説明

信越ポリマー株式会社により出願された特許

1,071 - 1,080 / 1,394


【課題】 必要な接着耐久性、耐熱性、耐湿性、耐候性等を得ることができ、しかも、第一、第二の極板間の隙間を適切に確保したり、優れた保存性と硬化性により生産性を向上させ、電解質溶液の漏洩を抑制できる色素増感型太陽電池を提供する。
【解決手段】 第一、第二の極板1・1Aを相対向させてその狭い間に電解質溶液10を2液分別塗布型のシール材20を介して充填封止する。シール材20は、第一、第二の極板1・1Aの対向面周縁部に、溶媒により希釈された二種類の組成物(A)、(B)溶液が各々塗布された後に溶媒が揮発され、さらに貼り合わされることにより硬化して第一、第二の極板1・1Aをシリコーン樹脂21・21Aを介し硬化接着し、電解質溶液10をシールする。 (もっと読む)


【課題】鉛を用いなくても放射線遮蔽能に十分優れた放射線遮蔽シートであって、主面の面積が大きなシート状に加工し、更に取り扱うのに十分適した放射線遮蔽シートを提供する
【解決手段】硫酸バリウムと、その硫酸バリウムのバインダーである熱可塑性樹脂及び/又は熱可塑性エラストマーとを含む放射線遮蔽に用いられるシートであって、硫酸バリウムを75質量%以上含有し、硬さがショアA硬さで95以下であり、密度が2.5g/cm以上であり、引張破壊伸びが20%以上である放射線遮蔽用シート。 (もっと読む)


【課題】 電気ノイズの発生を抑制することができ、加工性、放熱性、柔軟性を向上させることのできる効率的で安価な絶縁性熱伝導樹脂及びその製造方法を提供する。
【解決手段】 高分子マトリクス中に絶縁性充填剤を分散させた絶縁性熱伝導樹脂であって、高分子マトリクスを第一、第二の樹脂として第一の樹脂の溶融温度よりも第二の樹脂の溶融温度を50〜150℃高くし、第一、第二の樹脂を同時に混合した後に絶縁性充填剤と混合して成形する。溶融温度差のある粉状の第一、第二の樹脂を所定の割合で混合するので、効率的であり、誘電率を低くして電気ノイズの発生を低減することができ、しかも、割れにくく容易に損傷しない絶縁性熱伝導樹脂を得ることができる。 (もっと読む)


【課題】表示画面の手前側からの視認性を損なうことなく、左右側および向かい側からの覗き見を防止できる覗き見防止体を提供する。
【解決手段】光透過帯11と遮光帯12とが交互に配されている第1のルーバー層10と、光透過帯21と遮光帯22とが交互に配されている第2のルーバー層20が厚さ方向に積層されており、第1のルーバー層10の遮光帯12の長さ方向と第2のルーバー層20の遮光帯22の長さ方向とが直交しており、第2のルーバー層20における遮光帯22が、第2のルーバー層20の表面に対して斜傾している覗き見防止体1。 (もっと読む)


【課題】導電性、熱安定性、膜強度のいずれもが優れた導電性塗膜を形成できる上に、π共役系導電性高分子の溶媒溶解性に優れた導電性高分子溶液を提供する。また、導電性、熱安定性、膜強度のいずれもが優れた導電性塗膜を提供する。
【解決手段】本発明の導電性高分子溶液は、π共役系導電性高分子と、ポリアニオンと、アクリルアミド基及び/又はメタクリルアミド基を1つ以上有する(メタ)アクリルアミド化合物と、溶媒とを含有する。本発明の導電性塗膜は、上述した導電性高分子溶液が塗布され、(メタ)アクリルアミド化合物が重合されて形成されたものである。 (もっと読む)


【課題】1つの押釦スイッチ部材に複数の表示を行うことが可能でありながら、表示する内容を選択可能とし、操作する者にとって、表示内容の認識が容易な押釦スイッチ部材およびその製造方法の提供を目的とする。
【解決手段】透明な樹脂製のキートップ基体5と、キートップ基体5の天面に、第1の光低透過層62が除去された部分により形成される少なくとも2箇所の表示部と、第1の光低透過層62および各表示部のうち少なくとも1つを除いた1つ以上の表示部を被覆する第2の光低透過層64とを有る押釦スイッチ部材2とする。 (もっと読む)


【課題】可溶化高分子存在下で化学酸化重合することによりπ共役系導電性高分子を得た場合でも、導電性に優れた塗膜を形成できる導電性高分子溶液を提供する。また、導電性に優れた導電性塗膜を提供する。
【解決手段】本発明の導電性高分子溶液は、π共役系導電性高分子と、可溶化高分子と、下記化学式(I)で表されるチオジアルコール化合物と、溶媒とを含有する(化学式(I)において、m,nはそれぞれ独立して1以上の整数を表す。)。本発明の導電性塗膜は、上述した導電性高分子溶液が塗布されて形成されたものである。
[化1]
(もっと読む)


【課題】 落下時の衝撃を有効に吸収する。
【解決手段】 半導体ウェーハ等の精密基板を収納する精密基板収納容器を包装体に梱包する際に、精密基板収納容器の上部または下部に配置される梱包用緩衝体2であって、この梱包用緩衝体2が、梱包時に精密基板収納容器の上面または下面を覆う底部21と、この底部21の外周縁から立ち上がって隆起する外周壁22と、この外周壁22の上面および下面に設けられるベローズ23と、底部21から、外周壁22の隆起方向とは反対側の方向に突出する複数の突出部24とを備え、これら突出部24の座屈強度が異なることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 被保持物品の破損防止や必要な剛性を確保することができ、製造ラインに新たな設備や工程を設ける必要がなく、作業時間の短縮やコスト削減を図ることのできる吸着治具を提供する。
【解決手段】 剛性を有する板体1の表面に凹み穴2を形成し、凹み穴2を弾性変形可能な保持層4により被覆し、保持層4の表面に、バックグラインドされた口径300mmの薄い半導体ウェーハWを着脱自在に粘着保持するものであって、板体1に穿孔されて保持層4に被覆された凹み穴2内の空気を外部に導く排気路5と、凹み穴2の底面に配設されて保持層4を接着支持する複数の支持突起3と、板体1と保持層4とに連通状態に穿孔されて保持層4と半導体ウェーハWとの間に空気を給排する給排路7とを備える。 (もっと読む)


【課題】表示画面の視認性を確保しつつ、側方からの覗き見を防止することができるとともに、装飾性をも備えた覗き見防止体を提供する。
【解決手段】光透過帯11と遮光帯12とが交互に配されているルーバー層10と、ルーバー層10の視認側に設けられた透明樹脂層13を備えており、ルーバー層10と透明樹脂層13との間に、染料により着色されている加飾層20を有することを特徴とする覗き見防止体1。 (もっと読む)


1,071 - 1,080 / 1,394