説明

ヤマハマリン株式会社により出願された特許

1 - 10 / 256


【課題】電動ステアリング機構の船舶において、電源オフの状態でハンドルとステアリングの片方のみが動いた場合でも、複数のステーションのハンドル回転角が互いにずれている場合でも、操船者に違和感を与えないようにする。
【解決手段】現在のハンドル回転角を検知し(ステップS11)、このハンドル回転角から制御周期1つ前のハンドル回転角を減じてハンドル回転角変化量Δθhを算出する(ステップS12)。次に、舵角比Kを設定し(ステップS13)、ハンドル回転角変化量Δθhに舵角比Kを乗じて目標舵角変化量Δθs*を算出する(ステップS14)。最後に、目標舵角変化量Δθs*を制御周期1つ前の目標舵角θs*-1に足して今回の目標舵角θs*を算出する(ステップS15)。そして、目標舵角θs*に基づいてステアリングを転舵させる(ステップS16、S17)。 (もっと読む)


【課題】船舶用電動ステアリング装置において、当て舵を保持するための保舵力を発揮する際に電力を不要とする。
【解決手段】船外機本体7に外部から作用する転舵力に抗して舵角を保持する保舵手段を備えた。保舵手段としては、例えば逆入力遮断クラッチ20を用いた。また、船外機本体7の操舵条件から、船外機本体7の舵角が保持された保舵状態であることを検知し、船外機本体7を操舵する電動モータ12への電力供給を停止するよう制御する。これにより、保舵時には保舵手段により舵角が保持されるため、電動モータ12への電力供給を停止でき、省電力化を測ることができる。 (もっと読む)



【課題】容易に所望の航行意図を実現し易く、快適な操作感を得易い船舶を提供する。
【解決手段】船舶10の所定位置に付与される推進力又は抵抗力の大きさ及び/又は方向を調整可能な操船機器20xを複数備えると共に、複数の操船機器20xを操作する操作機器30xと、複数の操船機器20xをそれぞれ駆動するアクチュエータと、操作機器30xの操作状態に基づいてアクチュエータの駆動量をそれぞれ制御する制御装置13とを備え、制御装置13は、船舶10の航行状態を検知する航行状態検知手段50と、操作機器30xの操作状態を検知する操作状態検知手段60と、航行状態及び操作状態に基づいて操船者の航行意図を推定する航行意図推定手段70と、航行意図に基づき、複数の操船機器20xから制御対象の操船機器20xを選定して、それを駆動するアクチュエータの駆動量を制御する操船機器制御手段80とを備えている。 (もっと読む)


【課題】発電機を大型化することなく、舵切り装置の駆動電力を安定供給する船舶を提供する。
【解決手段】複数の船外機12が配設され、該各船外機12毎に発電機42が設けられると共に、該各船外機12毎に、電動モータにて駆動される舵切り装置16が配設され、該舵切り装置16により、前記船外機12を回動させて操舵を行う船舶であって、前記複数の船外機12の内、任意の船外機12の舵切り装置16に、前記他の船外機12の発電機42から電力を供給可能とした船舶。 (もっと読む)



【課題】油面のヘッド差を大きくすることなく、燃料ポンプが作動していないときのエンジンの始動性を改善できるエンジンの燃料供給装置を提供する。
【解決手段】燃料タンク24を、少なくとも燃料満杯時の油面aが気化器20のフロート室20b内の必要最低油面bより高い位置となるよう配置し、燃料ポンプ25をバイパスするバイパス通路35を設けるとともに、該バイパス通路35に開閉弁36を配置する。 (もっと読む)



【課題】船舶に搭載されたネットワークに接続される接続機器において、上位互換性を確保し、ユーザビリティを向上させる。
【解決手段】ネットワークを経由して送信される任意のメッセージ中のPGN(通信ID)に基づき、このネットワークのプロトコルを識別する(ステップS3)。このネットワークのプロトコルに応じて機器用プロトコルを決定する(ステップS7、S8)。この機器用プロトコルに準拠してネットワークとデータ通信を行う。これにより、接続機器がネットワークに接続されると、接続機器が自らネットワークのプロトコルを識別して適宜作動する。そのため、上位互換性が確保され、ユーザビリティが向上する。 (もっと読む)



1 - 10 / 256