説明

御木本製薬株式会社により出願された特許

21 - 30 / 66


【課題】
本発明の目的は、使用感が優れ、製剤安定性も良好で、均一に噴霧可能な化粧料を得ること。
【解決手段】
ネイティブ型ジェランガムとアクリル酸メタクリル酸アルキル共重合体を含む製剤が本発明の目的である、使用感が優れ、製剤安定性も良好で、均一に噴霧可能な化粧料になることがわかった。
さらに2−メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリンと疎水性モノマーとの共重合体を配合すると優れた製剤が得られることもわかった。 (もっと読む)


【課題】
本発明の目的は、有効成分特に美白の有効性を増す製剤を開発することにある。
【解決手段】
ポリアルキレングリコール−ジイソシアネート共重合体と、美白剤と、抗炎症剤を配合した油中水型乳化組成物が本発明の目的に合致するすることがわかり、さらに、油溶性有効成分を内相とし、ポリアルキレングリコール−ジイソシアネート共重合体と、美白剤と、抗炎症剤を配合した油中水中油型乳化組成物としたり、グリセリンが50%以上である多価アルコールを15〜30%含むように配合することによってより目的が達成されることがわかった。 (もっと読む)


【課題】
本発明の目的は、油性洗浄剤としての適度な粘度を有し、経時的に固化や分離を生じることなく、使用時に肌が濡れていても、洗浄力が低下することなく、メイクアップ化粧料とのなじみが非常に良好で、使用後のしっとり感もある油性洗浄剤を得ることである。
【解決手段】
以下の成分を含む油性洗浄剤
A)デキストリン脂肪酸エステル
B)多価アルコールと、炭素数8〜30の脂肪酸及び/又はヒドロキシ脂肪酸と、炭素数12〜30の二塩基カルボン酸をエステル化して得られるエステル化合物
C)炭素数8〜10の脂肪酸とポリグリセリンのエステル
D)炭素数12〜22の不飽和脂肪酸とポリグリセリンのエステル
E)多価アルコール
さらに分岐脂肪酸及び/又は分岐アルコールを構成成分とするエステル化合物をを用いると効果が増大する。 (もっと読む)


【課題】真珠母貝において真珠層形成に関与する新たなタンパク質及びそれをコードする遺伝子を提供する。
【解決手段】真珠母貝の外套膜縁膜部及び真珠袋に特異的に発現する遺伝子によってコードされる、次の(a1)又は(b1)の真珠層形成関与タンパク質。(a1)特定のアミノ酸配列からなるタンパク質(b1)前記アミノ酸配列において1若しくは数個のアミノ酸の欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列からなり、真珠層形成に関与するタンパク質。 (もっと読む)


【課題】
本発明の目的は、泡が細かく弾力があり、使用すると、つっぱり感のない使用感の優れ、且つ低温や保存によって固形物が生成したり、粘度が高くなることがない泡状洗浄料を得ること。
【解決手段】
以下の成分を含む洗浄液を、フォーマー容器に充填したことを特徴とする水性液体洗浄剤が本課題を解決することがわかった。
A)アシルアミノ酸塩
B)高級脂肪酸塩
C)グリセリン
D)糖アルコール
E)カチオン化ヒアルロン酸またはその塩
F)水 (もっと読む)


【課題】
本発明の目的は、まず、即時性のある方法でシワを目立たなくしたのち、シワに有効な薬剤の吸収性、持続性を高めた組成物を得ることである。
【解決手段】
ポリアルキレングリコール−ジイソシアネート共重合体と、抱水性油分と、セルロースの誘導体と、水溶性高分子とを配合したシワ形成抑制用基剤が本発明の目的を充分に達成する基剤であることがわかった。
さらには、抱水性油分がトリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、セルロースの誘導体がヒドロキシエチルセルロース、水溶性高分子がポリビニルアルコール、ヒアルロン酸、カルボキシビニルポリマーより選択される1種以上である基剤が最も本発明の主旨を達成する (もっと読む)


【課題】
本発明の目的は、皮膚一次刺激のあるパラオキシ安息香酸類を使用せず、或いは少量で、必要な抗菌性を最小限の多価アルコールで達成し、且つ優れた官能や保湿性能を有する皮膚外用剤を得ることである。
【解決手段】
1,3プロパンジオールと1,2ペンタンジオールを含む皮膚外用剤が上記課題を解決することがわかった。 さらに1,3ブタンジオールを配合すると官能の自由度も増す。配合量としては、1,3プロパンジオールが0.5〜30重量%、1,2ペンタンジオールが0.2〜15重量%、1,3ブタンジオールが0〜25重量%、好ましくは、1,3プロパンジオールが1.0〜25重量%、1,2ペンタンジオールが0.5〜10重量%、1,3ブタンジオールが0〜20重量%がよい。 (もっと読む)


【課題】
皮膚のバリア機能の改善、皮膚の老化防止に有用な皮膚角化促進剤を提供する。
【解決手段】
(A)加水分解コンキオリン、及び(B)カルシウムイオン供給化合物を含有する皮膚角化促進剤。 (もっと読む)


【課題】
本発明の目的は種々の有効性成分を組み合わせることによって美白、特には日焼け後の色素沈着の抑制作用および改善作用に優れた効果を有する美白作用を有する皮膚外用剤を得ることである。
【解決手段】
アスコルビン酸またはその誘導体と、ハイドロキノンまたはその誘導体と、抗炎症剤を含む皮膚外用剤、さらには抗炎症剤がグリチルリチン酸及びその塩とε-アミノカプロン酸の組合せである場合に非常に有効な製剤が得られることがわかった。 (もっと読む)


【課題】使用者の嗜好に沿い且つ肌質にあった化粧料を用時調製し、肌感触等を評価させることのできる化粧料の製造方法の提供。
【解決手段】肌特性の度合を指標とした肌質分類法により肌質を少なくとも2つのタイプに分類し、さらにそれぞれのタイプを肌特性の度合に応じて複数の小区分に分類するステップと;当該分類された複数の小区分毎に、小区分に対応する基礎的サンプル化粧料を調製するステップ等の多段階ステップを有することを特徴とする化粧料の製造方法。 (もっと読む)


21 - 30 / 66