説明

エヌイーシーコンピュータテクノ株式会社により出願された特許

81 - 90 / 572


【課題】データインテグリティを保証し、障害時の影響範囲を小さくする。
【解決手段】データ転送装置は、入出力コントローラと、ホストチャネルアダプタと、スイッチとを具備する。入出力コントローラは、所定のposted writeトランザクションを受信すると、リプライトランザクションを返送する。ホストチャネルアダプタは、リプライトランザクションの返送が義務付けられているnon−posted writeトランザクションを発行したのち、入出力コントローラから所定の数のリプライトランザクションを受信するまでリプライトランザクションを待ち合わせる。スイッチは、入出力コントローラと前記ホストチャネルアダプタとの間に設けられ、トランザクションを中継する。スイッチは、トランザクションの中継時に発生した障害をCPUに通知し、ホストチャネルアダプタはCPUから障害発生の通知を受信したとき、対向するホストチャネルアダプタにデータ転送が異常終了したことを通知する。 (もっと読む)


【課題】 データ転送装置から記憶装置へのデータ転送のスループットを向上する。
【解決手段】 データ転送装置1は、複数の一時保存部2(21,・・・2n(nは2以上の整数))と、順序制御部3と、データ読み出し部4と、転送制御部5とを有する。各一時保存部2(21,・・・2n)は、転送先の格納位置を示すアドレス情報付きのデータが入力されるデータ入力部6を通ってデータ転送装置1に入力したデータを保存する。データ読み出し部4は、各一時保存部2から、並列に、データを読み出す。転送制御部5は、その読み出された各データを、当該データに添付されているアドレス情報に基づいた転送先に対応しているデータ出力部7に出力する。順序制御部3は、各一時保存部2から並列に読み出される各データの転送先に対応するデータ出力部7が互いに異なるように、一時保存部2毎にデータの読み出し順を設定する。 (もっと読む)


【課題】データの信頼性を確保したまま演算レジスタへの高速読み出しを実現する。
【解決手段】この情報処理装置は、ロードリクエスト生成部と、個々のロードリクエストに対するロードデータを格納し、演算レジスタに転送するロードバッファと、ロードリクエスト生成部によって生成されたロードリクエストを入力し、ロードリクエストに対するロードデータをメインメモリから読み出すと共に、メインメモリによって生成された、ロードデータをロードバッファから読み出す順番を示す付随情報を、ロードデータに先立って送出するようメインメモリを制御するメモリネットワークと、付随情報に基づいて、付随情報に対応するロードデータの到着の遅れを検出し、ロードデータの到着の遅れに基づいて、ロードバッファから演算レジスタへの読み出しの開始時間を調整する整列判定部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】ノード間通信により他のノードへのアクセスする際の複数のリクエスト全体の処理性能を向上すること。
【解決手段】本発明にかかるノードコントローラは、複数のノードと接続され、自己のノード内の複数のプロセッサから複数のノードのいずれかに属するプロセッサへの複数のリクエストを受け付け、当該複数のリクエストのそれぞれについて、リクエストの要求先のノードに応じた優先度を算出する優先度算出回路と、算出された優先度に基づいて、受け付けた複数のリクエストのうち出力すべきリクエストを決定する決定回路と、決定されたリクエストを選択して要求先のノードへ出力する選択回路と、を備える。 (もっと読む)


【課題】引き出し構造のユニットの抜去される際の落下を防止するユニット抜去時落下防止構造、及びユニット抜去時落下防止方法を提供すること。
【解決手段】搭載ケージ1と、搭載ケージ1に敷設されて搭載ケージ1の外部まで移動自在のガイドレール3と、ガイドレール3上に設けられて所定の幅W1を有する溝10上を摺動自在に設けられるユニット2とを含み、ユニット2は、ガイドレール3の溝10にはまって摺動するストッパ9を有し、ガイドレール3は、溝10の端部に、ストッパ9と噛み合ってユニット2の外部の方向Pへの摺動を止めてユニット2の移動を鉛直上方向Uに誘導する噛み合い部11を有する。 (もっと読む)


