住友電装株式会社により出願された特許

11 - 20 / 6,135



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187

【課題】変色を抑制すること。
【解決手段】変色抑制絶縁被覆用コンパウンドは、被覆電線の被覆部を形成するための化合物である。変色抑制絶縁被覆用コンパウンドは、(a)オレフィン系樹脂100重量部、(b)金属水酸化物70〜160重量部、(c)フェノール系酸化防止剤1〜3重量部、を含み、(d)銅害防止剤として、(d1)3‐(N‐サリチロイル)アミノ‐1,2,4‐トリアゾール、又は(d2)ペンタエリスリトールテトラキス[3‐(3,5,ジ‐t‐ブチル‐4‐ヒドロキシフェニル)プロピオネート]が添加されてなる。 (もっと読む)


【課題】ダイオードの位置ずれを防止する。
【解決手段】ダイオード30は、互いに隣接する第1、第2端子板13,14に接続される。ダイオード30の本体部31は、第1端子板13に形成された第1位置決め部15に位置決めされた状態で嵌め込まれ、第1位置決め部15内に供給された半田40によって第1位置決め部15に固定される。ダイオード30のリード部32は、第2端子板14に形成された第2位置決め部16に位置決めされた状態で嵌め込まれ、第2位置決め部16内に供給された半田40によって第2位置決め部16に固定される。 (もっと読む)


【課題】ワイヤーハーネスのサイズ差になるべく影響されずにより簡易に経路維持性能を確保すること。
【解決手段】経路維持ワイヤーハーネスの製造方法は、(a)ワイヤーハーネス1a、1bを不織材料5で覆う工程と、(b)不織材料5をホットプレスして、ワイヤーハーネス1a、1bの外周部を被覆する被覆部と、被覆部の外周部から外周側に張り出してワイヤーハーネス1a、1bの延在方向に沿って延在するリブとを有する経路維持部を形成する工程とを備え、工程(b)では、ワイヤーハーネス1a、1bのサイズが異なる場合でも、同形状の金型80でホットプレスする。 (もっと読む)


【課題】自身の小型化を実現した上でケーブルの端末の余長部を確実に収容できるコネクタハウジングを提供する。
【解決手段】複数本の被覆電線11の回りをシース12で覆った構造であり、かつシース12が皮剥ぎされることで露出された各被覆電線11の端末に端子金具15が接続された処理が施されたケーブル10の端末に設けられるコネクタハウジング20であって、被覆電線11の端末に接続された端子金具15を収容する端子収容部22が並んで設けられたインナハウジング21と、このインナハウジング21の後方に扁平な形態で一体的に延出形成され、露出された各被覆電線11が波形に屈曲されつつ表裏の面に交互に這うように装着される装着部材30と、インナハウジング21が収容されかつ相手ハウジングが嵌合可能なコネクタ部42と、装着部材30が収容される収容室50とが設けられたアウタハウジング40と、が備えられている。 (もっと読む)


【課題】嵌合・離脱方向における小型化を図る。
【解決手段】コネクタAは、第1ハウジング10の外側面12に形成された操作部13と、操作部13を構成し、第1ハウジング10を第2ハウジング40に向かって押す操作が可能な嵌合用指当て部14,15と、操作部13を構成し、第1ハウジング10を第2ハウジング40から引き離す操作が可能であって、嵌合用指当て部14,15との位置関係が両ハウジング10,40の嵌合・離脱方向と交差する上下方向へ位置ずれし、且つ嵌合・離脱方向において重なるように配置された離脱用指当て部27とを備える。 (もっと読む)


【課題】スイッチング用のパルス信号の周波数を拡散させ、周波数を拡散させることによるリップル電圧の増加を抑制するできるスイッチング電源回路の提供。
【解決手段】定電圧を印加した第1抵抗R2を通流する電流値に応じた周波数により、スイッチング素子1がスイッチングして電圧変換するスイッチング電源回路。第1抵抗R2の一端及び接地端子間に接続され、第2抵抗、結合コンデンサ及び電圧制御コンデンサからなる直列回路(5)と、スイッチング素子1に直列接続された第3抵抗R1の両端電圧を変換して整流する電圧変換整流回路3,4と、その整流した直流電圧で電圧制御コンデンサを充電する充電抵抗(5)と、前記直流電圧を電源として与えられ、直流電圧の分圧が非反転入力端子に、電圧制御コンデンサ(5)の端子電圧が反転入力端子に印加され、出力が各抵抗を通じて両入力端子に与えられる演算増幅器(5)とを備えている。 (もっと読む)


【課題】ケーブル状の感圧センサの抵抗値を下げて感度を高めると共に、簡単な構成として細線化を図る。
【解決手段】中心導体と、該中心導体の外周面に配置されると共に部分的にあけた隙間から中心導体を露出させる絶縁材と、該絶縁材の外周面に外嵌して前記中心導体の外周面に絶縁空間となる空隙をあけて配置する導電性ゴムチューブと、該導電性ゴムチューブの全外周面に接触配置する可撓性を有する金属被覆材を備え、該金属被覆材にリード線を接続し、外圧が付加された部位の前記金属被覆材と導電性ゴムチューブが撓み変形すると、前記絶縁材の隙間を通して中心導体と導電性ゴムチューブが接触し、該導電性ゴムチューブを介して前記中心導体と金属被覆材が通電される構成としている。 (もっと読む)


11 - 20 / 6,135