住友電装株式会社により出願された特許

101 - 110 / 6,135


【課題】簡易な構成でインバータ装置の小型化を可能にすることができるインバータ装置用コネクタを提供する。
【解決手段】 本発明のインバータ装置用コネクタ1は、パワーケーブルCに設けられたオス端子部2bが挿入される、インバータ装置Iの出力端子に繋がるメス端子部11と、メス端子部11に流れる電流を検出する電流検出部13と、オス端子部2bが挿入可能にメス端子部11と電流検出部13とを内部に収容し、インバータ装置Iの外側面に固定される筐体10とを備えている。 (もっと読む)


【課題】簡易な方法により接続可能な電圧検知端子の接続構造を提供する。
【解決手段】電極端子20に接続されて単電池11の電圧を検知する電圧検知端子の接続構造において、単電池群10には、単電池11の並び方向に沿って配置されるとともに、単電池11の並び方向に延びて配される導電路32Bが形成された本体部31を有するFPC30が配される。FPC30には、電圧検知端子38と、導電路32Bの一方の端末から連なり電圧検知端子38に接続される検知用導電路34とを有するとともに、本体部31から一体的に延出された延出片36が設けられている。延出片36は、単電池11の並び方向に延びる形状をなすとともに、電圧検知端子38が電極端子20と電気的に接続されている。 (もっと読む)


【課題】作業板部の移動スペースをなるべく小さくすることを目的とする。
【解決手段】組立作業用コンベア装置は、走行可能な走行台車42と、走行台車44に搭載された作業板部60とを有する作業台車40と、作業台車42を長円形走行経路に沿って移動させる走行駆動部とを備える。作業板部60を走行台車42に対して反転可能に支持され、作業台車40は、走行台車42が半円状経路に沿って移動する際に、作業板部60を反転させる反転駆動機構部70を備える。 (もっと読む)


【課題】隣り合ったリードフレーム同士の間隔を狭く設定することが可能であり、回路基板が有する多様なリード接続部の配置パターンに対して実装可能なリードフレームを備える光電変換モジュールの提供。
【解決手段】本発明の光電変換モジュール2は、光電変換素子51を含む電気回路部品5を内部で保持するパッケージ部31と、一端がパッケージ部31内において電気回路部品5と電気的に接続され、他端がパッケージ部31内から一方向に沿って外側へ延びる複数の第1リードフレーム41と、一端がパッケージ部31内において電気回路部品5と電気的に接続され、他端がパッケージ部3内から第1リードフレーム41と逆方向に沿って外側へ延びつつ、途中で曲がって第1リードフレーム41と同じ方向に沿って延びる複数の第2リードフレーム42と、を備える。 (もっと読む)


【課題】部品点数を減らすとともに接続作業を簡素化した回路構成体を提供する。
【解決手段】回路構成体20は、複数のバスバー32,33および複数のバスバー32,33に積層される回路基板31を一体化してなるバスバー基板30と、バスバー基板30が重ねられる導電性材料からなるヒートシンク28と、を備える。バスバー基板30のヒートシンク28に重ねられる側の面30Bにおいては、バスバー32,33が露出しており、複数のバスバー32,33のうち、グランド接続用のバスバー32は、少なくとも一部がヒートシンク28に直接接触するように配される一方、グランド接続用のバスバー32以外の他のバスバー33は、絶縁性および伝熱性を有する絶縁伝熱部材29を介してヒートシンク28に重ねられている。 (もっと読む)


【課題】単電池群への組み付け作業性を向上させることが可能な配線モジュールを提供する。
【解決手段】連結部材26は、当該連結部材26における並び方向の一端側に設けられて並び方向に突出する連結突片46,47と、連結部材26における並び方向の他端側に設けられて隣り合う連結部材26の連結突片46,47が挿通される連結挿通部36とを備えており、連結突片46,47は、連結挿通部36に挿通された状態で、単電池群13への組み付け方向における連結挿通部36との間にクリアランスCLを形成する切欠部49を有し、所定のクリアランスCLにより樹脂プロテクタ25における単電池群13への組み付け方向とは反対側への撓み変形が許容される。 (もっと読む)


【課題】電流センサやバスバを別途組み込む工程が不要で、コンバータなどの容積や重量を増加させることがないリアクトルを提供する。
【解決手段】相互に対向して並列配置され、各々に巻線が巻回されたコイルを備えた一対のセンターコアと、一対のセンターコアの両端に、相互に対向して並列配置された一対のサイドコアとを備えており、センターコアの一端とサイドコアとの間に設けられたギャップに、コイルを流れる電流を検出する電流センサが設けられているリアクトル。 (もっと読む)


【課題】グロメットがワイヤハーネスの電線に巻かれる場合に、グロメットの種類を増やすことなく、太さの異なる電線に対して過不足のない長さでグロメットを巻くことができること。
【解決手段】グロメット1は、可撓性を有し、電線の周囲に巻かれる部材であり、一連の帯状部10及び複数の起立部20を備える。帯状部10は、帯状に形成された部分であり、当該部分をその長手方向において並ぶ複数の区画部11に区分する複数の切り目12が形成された部分である。複数の起立部20は、帯状部10の両側方の縁から起立し、少なくとも区画部11ごとに分離して形成されている。 (もっと読む)


【課題】止水構造を大きくすることなく、多芯ケーブルにおける外被覆の端末を安価な手段によって確実にシールする。
【解決手段】複数の電線41を一括して束ねて外被覆42で覆った多芯ケーブル40の端末に装着され、充電用コネクタ10を構成する後側ハウジング21内に収容されたシール部材50であって、ゴム栓51と、このゴム栓に外嵌するキャップ52とを備えており、ゴム栓51には、外被覆42に弾性的に密着するケーブルシール部53が形成されており、ケーブルシール部53は、複数の電線41の外周面に個別にかつ弾性的に密着する電線シール部54を有しているところに特徴を有する。 (もっと読む)


【課題】任意な形態で電線同士を圧接ジョイント端子を用いて接続できるジョイントコネクタを提供する。
【解決手段】上面開口のハウジングに、2本の電線挿通溝を隔壁を挟んで平行に設けていると共に該隔壁の長さ方向の中心部を切り欠いて連通させ、この連通位置に引掛用ピンを突設し、前記電線挿通溝の長さ方向の一端側または両端から挿入する電線を前記引掛用ピンでUターンさせる構成とした一組の電線ガイドを設け、該電線ガイドを並列に複数組設け、前記各組の仕切壁および前記隔壁には前記引掛用ピンを挟む長さ方向の両側位置に圧接刃挿入用の切込を設け、該切込に圧接端子を押し込んで、前記並列する複数組の電線挿通溝に挿通する電線の絶縁被覆を前記圧接端子の圧接刃で切り込んで圧接接続する構成としている。 (もっと読む)


101 - 110 / 6,135