説明

信越ポリマー株式会社により出願された特許

321 - 330 / 1,394


【課題】 落下衝撃等によっても外れない施錠機構を備えた基板収納容器を提供する。
【解決手段】 開口を有し、収納する基板を支持する棚状支持部を備えた容器本体と、容器本体の開口をシール可能に閉鎖する蓋体とを有する基板収納容器であって、基板収納容器には容器本体と蓋体とを係合させるための施錠機構が備えられていて、該施錠機構は、外部から操作可能な被操作部と、被操作部の動きに連動して、係合凹部に嵌入される係止部材を備えたラッチバーとを有し、係合凹部には、つば部を備えた第一の嵌合部が形成され、係止部材には、第二の嵌合部が形成されていて、第一の嵌合部と第二の嵌合部とが嵌合することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 接着層に粘着した粘着テープを剥離する場合に半導体ウェーハにクラックが生じるのを防ぐことのできる半導体ウェーハの取り扱い方法を提供する。
【解決手段】 微粘着性の粘着シート11と、半導体用サポート板に接着層3を介して接着され、周縁部4以外の領域に複数のチップ5を備えた半導体ウェーハ1とを含み、粘着シート11に半導体ウェーハ1のチップ5を対向させて粘着し、半導体ウェーハ1から半導体用サポート板を剥離し、半導体ウェーハ1の残留した接着層3に粘着テープ12を粘着して剥離することで、接着層3を除去する取り扱い方法で、接着層3をその略中央部で一対の小接着層3a・3bに分割し、この一対の小接着層3a・3bに粘着テープ12を順次粘着して剥離操作することにより、接着層3をその略中央部から段階的に剥離する。 (もっと読む)


【課題】導電パターンが視認されにくく、かつ、絶縁部を確実に絶縁させて安定した電気的性能を得ることができる透明導電膜を提供する。
【解決手段】本発明の透明導電膜は、絶縁性を有する透明基体と、導電性を有する金属からなり透明基体内に配設された網状部材とを備え、前記透明基体には、前記網状部材が配置される導電部と、前記透明基体2が溶けることなく前記網状部材のみが除去されて形成された空隙5が配置される絶縁部Iと、が設けられる。 (もっと読む)


【課題】基板の支持部との接触部を少なくできると共に、基板の撓みを小さくできる基板収納容器を提供する。
【解決手段】開口を通して基板を収納する容器本体と、この容器本体の前記開口を閉鎖する蓋体と、蓋体に設けられるフロントリテーナとを備え、前記容器本体の開口側から観た場合の左右内壁面に一対の支持部が対向配置されている基板収納容器である。前記一対の支持部は、それぞれ前記容器本体の前記開口側と奥側において、収納された前記基板の周辺と当接する接触部分を有し、平面的に観て前記基板の収納方向に対する、前記一対の支持部の開口側の前記接触部分と収納された前記基板の中心を結ぶ線の角度をθ1とした場合、次式(1)の関係を有する。
70°≧θ1>θ0+10° …… (1)
ここで、前記θ0は、前記θ1を小さくなる方向に変化させた際に、前記基板の開口側の周縁が重力の方向への撓みから前記方向と反対側に撓み始める角度とする。 (もっと読む)


【課題】携帯電話などの情報機器に組み込まれるキーパッドにおいて、コア層内を進行する光の部分的な減衰を抑制してキートップにおける輝度の均一性を改善する。
【解決手段】キーパッド5は、光を面方向に透過させて導光するコア層6を有している。コア層6の一方の面にキートップ7が設けられるとともに、このキートップ7に対応してコア層6の他方の面に拡散層9がスイッチ13に対向するように形成されている。コア層6の他方の面には、第1反射層11が拡散層9を被覆するように設けられている。これにより、拡散層9に入射した光が第1反射層11で反射される。その結果、コア層6内を進行する光の部分的な減衰を抑制し、キートップ7における輝度の均一性を改善することができる。 (もっと読む)


