説明

信越ポリマー株式会社により出願された特許

381 - 390 / 1,394


【課題】 容器本体の取付機構に対する搬送部品の取付作業の作業性を向上させ、取付機構から搬送部品が外れ易くなるおそれを排除し、取付機構や搬送部品に洗浄水等の液体が残存するのを抑制できる基板収納容器を提供する。
【解決手段】 半導体ウェーハ収納用の容器本体1の天井2に取付機構20を設け、取付機構20に搬送部品30であるロボティックフランジ31を着脱自在に装着する基板収納容器であり、取付機構20は、天井2に対設される複数対の支持レール21と、天井2に設けられる複数のガイド片23と、各ガイド片23に形成される干渉係合部24とを備え、ガイド片23と干渉係合部24を組み合わせてその前部を二股部25に形成する。また、搬送部品30は、複数対の支持レール21間に支持される部品本体32を備え、部品本体32に、流体用の流通口36を穿孔するとともに、二股部25に干渉する弾性変形可能な弾性係合片35を内蔵する。 (もっと読む)


【課題】携帯電話などの情報機器に組み込まれるキーパッドにおいて、キー押圧力の伝達性の確保と良好なクリック感の実現とを両立させる。
【解決手段】コア層3の表裏両面にある一対のクラッド層4、5のうちスイッチ8側のクラッド層5には、コア層3より硬い補強板9が文字部6に対応する部位に設けられている。これにより、所望のクリック感を得ることができる程度に導光板2を軟らかくしても、キー押圧力をスイッチ8に確実に伝えることができる。したがって、キー押圧に際して、キー押圧力の伝達性を確保しつつ、クリック感を改善することができる。 (もっと読む)


【課題】鍔付管継手のシール性に優れ、鍔付管継手を有する管同士を液密状態に接続することのできる鍔付管継手用シールパッキン材及び管の接続方法を提供すること。
【解決手段】自己接着性シリコーンゴム組成物を成形して成る鍔付管継手用シールパッキン材2、並びに、鍔付管継手13、23を有する管11、21を接続する方法であって、鍔付管継手13又は23を有する第1の管11及び第2の管21を鍔付管継手13及び23同士が対面するように配置し、鍔付管継手13及び23の間に自己接着性シリコーンゴム組成物を成形して成る鍔付管継手用シールパッキン材2を介挿し、鍔付管継手13及び23同士を締結具31で締結して鍔付管継手用シールパッキン材2を圧縮し、鍔付管継手用シールパッキン材2を硬化する管11及び21の接続方法。 (もっと読む)


【課題】 減圧環境下であっても変形を回避でき、収納された基板の信頼性ある保管を実現できる基板収納容器を提供することにある。
【解決手段】 ボトムプレートと、前記ボトムプレートに載置される基板収納カセットと、前記基板収納カセットを被って前記ボトムプレート上に配置されるシェルとを備える。前記シェルは、前記ボトムプレート側の一端が開口され、他端が閉じられた天面を有する円筒形状をなしている。前記天面は、外側に凸面となるドーム状の湾曲面となっているとともに、前記シェルの周側面とのコーナにR加工がなされている。前記ボトムプレートと前記シェルによって形成される容器内を真空環境から大気圧の環境に変化させた際に最大変形量が1mm以下となる。 (もっと読む)


【課題】所望のキートップの押圧操作が軽く、形状安定性を確保できるキーパッドを提供する。
【解決手段】キートップ11を1または複数有する光硬化性樹脂のキーシート10と、キーシート10の裏側に配置される弾性シート20と、を備え、キーシート10よりも剛性の高い枠部30が、キーシート10および弾性シート20の少なくともいずれか一方の一部または全部と接するように配置されるキーパッド2としている。 (もっと読む)


