説明

エヌイーシーコンピュータテクノ株式会社により出願された特許

111 - 120 / 572


【課題】複数の方向へ向けて音を放音すること。
【解決手段】第1の壁部と、第1の壁部に対向する第2の壁部と、第1の壁部及び第2の壁部の間の周囲を囲む第3の壁部とを有する中空の筐体110と、第1の壁部に取り付けられて、第2の壁部に向けて音を放射する音源120と、第2の壁部の音源120と対向する位置に設けられて、音源120から放射された音を、第3の壁部に向けて反射させる音反射部140と、第3の壁部に設けられて、音反射部140で反射した音を、筐体110の外部へ放音するための開口部130a〜dとを備え、音反射部140を、角錐形状とし、開口部130a〜dを、第3の壁部における音反射部140の各角錐面が向いている方向の位置に設けた。 (もっと読む)


【課題】少ない数のセンサで簡単に棒金の金種および棒金の有無を判別できる棒金収納管理装置を提供する。
【解決手段】アウター3の外周側に設けられ検知ドグ7を検知する金種判別センサ8と、を備え、アウター3の−X側には、軸Oと同軸上に−X側から+X側に向かって立設された硬貨孔対応ピン9が配置されており、インナー2に棒金1を配置した際に、金種判別センサ8と検知ドグ7とでインナー2のX方向の位置を認識し、インナー2の金種と同じ金種の棒金1が収納されていない場合には、アラーム表示することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ロール紙の装填作業時において、収容部内にセットされるロール紙の向きを速やかに検知して、印字障害や搬送異常等の不具合を未然に抑制できるロール紙供給装置を提供する。
【解決手段】分離ローラ22に対して正転方向Tの手前側にロール紙先端部P1を第1搬送路23へ案内する第1セパレータ41を設ける一方、逆転方向Fの手前側にロール紙先端部P1を第2搬送路24へ案内する第2セパレータ42を設けることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】タイムアウト原因を特定するための適切な情報を得ることができる情報処理装置を提供する。
【解決手段】装置10aと、装置10aと情報を受け渡す装置10bと、装置10aと装置10bとの間の情報の受け渡しにおいて、タイムアウトが発生したときログを取得する診断装置20とを具備する。装置10aは、リクエストを装置10bに送信する毎にレイテンシを測定し、所定の期間内の最大レイテンシを算出する負荷測定部12aと、最大レイテンシを第1タイムアウト時間として設定し、第1リクエストの送信に対する応答が第1タイムアウト時間内にない場合、軽障害が発生したことを示す軽障害通知を出力する軽障害検出部13aとを備える。診断装置20は、軽障害通知を受け取ると、装置10aから軽障害に対応した第1軽障害ログを取得し、装置10bから軽障害に対応した第2軽障害ログを取得する制御部21を備える。 (もっと読む)


【課題】処理性能を向上させることができるキャッシュメモリ制御システム、その制御方法及び制御プログラムを提供すること。
【解決手段】キャッシュメモリ制御システム1は、複数のプロセッサ11から出力される所定情報を、キャッシュメモリ12の各レベルに夫々記憶させる制御を行う。また、所定情報は、出力先のプロセッサ11を示すソース情報を含んでいる。さらに、キャッシュメモリ制御システム1は、ソース情報毎に、キャッシュメモリ12の各レベルに記憶されているソース情報の数をカウントしカウント値として算出するカウント手段と、算出されたソース情報毎のカウント値に基づいて、キャッシュメモリ12の各レベルのうち、スワップ処理の対象となるレベルの優先順位を決定する優先順位決定手段と、決定された優先順位に基づいて、キャッシュメモリ12の各レベルうち、スワップ処理を行うレベルを決定するレベル決定手段と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】切断部とガイド部との間に記録用紙が入り込むのを防止して紙詰まりを確実に検出することができるロール紙切断装置を提供する。
【解決手段】ロール紙切断装置1は、長尺の記録用紙P1がロール状に巻かれたロール紙を支持する支持部と、ロール紙を記録用紙の長さ方向に設定された基準面S上に送り出す送り出し部と、送り出し部により送り出された記録用紙を通過させる用紙通過部14が形成され、用紙通過部を通過する記録用紙を切断する切断部4と、基端側が切断部における記録用紙が送り出される送り出し方向Dの下流側D1の表面13dに接続され、送り出し方向の下流側に先端側が延びるとともに、記録用紙の付勢力により先端側が基準面から離間する方向に移動可能なガイド部5と、ガイド部の先端側が移動したことを検出する検出部6と、を備える。 (もっと読む)


