説明

三菱化学エムケーブイ株式会社により出願された特許

21 - 29 / 29


【目的】帯電防止性が優れるとともに、各層間の密着性及び伸びの均一性に優れる半導体部品等のダイシング工程に使用するのに適したポリオレフィン系積層フィルム及び該フィルムからなる粘着フィルムの提供。
【構成】引張弾性率が900MPa以下であり、かつ引張降伏伸びが10%以上であるポリオレフィン系基材フィルムの片面に、窒素原子−ホウ素原子錯体構造の電荷移動型ボロンポリマー及びアクリル系樹脂を含有する帯電防止層(a)並びにアクリル樹脂を主成分とする接着層(b)をこの順に有するポリオレフィン系積層フィルム及び該ポリオレフィン系積層フィルムの接着層(b)の上に、アクリル系粘着剤を含有する粘着剤層(d)が形成されてなる半導体製造用粘着フィルム。
(もっと読む)


【目的】 工業用の粘着フィルム、各種部品等への貼り付けを目的とするラベル、ステッカーやマーキングフィルム等の装飾用粘着フィルム、住宅等の建築物の内外装材や、家電製品等の表面化粧材用として使用されるフィルム等に好適に用いられる難燃性に優れるポリオレフィン系樹脂フィルムの提供。
【構成】 メルトフローレートが8〜20g/10分のポリオレフィン系樹脂にNOR型ヒンダードアミン系化合物を配合してなるフィルムであって、該フィルム中のNOR型ヒンダードアミン系化合物の含有量が0.5〜3重量%であるポリオレフィン系樹脂フィルム。
(もっと読む)


【課題】 熱融着可能な不織布の相互にオーバラップして重なる接合縁部同士を均一にしかも確実に熱融着させることができる不織布用熱融着装置を提供する。
【解決手段】 熱融着可能な不織布の接合縁部の接合面間に挿入された熱風ヘッド5が接合縁部の長手方向に沿って移動しつつその移動方向後方へ向けて熱風噴出孔5aから熱風を噴出し、この熱風が吹き付けられた接合面を熱風ヘッド5の後方に配置された上側加圧ローラ1および下側加圧ローラ3が加圧することにより、不織布の接合縁部同士が熱融着される。熱風ヘッド5はその上下に付設されたガイドピン5b,5cにより接合面に対して非接触状態に保持されているため、熱損失が抑制されて高温の熱風を熱風噴出孔から噴出する。熱風噴出孔は接合面の幅方向に沿う列状に配列されて複数開口されているため、高温の熱風が接合面の幅方向に均一に噴出される。 (もっと読む)


【課題】 簡単な装置で安価に大量生産でき、しかも従来の成形体と比較しても同等の良好な形状保持能力と繰り返し曲げに対する耐久性を有する、常温で塑性変形可能な樹脂組成物とその成形体、特に使用後自然環境に放置される状況があっても微生物などにより分解され、環境に対する負荷を低減することができる樹脂組成物とその成形体を提供する。
【解決手段】 ポリ乳酸系樹脂(A)と引張破断伸びが200%以上である生分解性を有する熱可塑性樹脂(B)を含み、A:Bの比率が90:10〜35:65である、常温塑性変形性樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】 可塑剤のブリードも無く外観に優れ、且つ機械強度に優れる柔軟な樹脂組成物、好ましくは更に生分解性、易焼却性といった好ましい性質を有する樹脂組成物を提供する。
【解決手段】 (A)脂肪族−芳香族共重合ポリエステル系樹脂、(B)ポリ乳酸系樹脂または脂肪族ポリエステル系樹脂、及び(A)+(B)の合計量100重量部に対して、(C)芳香族カルボン酸成分及び脂肪族アルコール成分を有するエステル系可塑剤を10〜150重量部配合してなる樹脂組成物。 (もっと読む)


【目的】 医療用や工業用の粘着フィルム、看板や各種部品等への貼り付けを目的とするステッカーやマーキングフィルム等の装飾用フィルム及び住宅等の建築物の内外装材や、家具什器類や家電製品等の表面化粧材用として使用される化粧シートに好適に用いられる、熱接着により被着体に容易かつ強固に接着することができる積層体の提供。
【構成】 少なくとも、ポリオレフィン樹脂層A、接着性ポリオレフィン樹脂を含む樹脂層B及びポリカーボネートポリウレタン樹脂を主成分とするポリウレタン樹脂層Cをこの順に有する積層体。
(もっと読む)


【目的】 医療用や工業用の粘着フィルム、看板や各種部品等への貼り付けを目的とするステッカーやマーキングフィルム等の装飾用フィルム及び住宅等の建築物の内外装材や、家具什器類や家電製品等の表面化粧材用に使用される化粧シートに好適に用いられる、熱接着により被着体に容易かつ強固に接着することができる積層体の提供。
【構成】 少なくとも、ポリオレフィン樹脂基材層A、ポリエステルポリウレタン樹脂を含む印刷層B及びポリカーボネートポリウレタン樹脂を主成分とするポリウレタン樹脂層Cをこの順に有する積層体。
(もっと読む)


【課題】べたつきの問題がなく、耐折り曲げ性に優れ、しかも透明性に優れたテーブルマットを提供する。
【解決手段】軟質ポリ塩化ビニル系樹脂シートの片面又は両面に、平均粒径が1〜30μmの(メタ)アクリル系樹脂粒子を0.3〜10重量%含有する厚さ5〜30μmのアクリル系樹脂層を形成してなるテーブルマット。軟質ポリ塩化ビニル系樹脂シートの表面に特定の平均粒径の粒子を含む特定厚さのアクリル系樹脂層が形成されているため、表面の摩擦係数が小さく、テーブルに対するべたつきの問題がない。アクリル系樹脂層に含有される粒子は、マトリックスであるアクリル系樹脂と可視光線の屈折率及び比重が同等の(メタ)アクリル系樹脂粒子であるため、マトリックス樹脂との屈折率差による透明性の低下、マトリックス樹脂との分離による透明性の低下の問題もない。 (もっと読む)


【目的】 耐金型汚染性に優れ、発泡ウレタンとの接着性が良好な粉体成形用塩化ビニル系樹脂組成物を提供。
【構成】 塩化ビニル系樹脂に可塑剤をドライブレンドして得られる粉体成形用の樹脂組成物であって、該組成物中に過塩素酸バリウム、過塩素酸ナトリウム及び過塩素酸処理ハイドロタルサイトから選択される少なくとも一種並びにホワイトカーボンを含有せしめたことを特徴とする粉体成形用塩化ビニル系樹脂組成物。 (もっと読む)


21 - 29 / 29