わせるシール材の外周端面及び前記一対の基板の外周端面に予め樹脂材料を浸透、硬化させ、封止した後に、前記樹脂剤の表面に無機膜コーティングを施す液晶表示素子とする。 (もっと読む)


141 - 150 / 438