【課題】オプションボードにバッテリが搭載される場合でも、筐体内の温度に応じて冷却ファンを制御するコンピュータシステムを提供すること。
【解決手段】システムボードは、筐体内に設置され、発熱デバイスとシステムボード用制御部とが搭載され、オプションボードは、筐体内でシステムボードに接続され、バッテリとオプションボード用制御部とが搭載されている。温度センサは、筐体内の温度を測定して測定温度として出力する。オプションボード用制御部は、バッテリを充電していないときに第1仕様制御信号を出力し、バッテリを充電しているときに第2仕様制御信号を出力する。システムボード用制御部は、第1仕様制御信号が供給されている場合、測定温度に応じて第1の回転数により冷却ファンを稼動させ、第2仕様制御信号が供給されている場合、測定温度に応じて第1の回転数よりも多い第2の回転数により冷却ファンを稼動させる。 (もっと読む)


【課題】メモリ初期化処理の更なる高速化を実現可能なコンピュータシステムを提供する。
【解決手段】仕様情報を含む第1のSPD情報を格納する複数のメモリモジュールと、システム内のメモリアクセスに用いられるアクセス設定値と、第1のSPD情報の複製である第2のSPD情報とを記憶する不揮発性メモリとを備える。読み出し制御部は、メモリ初期化処理において、第1のSPD情報と第2のSPD情報とが一致するか否か判定して、一致しない不一致メモリモジュールを特定すると、不一致メモリモジュールの第1のSPD情報を読み出して不揮発性メモリへ第2のSPD情報として書き込む。設定値生成部は、不一致メモリモジュールが存在する場合に、不一致メモリモジュールの第2のSPD情報が生成に用いられるアクセス設定値を、第2のSPD情報に基づいて生成して、不揮発性メモリへ書き込む。 (もっと読む)


【課題】シート状物の搬送方向に関係なく、簡易な構成で、シート状物の位置補正を可能とする。
【解決手段】シート状搬送物の搬送機構1は、シート状物Sに当接してこれを搬送方向に送り出すフィードローラ10と、軸中心部31に回動可能な押圧ローラシャフト40が介挿され、フィードローラ10と対となってシート状物Sを挟持して押圧する押圧ローラ30とからなる少なくとも一対のローラ対Rと、シート状物Sのシート端SEが突き当たる突き当て面51を有し、シート状物Sの位置を調整する搬送ガイド50とを備えたものである。押圧ローラシャフト40は、その軸中心41が搬送方向に対して略垂直方向とされており、かつ、軸中心方向に見て、最大外径部42が押圧ローラの中心32より搬送ガイド50側にずれた位置にあり、最大外径部42よりシャフトの両端43,44に向かって外径が小さくなる非対称構造を有するものである。 (もっと読む)


【課題】入力操作等の作業負担を軽減し、設定当初のFRUテーブルを用いて正確な被疑割合を含む情報を提供する。
【解決手段】サービスプロセッサ3により障害事象が検知された場合に、当該障害事象を特定する情報をキーとして障害履歴情報を検索し、当該障害事象が過去に発生した障害事象と一致する場合に、前記障害履歴情報から当該障害事象を引き起こした誘因履歴のある障害要因部位2を抽出する。前記誘因履歴のある障害要因部位2が抽出された場合に、当該障害要因部位2の前記誘因頻度に応じて、FRUテーブルの当該障害要因部位2に対応する設定当初の被疑割合を補正して得られる補正被疑割合を算出する。当該障害事象と当該障害要因部位2との関係が、前記FRUテーブルと前記障害履歴情報とで一致する場合に、当該障害履歴情報の相当する前記誘因頻度をインクリメントする。 (もっと読む)


111 - 120 / 572