説明

一般財団法人電力中央研究所により出願された特許

1,011 - 1,020 / 1,040





本発明は、軽水炉使用済燃料を処理して外部からプルトニウムを添加せずに高速炉燃料を得る軽水炉使用済燃料の再処理方法および装置に関し、軽水炉使用済燃料(1)を溶出用陽極(2)として溶出用陰極(3)と共に酸化ウラン供給源が添加された溶出用溶融塩(4)に浸して電圧を印加し、軽水炉使用済燃料(1)から酸化ウラン(6)を溶出用溶融塩(4)中に溶出させると共に溶出用陰極(3)に析出させる酸化ウラン溶出工程を実施する酸化ウラン溶出部(8)と、溶出用陽極(2)の残留物(10)を還元用陰極(11)として還元用陽極(12)と共に酸素供給源が添加された還元用溶融塩(13)に浸し、還元用陽極(12)及び陰極(11)の間に電圧を印加して残留物(10)を還元して合金を得る電解還元部(16)とを備える。
(もっと読む)








1,011 - 1,020 / 1,040