説明

シチズンファインテックミヨタ株式会社により出願された特許

181 - 190 / 438


【課題】ITOヒーターを搭載した液晶表示装置において、小型で安価な液晶表示装置を得る。
【解決手段】回路基板に液晶パネルを搭載し、該液晶パネルを構成する基板の表面にITOヒーター面を基板の表面側に向けて貼付した液晶表示装置において、前記ITOヒーターは前記基板より大きく、少なくとも、前記基板の両側に突出部を有して貼付され、前記突出部に夫々ITOヒーター用端子電極を有し、該端子電極と回路基板に形成されたITOヒーター駆動用端子を導電性ペーストで接続、前記突出部に温度検知部品搭載用の電極を設け、さらに突出部分の液晶パネルにより近い位置へ温度検知部品を半田付けにより設け、更に温度検知部品搭載用の電極より導電性ペーストにて、温度検知部品用の端子電極を設けたFPCとを接続する液晶表示装置。 (もっと読む)


【課題】駆動コイルと外部接続端子を接続する引出し配線の応力により、トーションバーの動きが阻害されることを防止する。
【解決手段】固定部2、可動部4及びトーションバー3を半導体基板で一体形成し、可動部4上に導電パターン5による駆動コイル部5Aを設け、駆動コイル部5Aに電流を供給することにより発生する電磁力により可動部4を駆動するプレーナ型電磁アクチュエータにおいて、駆動コイル部5Aを外部接続端子7に接続する導電パターン5における引出し配線部5Bのトーションバー配線部分を、トーションバー3から浮かす構造とした。 (もっと読む)


【課題】透過型液晶パネルを画像表示部に対応した開口部を形成した回路基板に貼付してから開口部に臨む液晶パネル基板に偏光板を貼付する作業を容易にする。
【解決手段】一方にSOS基板、他方に透明基板を使用した透過型液晶パネルを該透過型液晶パネルの画像表示部に対応した開口部を形成した回路基板に貼付し、SOS基板と透明基板表面に偏光板を貼付する透過型液晶表示装置において、少なくとも前記回路基板の開口部周辺の一辺の一部に切欠きを形成した透過型液晶表示装置とする。 (もっと読む)


【課題】透過型液晶パネルと偏光板、偏光板と回路基板を接着剤で固定する透過型液晶表示装置の透過型液晶パネル、偏光板、及び回路基板が温度によりずれないようにする。
【解決手段】一方にSOS基板、他方に透明基板を使用した透過型液晶パネルの両基板に偏光板を貼付し、該透過型液晶パネルの画像表示部に対応した開口部を形成した回路基板に貼付し、前記透過型液晶パネルに形成された外部接続端子と前記回路基板に形成された外部接続端子をワイヤーにより接続する透過型液晶表示装置において、前記SOS基板、SOS基板に貼付された偏光板及び前記回路基板の側面を接着剤で固定した透過型液晶表示装置とする。 (もっと読む)


【課題】液晶表示装置の電位供給に関して、対向電極へ電位供給を確実に行う。
【解決手段】複数の画素電極を有する第一電極基板と、該第一電極基板に相対する対向電極を有する第二電極基板を備え、前記第一電極基板と前記第二電極基板がオフセットされ所定の間隔で貼り合わされた液晶表示パネルを、前記第二電極基板と回路基板の対向する面に有する電極を導電性媒体で電気的に接続する液晶表示装置であって、前記第二電極基板のオフセットされた対向電極部分と電気的に導通する部分を特殊金属半田膜にて形成し、該特殊金属半田膜の塗布位置が第二電極基板のオフセットされた面と更にその側面部分であり、第二電極基板に特殊金属半田膜付けされた部分と前記第一電極基板側を搭載した前記回路基板電極の一端を導電性媒体で接続した液晶表示装置とする。 (もっと読む)


【課題】サファイア基板の切断に必要な分断幅が小さくできる液晶表示素子の
製造方法を提供する。
【解決手段】2枚のマザー透明基板の少なくとも一方にサファイアを使用して、マザー透明基板上に複数の液晶表示素子を形成し、個々の液晶表示素子に分断する液晶表示素子の製造方法であって、サファイア基板の切断は、切断線に沿ってレーザー光線を照射して溝を形成し、該溝を超硬ホイールでスクライブする液晶表示素子の製造方法とする。 (もっと読む)


【課題】構成が小型であり、かつ高倍率でありながら、アイレリーフやバックフォーカスは適度に長くでき、良好な結像性能と歪曲収差特性を持ち、使用に十分な色収差補正がされて、さらに、低コストを優先し実現するために2枚構成のファインダー用接眼レンズを提供する。
【解決手段】瞳側より順に、正の第1レンズ、負の第2レンズよりなり、以下の条件式を満たすことを特徴とするファインダー用接眼レンズとする。
(1)1.0<TL/f<1.3
(2)1.9<f/(D1+D2+D3)<2.9
ただし、
TL:レンズ第1面から映像素子面までの光軸上の距離(平行平面部分は空気長換算)
f:全レンズ系の焦点距離
D1:第1レンズの光軸上の厚み
D2:第2面と第3面の光軸上の距離
D3:第2レンズの光軸上の厚み (もっと読む)


【課題】吸気口及び/または排気口付近に障害物があることを検知し、投写型映像表示装置が過熱するのを防止する。
【解決手段】少なくとも、投写型映像表示装置を構成する筐体壁部に設けられた排気口と、該排気口を介して筐体内の熱気を排出する排気ファンと、投写型映像表示装置を構成する筐体壁部に設けられた吸気口と、該吸気口を介して筐体内に空気を吸引する吸気ファンを有する投写型映像表示装置において、前記吸気口及び排気口付近に障害物の有無を検知する検知手段をそれぞれ設け、該検知手段により前記排気口付近に障害物があることを検知した時、前記吸気ファンと排気ファンを逆回転にする投写型映像表示装置とする。 (もっと読む)


【課題】小型の液晶表示装置を得る。
【解決手段】外形が長方形の液晶パネルの下基板短手方向端部に外部接続端子を設け、該外部接続端子の近接部に接続端子を設けたFPCが前記短手方向に延在するように設けられた小型液晶表示装置において、前記液晶パネルを構成する上基板の下基板と対向する面には共通電極、配向膜の順に形成されており、前記上基板長手方向の一端を前記下基板より庇状に長くし、該庇状部に形成されている前記共通電極と庇状部の側面に跨る導通部材膜を形成した液晶パネルとし、前記FPCには前記庇状部に形成された導通部材膜に対向する位置に電極パッドを形成してあり、前記共通電極と庇部側面に形成された導通部材膜と前記電極パッドを導電部材で接続した小型液晶表示装置とする。 (もっと読む)


【課題】反射型液晶表示装置の輝度向上と輝度ムラの低減を図る。
【解決手段】回路基板上に反射型液晶表示パネルと発光源を隣接して配置し、前記発光源の上部に導光板を配置して面光源を構成し、該面光源からの出射光をビームスプリッターにより反射し、該反射光を前記反射型液晶表示パネルに照射する反射型液晶表示装置において、該導光板は主面の一方が反射面であり他方の面が出射面である略矩形状であり、該反射面は導光板の下面から入射した光を屈折反射するプリズム反射面であり、出射面から光の主光軸が斜め上方に出射され、前記ビームスプッリターで反射されて前記反射型液晶表示パネルの中心に入る方向に出射するプリズム反射面である反射型液晶表示装置とする。 (もっと読む)


181 - 190 / 438