説明

住友精化株式会社により出願された特許

81 - 90 / 352


【課題】化粧料、トイレタリー等の分野で好適に用いることのできる親水性の架橋重合物を、逆相懸濁重合及び水溶液重合等の水系の重合条件で製造することを可能にする、新規な水溶性架橋剤を提供すること。
【解決手段】アリルエーテル基及び水酸基を有する水溶性ショ糖アリルエーテルを含む水溶性架橋剤。 (もっと読む)


【課題】回収ヘリウムガスを低コストで高純度に精製できる実用的な方法と装置を提供する。
【解決手段】不純物として水素、一酸化炭素、空気由来の窒素と酸素を含有し、酸素含有量は水素及び一酸化炭素の含有量より多いヘリウムガスに水素を添加し、水素含有量が酸素含有量より多く、酸素モル濃度が水素モル濃度と一酸化炭素モル濃度の和の1/2を超える値にする。その酸素をルテニウム又はパラジウムを触媒として水素及び一酸化炭素と反応させ、酸素を残留させて二酸化炭素と水を生成する。次に、ヘリウムガスの水分含有率を脱水装置を用い低減する。次に、一酸化炭素を添加して一酸化炭素モル濃度が酸素モル濃度の2倍を超える値にし、酸素をルテニウム又はパラジウムを含む触媒を用いて一酸化炭素と反応させ、一酸化炭素を残留させて二酸化炭素を生成する。次に、一酸化炭素、二酸化炭素、水を圧力スイング吸着法により吸着剤に吸着する。 (もっと読む)


【課題】 医薬中間体の重要な製造用前駆体として使用されるN−[4−(6,7−ジフルオロ−2,4−ジオキソ−1,4−ジヒドロ−2H−キナゾリン−3−イル)−フェニル]−アセトアミドを、効率よく高純度に製造する方法を提供すること。
【解決手段】 2−アミノ−4,5−ジフルオロ安息香酸メチルとクロロギ酸フェニル化合物とを所定のモル比で反応させて得られるフェノキシカルボニルアミン化合物を単離することなく、N−アセチル 1,4−フェニレンジアミンと溶媒中で塩基存在下にて反応させることで得られるN−[4−(6,7−ジフルオロ−2,4−ジオキソ−1,4−ジヒドロ−2H−キナゾリン−3−イル)−フェニル]−アセトアミドの製造方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】スルフォラン化合物の工業的に有利な製造方法を提供する。
【解決手段】共役ジエン化合物と二酸化硫黄とを反応させて得たスルフォレン化合物を水素化触媒の存在下で水素化し式(3)で表されるスルフォラン化合物を得る製造方法。


式(3)中、R〜Rは、それぞれ独立して、水素原子または炭素数1〜6のアルキル基を示す。 (もっと読む)


【課題】吸水性樹脂について、吸収した液体が陽イオンの影響により放出されるのを抑制する。
【解決手段】吸水性樹脂組成物は、吸水性樹脂100gに対し、アルギン酸系化合物を1〜100g含む。利用可能なアルギン酸系化合物はアルギン酸またはアルギン酸塩であり、アルギン酸塩は、例えば、アルギン酸ナトリウムやアルギン酸カリウムである。アルギン酸系化合物は、二種類以上のものが併用されてもよい。この吸水性樹脂組成物は、そのままで、或いは、液体透過性の素材で包装した吸収体として、液体透過性シートと液体不透過性シートとの間に配置され、紙おむつや生理用ナプキンなどの吸収性物品として用いられる。 (もっと読む)


【課題】 粗アンモニアに不純物として含まれる水分および炭化水素を、吸着剤の吸着能を最大限に利用して効率よく吸着除去することができるとともに、簡単化された方法でアンモニアを精製することができるアンモニア精製システムを提供する。
【解決手段】 アンモニア精製システム100において、制御手段5は、第2,3,4バルブ631,641,651を閉鎖させた状態で第1バルブ611を開放させることで、貯留タンク1における粗アンモニアからの低沸点不純物の排出動作の制御を行い、第1バルブ611を閉鎖させた後に第2,3,4バルブ631,641,651を開放させることで、排出動作後の吸着手段2における高沸点不純物の吸着除去動作の制御を行う。 (もっと読む)


【課題】重要な医薬の製造中間体として使用されるアミノ基保護キナゾリンジオン誘導体を安価に、かつ安全に製造する方法を提供する。
【解決手段】新規イミン誘導体である、5,6−ジフルオロ−3−(4−アミノフェニルイミノ)−1,3−ジヒドロ−インドール−2−オンのアミノ基保護誘導体を原料として、下記式で表されるアミノ基保護キナゾリンジオン誘導体を製造する。
(もっと読む)


【課題】ヘリウムガスの不純物含有率を効果的に低減することで、低コストで高純度にヘリウムガスを精製できる方法と装置を提供する。
【解決手段】不純物として少なくとも水素、一酸化炭素、および空気由来の窒素と酸素を含有するヘリウムガスを精製する際に、ヘリウムガスにおける水素モル濃度と一酸化炭素モル濃度との和が酸素モル濃度の2倍以下である場合は、2倍を超えるように水素濃度調節装置3により水素を添加する。反応器4において、不純物の中の水素および一酸化炭素を金属酸化物触媒と反応させることで二酸化炭素、水および金属を生成すると共に、その生成された金属を不純物の中の酸素と反応させることで金属酸化物触媒を再生する。しかる後に、ヘリウムガスにおける少なくとも二酸化炭素、水、および窒素を、吸着装置7によりゼオライト系吸着剤を用いて圧力スイング吸着法によって吸着する。 (もっと読む)


【課題】 酸素を所定含有量以下に抑えるとともに、高い回収率でバイオガスからメタンを回収することができるメタン回収方法およびメタン回収装置を提供する。
【解決手段】 吸着除去工程でバイオガス中のシロキサンを吸着剤に吸着させて除去し、反応除去工程でバイオガス中の硫化水素を金属酸化物と反応させ、金属硫化物として除去する。捕捉工程では、バイオガス中の酸素を銅−酸化亜鉛と反応させ、酸化銅として捕捉する。濃縮工程では、圧力スイング吸着法によってバイオガス中の二酸化炭素を分離してメタンを濃縮する。これにより、酸素を所定含有量以下、たとえば10ppm以下に抑えるとともに、高い回収率でバイオガスからメタンを回収することができる。 (もっと読む)


【課題】医薬の製造中間体として使用されるキナゾリンジオン誘導体の製造方法の提供と、該キナゾリンジオン誘導体の製造原料であるイミン誘導体の提供。
【解決手段】イミン誘導体である5,6−ジフルオロ−3−(4−ニトロフェニルイミノ)−1,3−ジヒドロ−インドール−2−オンを過酢酸のような酸化剤と反応させて、ニトロ基含有キナゾリンジオン誘導体とする製造方法、更に該ニトロ基含有キナゾリンジオン誘導体を還元して下記式で表されるキナゾリンジオン誘導体とする製造方法。
(もっと読む)


81 - 90 / 352