【課題】タッチパネルをポインティングデバイスとして汎用のドライバに使用したり、ベクトル入力を実現できる抵抗膜式ポインティングデバイスを提供する。
【解決手段】可撓性を有する上部電極層2と下部電極層5とが隙間を介して接離可能に対向する圧力感応型で抵抗膜式のタッチパネル1と、このタッチパネル1の上部電極層2に搭載され、押圧操作されることにより上部電極層2を下部電極層5に圧接する操作キー10とを備える。操作キー10の一部である支持台座11を押圧操作される場合に変形させ、操作キー10の上部電極層2に対する接触面積を増減する。専用のプリント配線板等を何ら使用することなく、ポインティングデバイスとして汎用のドライバに安価に使用したり、ベクトル入力を容易に実現することができる。 (もっと読む)


【課題】燃料電池用セパレータに優れた電気的性質や機械的性質、リン酸に対する高い耐腐食性、及び耐熱性を簡易に付与することのできる燃料電池用セパレータの製造方法及び燃料電池用セパレータを提供する。
【解決手段】成形材料を使用した成形法により曲げ強度が40MPa以上、電気的性質が体積抵抗値で10mΩ・cm以下の燃料電池用セパレータを製造する製法であり、成形材料を、少なくともポリフェニルサルホン樹脂と炭素系の導電性材料とにより調製し、ポリフェニルサルホン樹脂の組成体積比率を10〜40体積%以下とするとともに、導電性材料の組成体積比率を60〜90体積%以下とする。成形材料としてポリフェニルサルホン樹脂を用い、このポリフェニルサルホン樹脂に炭素系の導電性材料を添加するので、リン酸に対する高い腐食性を確保できる。 (もっと読む)


【課題】携帯電話などの情報機器に組み込まれるキーパッドにおいて、コア層からキートップ側へ透過する光量を増やしてキートップの視認性を高める。
【解決手段】キーパッド5は、光を面方向に透過させて導光するコア層6を有している。コア層6の一方の面には、キートップ7がコア層6より屈折率の小さい接着層8を介して接着されている。コア層6の他方の面には、キートップ7に対応して拡散層9がスイッチ13に対向するように形成されている。コア層6と接着層8との間には、接着層8より屈折率の小さいクラッド層12が介在している。これにより、コア層6の表面における全反射の臨界角を小さくすることができる。その結果、コア層6からキートップ7側へ透過する光量が増大し、キートップ7の視認性が高まる。 (もっと読む)


【課題】加工の簡素化を図ることにより電気的接続の信頼性を向上させ、XYの配線パターン間に所定の厚さを確保することのできる静電容量センサを提供する。
【解決手段】絶縁性の基材2に複数のX電極ラインが所定のピッチで配列されたX配線パターン層1と、絶縁性の基材11に複数のY電極ラインが所定のピッチで配列されたY配線パターン層10とを備えた静電容量センサであり、X配線パターン層1とY配線パターン層10を積層接着してこれらの間には絶縁性のスペーサ層20を介在する。また、X配線パターン層1のX引き回しライン8とY配線パターン層10のY引き回しライン17を、少なくともヒートシールされる異方導電接着剤34を含有する導電接着手段30により集約する。 (もっと読む)


【課題】同一の位置に、少なくとも2つの表示パターンを表示できると共に、クリック感も良好とすること。
【解決手段】基板20と、基板20上に配置された複数のスイッチ素子30および点発光素子40と、基板に対向配置された導光板50と、を少なくとも有し、導光板50のうち、少なくとも複数のスイッチ素子30から選択される1つのスイッチ素子30に対向し、かつ、押釦領域S1、S2内において、導光板50の基板20が配置された側の面50B上に、開口部62を有する遮光層60が設けられ、導光板50の、内部、裏面50B、および、操作面50T、から選択される少なくともいずれかの部位に、コア層52を進行する光を操作面50T側へと反射および/または散乱させる表示パターン形成部56が設けられている押釦スイッチ用部材、ならびに、これを用いたキーパッドおよび電子機器。 (もっと読む)


321 - 330 / 1,394