説明

信越ポリマー株式会社により出願された特許

161 - 170 / 1,394


【課題】保護層に被覆された出荷段階の電極パターンの電気的特性を適切に検査できる静電センサシート及びその製造方法を提供する。
【解決手段】絶縁性の基材フィルム層1と、基材フィルム層1の表面に複数の電極パターン11と導電引回しライン12とが形成される導電層10と、導電層10を被覆する絶縁性の保護カバー層20とを備え、製品形態に抜き加工された後に保護カバー層20に被覆された導電層10の電極パターン11の電気的特性が検査される静電センサシートであり、導電層10の各電極パターン11の周縁部外周に検査端子30を一体形成し、保護カバー層20に、各検査端子30に連通する複数の検査孔40を穿孔する。電極パターン11と一体の検査端子30にプローブの探針を保護カバー層20の検査孔40を介して接触させ、電極パターン11の電気的特性を検査・評価するので、出荷段階の電極パターン11の電気的特性が最終的に良好か否かを適切、かつ正確に検査できる。 (もっと読む)


【課題】
画像を高品質に表示でき、透明性に優れ、被着体との一体成形に適した加飾シートおよびそれを備える成形体を提供する。
【解決手段】
本発明は、厚さ50〜150μmの透明な樹脂製のカバーシート10と、疎水性の樹脂から成る厚さ12〜100μmの熱溶着性樹脂シート21の加飾エリア22の内部に、体積換算にて平均粒径0.5μm以下の粒子から成る顔料23を、熱溶着性樹脂シート21の厚さ方向の全ての位置に存在させるように分散した加飾接着シート20と、厚さ75〜500μmの樹脂製のバックアップシート30とをその順に積層して成る加飾シート1に関する。 (もっと読む)


【課題】皺の発生又は皺立ち等の歪みの実質的にないチューブを有するチューブ被覆管体を製造できるチューブ被覆管体の製造方法を提供すること。
【解決手段】管状基体の外周面にチューブ5が配置されたチューブ被覆管体を、管状の固定筒11内で半径方向外側に拡径させたチューブ5の内部に管状基体を挿入して、製造するチューブ被覆管体の製造方法であって、チューブ5の両端部それぞれを、その周方向に部分的に固定筒11の内周面に圧接すると共に、チューブ5の両端部それぞれの周方向に一巡するように固定筒11に圧接して、チューブ5を固定筒11に固定する工程を有することを特徴とするチューブ被覆管体の製造方法。 (もっと読む)


【課題】基材の収縮や変形、および変色が抑えられたセンサーシートおよびその製造方法を提供すること。
【解決手段】熱可塑性樹脂からなる平坦なフィルム状のベースフィルム10と、溶質として光透過性導電ポリマーを含有するとともに溶媒中に増粘剤を含有する溶液が固化してなり前記基材の表面に固定された透明電極20と、を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】導電パターンを簡便に形成できる上に得られる導電パターン形成基板は印刷や組み立てにおいて位置ずれしにくい導電パターン形成基板の製造方法を提供する。
【解決手段】本発明の導電パターン形成基板の製造方法は、透明絶縁基板上に設けられた透明導電層に、パルス状レーザ光を、導電パターン12が得られるように移動させながら照射する導電パターン形成工程と、前記透明導電層に、単位長さあたりのレーザ光照射熱量が導電パターン形成工程よりも大きいパルス状レーザ光を、位置決め用目印(外形線14a、位置決めマーク14b)が得られるように移動させながら照射する位置決め用目印形成工程とを有する。 (もっと読む)


【課題】粘着保持された薄板状物を容易に取り外すことのできる保持治具の提供。
【解決手段】粘着部14を含む粘着領域11、及び、粘着領域11を囲繞する周縁粘着不能部12を有する粘着性シート5と、粘着性シート5を載置すると共に粘着部14が没入する空隙部23を有する基体6とを備え、粘着領域11及び周縁粘着不能部12の上に配置された薄板状物9と空隙部23に没入した粘着部14とで形成される創成空間25が開放空間になることを特徴とする保持治具1。 (もっと読む)


【課題】金属のマイグレーションによる絶縁破壊が生じず、製造時の寸法変化が防止され、絶縁パターンが視認不能な導電パターン形成基板を提供する。
【解決手段】本発明の導電パターン形成基板10は、画像に重ねられて使用されるものであって、透明絶縁基板の片面に、透明絶縁材料と該透明絶縁材料内に2次元ネットワーク状に配置された導電性繊維とを含む透明導電膜を備え、前記透明導電膜には、絶縁ラインBから構成された絶縁パターン13が形成されて所定の導電パターンが設けられ、絶縁ラインBは、前記導電性繊維の少なくとも一部が除去されて絶縁化されており、前記導電パターンは、画像上に配置される表示領域αと、外部引き回し配線が直接接続される端子領域βとが設けられている。 (もっと読む)


【課題】薄いシリコン基板を製品率を確保して提供する。
【解決手段】レーザ光源160、集光レンズ170、収差調整板180から基板10にレーザ光190を集光し、レーザ光190と基板10を相対的に移動させて、基板10に内部改質層14を形成し、内部改質層14は、基板10の表面から所定の深さの範囲に多結晶シリコンの多結晶粒を有してなり、当該内部改質層14は、基板10の深さ方向に非対称な構造を有する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、透明導電膜が導電性繊維を含むものであるにもかかわらず、引き回し配線の配線抵抗を小さくできる導電パターン形成基板を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明の導電パターン形成基板は、第1の導電パターンPと第2の導電パターンPとが設けられ、第1の導電パターンPは、透明導電膜の、透明絶縁材料内の導電性繊維が除去され、導電性繊維が存在していた部分に空隙が形成された第1の絶縁ラインBにより構成された第1の絶縁パターン14aによって設けられ、第2の導電パターンPは、透明導電膜と金属膜が除去されて形成された第2の絶縁ラインBにより構成された第2の絶縁パターン14bによって設けられている。 (もっと読む)


【課題】目視や画像認識装置により容易に識別できる位置合わせ基準マークとなる絶縁パターンを簡便に形成できる導電パターン形成基板の製造方法を提供する。
【解決手段】本発明の導電パターン形成基板の製造方法は、絶縁基板上に設けられた透明導電層にパルス状レーザ光を所定パターンで照射することにより絶縁部を形成して、少なくとも導電パターンを形成する導電パターン形成工程と、前記絶縁部の一部にパルス状レーザ光を再照射する再照射工程とを有する。 (もっと読む)


161 - 170 / 1,394