【課題】ファンを有するコンピュータシステムを効率的に検査できる検査装置及び検査方法を提供すること
【解決手段】本発明にかかる検査装置は、ファン4及びファン4の回転速度を制御するファン回転速度制御手段3を備えるコンピュータシステム1を検査する検査装置2である。検査装置2は、ファン4の回転速度を測定し、規定の回転速度と略同一であるか否かを判定する回転速度判定手段5と、回転速度判定手段5の判定に基づいて、ファン4が、前記規定の回転速度と略同一の速度で回転している累積時間を算出する累積時間算出手段6と、累積時間算出手段6で算出した累積時間と、規定の時間との大小を判定する累積時間判定手段7と、累積時間判定手段7が前記累積時間は前記規定の時間よりも少ないと判定した場合に、ファン回転速度制御手段3に対し、ファン4を前記規定の回転速度で回転させる指示を出力する回転速度指示手段8を備える。 (もっと読む)


【課題】 本発明の目的は、センサの検出値に応じて、通知の送信先を決定するイベント通知装置を提供することにある。
【解決手段】 本発明のイベント発生通知装置は、センサが検出した検出値を受信する検出値入力手段と、複数の前記センサ毎に定められた検出値に対する条件により、前記検出値から前記センサ毎のイベントを検出するセンサイベント検出手段と、前記イベントの組み合わせ、前記イベントを検出し続けている時間、または一定時間内に前記イベントを検出した回数から、障害イベントの発生及び発生した障害イベントの種別を判定する障害イベント判定手段と、前記障害イベントの種別に応じて前記通知の送信先を決定する通知先決定手段とを含む。 (もっと読む)


【課題】印字不良が発生した場合に、印字不良の発生した箇所から自動的に継続してプリンタ装置の運用ができない。
【解決手段】印字ヘッドは、印刷される媒体と対向する面に、進行方向と直交する方向に並ぶ複数のインクノズルと、インクノズルの後方に備えられ、インクノズルの印刷部分の濃度を個々の前記インクノズル別に測定するセンサと、を備える。 (もっと読む)


【課題】繰り返しの障害発生を回避してプロセッサリリーフを実現するデータ障害処理装置、及びデータ障害処理方法を提供すること
【解決手段】データ障害処理装置は、誤り訂正機能を持つ記憶装置に格納されたデータにアクセスするプロセッサ3を備える。記憶装置は、データ供給時にデータに対して誤り訂正符号を付与する。障害識別部302は、誤り訂正符号に基づいて、前記記憶装置から供給されたデータに障害が発生しているか否かを識別する。事前評価部305は、訂正不可能障害が生じたデータが格納されたアドレスに再度アクセスする事前評価リクエストを発行する。救済可否判定部306は、前記事前評価リクエストの発行結果に応じてプロセッサリリーフが実行可能かを判定する。障害処理部307は、救済可否判定部の判定に応じて障害対応処理を行う。 (もっと読む)


【課題】電子機器のクロック周波数の誤差の修正する場合、外部に正しい時刻を提供する装置を必要とせず、修正に手間が掛からないようにする。
【解決手段】内部に備えた時計により時刻管理を行う電子機器1において、第1の内部時計3により、予め設定されたクロック周波数に基づいて時間を計測し本電子機器1の時刻管理に使用し、複数の第2の内部時計4により、予め設定されたクロック周波数に基づいて時間をそれぞれ計測し、第1の温度センサ5により、第1の内部時計3の温度を測定し、複数の第2の温度センサ6により、複数の第2の内部時計4の温度をそれぞれ測定し、第1の温度センサ5が測定した温度データが予め定めた基準温度範囲に入っていない場合、複数の第2の温度センサ6が測定した温度データのうちの予め定めた基準温度に最も近い温度データに対応する第2の内部時計4の現在のクロック周波数を、第1の内部時計3に再設定する。 (もっと読む)


81 - 90 / 572