説明

新日本理化株式会社により出願された特許

1 - 10 / 90


【課題】近年の消費者の多種多様なニーズにおいて、泡の特性が良好で低刺激性の洗浄剤組成物を提供する。
【解決手段】特定の脂肪酸アミドベタインとアスパラギン酸誘導体とをそれぞれ一種又は二種以上を配合して洗浄剤組成物とする。洗浄剤組成物は、皮膚に対する刺激性が低く、前記脂肪酸アミドベタインやアスパラギン酸誘導体を単独で使用する場合と比較して、泡質が向上する効果があり、両者の配合比率が特定の範囲において。その効果が高くなることによる。 (もっと読む)


【課題】近年の消費者の多種多様なニーズにおいて、さっぱりした使用感を与える、泡の特性が良好で皮膚に対する刺激性が低い皮膚洗浄剤組成物を提供する。
【解決手段】一般式(1)R1−COOM1(1)[式中、R1は炭素数10〜22の直鎖状若しくは分岐鎖状の脂肪族飽和又は不飽和モノカルボン酸からカルボキシル基を除いて得られる残基を表す。またM1は、アルカリ金属イオン、アンモニウムイオン又は有機アンモニウムイオンを表す。]で表される高級脂肪酸塩と、一般式(2)


[式中、R2は炭素数10〜22の直鎖状若しくは分岐鎖状のアルキル基又はアルケニル基を表す。また2個のM2は、同一又は異なって、それぞれ水素原子、アルカリ金属イオン、アンモニウムイオン又は有機アンモニウムイオンを表す。]で表されるアスパラギン酸誘導体を含有する皮膚洗浄剤組成物。 (もっと読む)


【課題】近年の消費者の多種多様なニーズにおいて、きめが細かいクリーミーな泡立ちの良い洗浄剤組成物を提供する。
【解決手段】特定の硫酸エステル塩とアスパラギン酸誘導体とをそれぞれ一種又は二種以上を配合して洗浄剤組成物とする。 (もっと読む)


【課題】
広い温度範囲で粘度の変化率が小さく(粘度指数が高い)、低温においても低粘度であり、導電性がよく且つ耐揮発性が良好な潤滑油を提供する。
【解決手段】
特定の構造を有する脂肪族二価アルコールジエステルを潤滑油として使用すること。 (もっと読む)


【課題】従来のエポキシ樹脂用硬化促進剤が有した問題のない、新規なエポキシ樹脂用硬化促進剤を提供すること。
【解決手段】次式(1)で表されるベンジルトリフェニルホスホニウムフタレート。
【化1】
(もっと読む)


【課題】
ポリオレフィン系樹脂成形体の透明性を損なうことなく、ジアセタール化合物を含有するポリオレフィン系樹脂を成形加工する時及び最終成形品中のジアセタール化合物由来のアルデヒド類の発生を大幅に抑制し、且つ臭気及び味の移行性が抑制できるジアセタール組成物及びポリオレフィン系樹脂組成物を提供する。
【解決手段】
ポリオレフィン系樹脂に、ジアセタール化合物、ポリオール化合物、モノエステル化合物及びベンゾオキサゾール化合物若しくはウルトラマリン化合物、又は、ジアセタール化合物、ポリオール化合物、モノエステル化合物、ベンゾオキサゾール化合物若しくはウルトラマリン化合物、脂肪族モノカルボン酸及び特定のアルカリ金属塩化合物を含有せしめ、得られるポリオレフィン系樹脂組成物及びそれを成形して得られる成形体中のアルデヒド類の含有量を抑制し、且つ、臭気及び味の移行性を抑制する。 (もっと読む)


【課題】高選択率で芳香族アミン化合物を工業的に有利に製造する方法を提供。
【解決手段】炭素ナノ繊維に担持したイリジウム触媒を用いて水素化反応することにより、芳香族アミン化合物を製造する方法の提供。(i)芳香族ニトロ化合物、(ii)芳香族ニトロ化合物及びカルボニル化合物、(iii)芳香族一級アミン化合物及びカルボニル化合物、又は(iv)芳香族イミン化合物を、炭素ナノ繊維に担持したイリジウム触媒の存在下で水素化反応して芳香族アミン化合物を製造する。 (もっと読む)


【課題】耐熱酸化安定性、高温清浄性、耐水性及び材料適合性のバランスに優れた自動車用潤滑油及び耐熱酸化安定性、高温清浄性、耐水性、材料適合性を向上ないし改善させる自動車用潤滑油添加剤を提供する。
【解決手段】炭化水素系基油を含有する自動車用潤滑油組成物において、特定構造の脂環式ジカルボン酸ジエステルを特定量の範囲で含有せしめることによって目的を満足する潤滑油組成物が得られる。 (もっと読む)


【課題】
耐寒性及び耐熱性が優れ、かつ柔軟性が良好な塩化ビニル系樹脂用可塑剤を提供することを目的とする。
【解決手段】
(1)1−オクテン、一酸化炭素と水素とのヒドロホルミル化反応による炭素数9のアルデヒドを製造する工程及び(2)炭素数9のアルデヒドを水素添加してアルコールに還元する工程を具備する製造工程により製造された脂肪族飽和アルコールとフタル酸若しくはその無水物とをエステル化反応して得られるフタル酸ジエステルを塩化ビニル系樹脂用可塑剤として使用すること。 (もっと読む)


【課題】ポリオキシアルキレン系アニオン界面活性剤5〜1000g/mと1,4−ジオキサン5〜200g/mを含有する廃水の1,4−ジオキサンを工業的に効率よく連続的に処理する方法を提供する。
【解決手段】当該廃水を特定の条件下でフェントン処理する酸化燃焼工程、中和工程及び固液分離工程を直列的に配置したプロセスとする。 (もっと読む)


1 - 10 / 90