説明

一般財団法人川村理化学研究所により出願された特許

191 - 200 / 206


【課題】 均一な三次元周期を持って配列した細孔を有し、構造安定性及び耐薬品性に優れた強固な構造を有する無機酸化物周期構造体、およびこれら構造体の簡便な製造方法を提供すること。
【解決手段】 無機酸化物の構造体中に、孔径が20nm〜10μmの範囲にある細孔が三次元周期を持って配列し、隣接する細孔の中心間を結ぶ線上の無機酸化物厚さが5nm〜10μmの範囲にある無機酸化物周期構造体、及び有機高分子化合物微粒子をコア部、架橋した親水性有機高分子化合物をシェル部として有するコア−シェル粒子を、水系溶媒に分散させたゾルを得る工程、該ゾルに金属系アルコキシドを加えてゾル−ゲル反応させ、架橋した親水性有機高分子化合物と、生成する無機酸化物とが一体化された複合体中に、前記コア部が三次元周期を持って配列した構造体を得る工程、該構造体を焼結して無機酸化物周期構造体を得る工程からなる製造方法。 (もっと読む)


【課題】 簡易な操作で、極微量の試料を定量性よく計量できる微量試料計量デバイス、微量試料計量装置、および微量試料計量方法を提供すること。
【解決手段】 試料を試料流入口から第一流路に流入させ、
第一流路の移送制御手段を移送可能状態、第二流路の移送制御手段を移送停止状態、第三流路の移送制御手段を移送可能状態、第四流路の移送制御手段を移送停止状態とし、流体試料を第一流路から計量用流路を経由して第三流路に移送し、
次いで、第一流路の移送制御手段を移送停止状態、第二流路の移送制御手段を移送可能状態、第三流路の移送制御手段を移送停止状態、第四流路の移送制御手段を移送可能状態とし、計量用流路に充填された試料を計量用流路から第二流路へ移送することにより微量試料を計量する微量試料計量デバイス。 (もっと読む)


【課題】 硬化後に耐熱性と難燃性を有し、且つ溶解性や成形性に優れたホウ素変性レゾール型フェノール樹脂組成物の製造方法を提供する。
【解決手段】 フェノール類とアルデヒト類とを塩基性触媒存在下で反応して得られる固形レゾール型フェノール樹脂(A)と、一般式 B(OR)n(OH)3-n (式中、nは0〜3までの整数、RはCmH2m+1のアルキル基であり、mは1〜10の整数を表す。)で表されるホウ酸系化合物(B)とを、アミド系溶剤(C)に溶解させ、(A)と(B)とを(A)が硬化しない温度で反応させることを特徴とするホウ素変性レゾール型フェノール樹脂組成物の製造方法。 (もっと読む)


【課題】 カチオン重合開始活性を有する変性エポキシ高分子化合物、該変性エポキシ高分子化合物の製造方法及びカチオン重合開始活性に優れたカチオン重合開始剤を提供すること。
【解決手段】 多官能グリシジル化合物残基と、一価の芳香族ヒドロキシ化合物残基及び二価の芳香族ヒドロキシ化合物残基とからなるエポキシ樹脂の側鎖ヒドロキシ基がスルホネート基で変性された変性エポキシ樹脂。側鎖に有するスルホネート基の反応性により、優れたカチオン重合開始活性を有する。 (もっと読む)


【課題】 多様な形状に制御可能な、金属錯体をシリカ内部に含有する複合材料、及び該複合材料の簡便な製造方法を提供すること。
【解決手段】 直鎖状ポリエチレンイミン骨格を有するポリマー(a)に少なくとも一種の金属イオン(b)が配位した金属錯体を、シリカ(c)が被覆した複合材料、及び、以下の工程を有する複合材料の製造方法。
(1)直鎖状ポリエチレンイミン骨格を有するポリマーを、水性媒体中で会合させる工程、
(2)水性媒体の存在下で、前記ポリマーの会合体にアルコキシシランを加えることにより、前記ポリマーの会合体とシリカの複合体を得る工程、
(3)前記ポリマーの会合体とシリカとの複合体に、金属イオンが溶解した溶液を含浸させ、金属イオンを前記ポリマー中の直鎖状ポリエチレンイミン骨格に配位させる工程。 (もっと読む)


【課題】 複雑な装置や制御を要することなく、簡易な操作で、極微量の試料を定量性よく計量できる微量試料計量デバイスを提供すること。
【解決手段】 試料流入口及び移送制御手段を有する第一流路と、試料流出口及び移送制御手段を有する第二流路と、試料移送流体の流入口及び流路中の流体試料を検出するセンサ部を有する計量用流路とから構成され、
(A)流体試料を試料流入口より流入し、流体試料を第一流路から計量用流路内に流入し、その際流体試料の第二流路への流入を停止し、
(B)計量用流路中に流入された流体試料が指定量になった時点でセンサ部の検知により流体試料の流入を停止し、
(C)計量用流路中の流体試料を試料移送流体により第二流路中に移送し、計量された試料を試料流出口より流出させ、その際に第二流路中を液送可能状態とし、また該流体試料が第一流路に流入しないようにすることが可能な微量試料計量デバイス。 (もっと読む)


【課題】 カチオン重合開始活性を有する変性エポキシ化合物、該変性エポキシ化合物の製造方法及びカチオン重合開始活性に優れたカチオン重合開始剤を提供すること。
【解決手段】 多官能グリシジル化合物残基と、一価の芳香族ヒドロキシ化合物残基とからなるエポキシ樹脂の側鎖ヒドロキシ基がスルホネート基で変性された変性エポキシ樹脂、及び多官能グリシジル化合物と、一価の芳香族ヒドロキシ化合物との反応により得られる二級アルコール構造の側鎖ヒドロキシ基を、スルホニル化剤により変性することからなる変性エポキシ化合物の製造方法。側鎖に有するスルホネート基の反応性により、優れたカチオン重合開始活性を有する。 (もっと読む)


【課題】 疎水性の主鎖と親水性の側鎖とを有する新規な星型高分子化合物、特にポリマーミセル形成能を有する星型高分子化合物を提供すること。
【解決手段】 多官能グリシジル化合物残基と、一価の芳香族ヒドロキシ化合物残基とからなるエポキシ樹脂骨格を主鎖とし、エチレンイミン構造単位、プロピレンイミン構造単位、N−アシルエチレンイミン構造単位、N−アシルプロピレンイミン単位、エチレングリコール単位、又はプロピレングリコール単位の少なくとも一種からなる数平均重合度が2〜2000の範囲にある直鎖状ポリマー鎖を側鎖として有する星型高分子化合物。 (もっと読む)


【課題】 優れた耐熱性を発現させる共に、極めて良好な耐水性を兼備させて、電気部品分野又は電子部品分野で要求される耐湿耐半田性を向上させる。
【解決手段】 メラミンとホルマリンとフェノールとの重縮合体の等のトリアジン構造を含有するフェノール樹脂に、ホウ酸又はホウ酸エステルを系内の水分を除去しながら反応させることによって、分子内に存在する複数の芳香環をホウ酸エステル結合で結節した構造のフェノール樹脂と、エポキシ樹脂とを必須成分とする。 (もっと読む)


【課題】 流体中の2種以上の物質を、連続的に高度に分離することが可能な、物質分離デバイスを提供する。
【解決手段】 試料である流体を流通させる分離用流路3と、分離用流路3の下流端に形成された第1流出口6と、分離用流路3の第1流出口6側の壁面の一部に設けられた、第1物質を保持できる第1保持部1と、を有する。このような分離用流路3が、複数段にわたって接続されている。 (もっと読む)


191 - 200 / 206