【課題】導電Xラインと導電Yラインの交差領域の光透過性が低下するのを防止する静電容量式のタッチパネルスイッチを提供する。
【解決手段】導電X軸2が並ぶXパターン群1と、導電Y軸11が並ぶYパターン群10を備え、Xパターン群1とYパターン群10を平面視で直交させるタッチパネルスイッチで、導電X軸2を、複数の導電Xパッド3と、一対の導電Xパッド3間を接続する複数の導電Xライン4から形成する。また、導電Y軸11を、複数の導電Yパッド12と、複数の導電Yパッド12間を接続する複数の導電Yライン13から形成する。Xパターン群1とYパターン群10が直交する場合に導電Xライン4と導電Yライン13が導電Xパッド3及び導電Yパッド12と略同様の光透過性を有する光透過領域30、すなわちメッシュ31を形成するので、導電Xライン4と導電Yライン13の交差領域の光透過性が低下して顕現することがない。 (もっと読む)


【課題】 簡易な構成で多機能を得ることができる静電容量検出スイッチ及び電子機器の制御方法を提供する。
【解決手段】 基板2の導電パターン3に、絶縁性を有する弾性変形可能な誘電操作体であるキーパッド5を実装し、このキーパッド5に指を接触させてキャパシタを形成し、静電容量の変化を検出する静電容量検出スイッチ1で、キーパッド5を、基板2の導電パターン3に実装される取付部6と、この取付部6から傾斜して起立する変形可能な脚部7と、この脚部7に形成されて基板2の導電パターン3に間隙をおいて接触可能に対向する被操作部8とから形成する。 (もっと読む)


【課題】最初の入力を軽いタッチで実現でき、次の入力の際には確実な入力感を与えることができ、設置面積の小スペース化を可能とする二段式押釦スイッチ部材を提供する。
【解決手段】第二スイッチ部材40の押し下げで最初の入力を実行し、次に第二スイッチ部材40からの押圧を受けた第一スイッチ部材30の押し下げで次の入力を実行する。第一スイッチ部材30は、坐屈可能な第一ドーム部32と、第一ドーム部32の内側に接続される第一押圧部33とを有し、第二スイッチ部材40は、第一ドーム部32の上方に配置される変形可能な第二ドーム部42と、第二ドーム部42の内側に接続される第二押圧部43と、第二押圧部43の押し込みで押し込み方向に可動な可動部45と、可動部45がそれ以上押し下げられなくなった後に、第二押圧部43から可動部45への押圧を低減し、第二押圧部43が第一押圧部33を押し下げ可能に変形する薄肉部44とを有する。 (もっと読む)


【課題】高温度処理プロセスを経てもキャパシタとしての特性変化が少ないような耐熱性を向上させたキャパシタとその製造方法を提供する。
【解決手段】弁金属の多孔質体からなる陽極と、陽極表面が酸化されて形成された誘電体層と、誘電体層表面に形成された固体電解質層とを具備するキャパシタにおいて、固体電解質層は、カチオン化された導電性高分子(a)と、ポリマーアニオン塩(b)、又はポリマーアニオン塩(b)及びアニオン塩(c)と、結合剤(d)と、糖類及び/または糖アルコール類からなる酸化阻害成分(e)と、を含み、固体電解質層は、導電性高分子(a)とポリマーアニオン塩(b)、又は導電性高分子(a)、ポリマーアニオン塩(b)及びアニオン塩(c)の総量100質量部に対して、10〜200質量部の結合剤(d)、50質量部以上の酸化阻害成分(e)を含む。 (もっと読む)


【課題】一次硬化体に付着した異物に起因する微細な凸部のない表面を有するシリコーンゴムローラの製造方法を提供すること。
【解決手段】軸体の外周面に形成されたシリコーンゴム層を備えてなるシリコーンゴムローラの製造方法であって、前記軸体の外周面に配置されたシリコーンゴム組成物を一次硬化してなる一次硬化体を除電ブローし、この一次硬化体を二次硬化して、前記シリコーンゴム層を形成することを特徴とするシリコーンゴムローラの製造方法。 (もっと読む)


381 - 390 / 1,394