説明

NECアクセステクニカ株式会社により出願された特許

1,061 - 1,070 / 1,236


【課題】 2つの軸で回転するように第1の筐体と第2の筐体とが接続されている携帯通信端末において、使用者は、使用形態に応じて一方の筐体を手動で回転させなければならない。
【解決手段】 使用者が、第1の操作ボタン7、第2の操作ボタン8、または第3の操作ボタン9を操作すると、制御部20は、使用者の操作と、前面表示状態であるか否かを検出する前面表示状態検出部11および表示手段隠蔽状態であるかを否かを検出する閉状態検出部12の検出結果とに応じて、開状態、前面表示状態、または表示手段隠蔽状態に変化するように回転モータ3および開閉モータ4を駆動する。 (もっと読む)


【課題】 テレビ電波環境が劣化した際に、テレビ受信に悪影響を与える機能のアクセスタイミングを変更することにより、テレビ受信を優先的に救済するテレビ機能付き移動情報端末およびその制御方法を提供する。
【解決手段】 TVモジュールからテレビ電波環境が劣化したとアラーム通知を受け取った際に、テレビ視聴に関連せずテレビ視聴に影響を与える機能を停止もしくは一時停止させることで、テレビ視聴時にバックグランド動作で発生するノイズ成分の放射を防ぐ。 (もっと読む)


【課題】特別の回路部品を実装する必要なく、現在の日時を設定したり再設定を行うことが可能なファクシミリ装置およびファクシミリ装置の時刻設定方法を提供すること。
【解決手段】ファクシミリ装置101は、日時情報設定有無フラグ118が日時の設定を行っていない状態となっているときに他の装置からファクシミリ文書を受信すると、これを符号化データ格納部115に格納しコーデック105を用いて復号化する。発信元部分と思われる箇所を文字認識部113が文字認識し、日時データ解析部121がこの中に有効な日時情報が存在するかどうかを解析する。日時情報が存在し、かつこれが有効な情報であればこれを基にして日時の設定を行う。 (もっと読む)


【課題】 同一または類似する名称を誤って登録することを防止することができる携帯通信端末装置および携帯通信端末装置における電話帳登録方法を提供する。
【解決手段】 登録名称記憶部104は、電話帳情報として登録済みの名称である登録名称を記憶し、新名称一時記憶部102は、新規に電話帳情報として登録される名称である新規登録名称を記憶する。登録名称判定部103は、全ての登録名称と新規登録名称とを比較して同一または一文字違いであるか否かを判定し、同一または一文字違いである場合に、重複フラグ”X$”に1を設定する。重複フラグ判定部205は、重複フラグ”X$”が1である場合に、同一または一文字違いの名称が既に登録されていることを示すとともに新規登録名称を登録するか否かを利用者に選択させる警告文を、LCD制御部106を介してLCD107に出力する。 (もっと読む)


【課題】 データの送受信中に、圏外へ移行した等の理由によりデータ通信が終了した場合でも、従来ある通信シーケンスの変更を行うことなく、再接続におけるデータの送受信の即時性を確保する。
【解決手段】 携帯電話機100と無線基地局200との間で行われるデータ通信が所定の理由により終了し、前記所定理由が解消された後に前記データ通信を開始するときの再接続方法において、前記データ通信にて携帯電話機100が無線基地局200よりページング信号を受信することにより、受信したデータの着信の有無を判定する着信有無判定工程と、携帯電話機100が無線基地局200より切断要求に係る信号を受信することにより前記理由の妥当性を判定する終了理由判定工程を有する。 (もっと読む)


【課題】 開閉検知用磁石が貼り付けられる磁石用両面テープを削減するとともに、組立作業性を向上させ、さらに、磁石と磁力センサを接近させることにより、軽量化を可能とする開閉式携帯端末装置の提供を目的とする。
【解決手段】 開閉式携帯端末装置1は、表示部2と、入力デバイス部3と、表示部2と入力デバイス部3を開閉自在に連結する連結部5とを備え、磁気センサ12が開閉検知用磁石11の磁気を検知することにより、表示部2と入力デバイス部3との開閉を検知し、かつ、開閉検知用磁石11が、スクリーン41の周縁部の裏側に、スクリーン用両面テープ41によって、貼り付けられた構成としてある。 (もっと読む)


【課題】 充電型電池に充電が行なわれている場合に、着信が有ると、その着信の合図を保有者に間違いなく伝達できるようにすることである。
【解決手段】 着信が有ったことを保持者に認識させる伝達・認識手段と、充電型電池とを有する携帯端末装置において、
前記伝達・認識手段は、着信が有ったことを体感によって保持者が認識する第1の伝達・認識手段と、着信が有ったことを聴覚および/または視覚によって保持者が認識する第2の伝達・認識手段とを備えたものであり、
前記第1の伝達・認識手段が作動するよう前記伝達・認識手段がセットされている場合において、前記充電型電池に充電が行われるようセットされた場合、前記第2の伝達・認識手段が作動するよう前記伝達・認識手段を制御する制御手段が設けられてなる携帯端末装置。 (もっと読む)


【課題】 太陽電池を搭載する携帯電話機において、太陽電池を効果的に活用できるようにする。
【解決手段】 電池パック2を携帯電話機本体1から外した状態で、電池パック2における太陽電池パネル5を光到来方向に向けると、太陽電池パネル5は発電を行い、充電回路6が、太陽電池パネル5が発生した電力によって電池セル4を充電する。携帯電話機本体1に対して電池パック2が装着された状態では、太陽電池パネル5は、露出されていないので発電しない。携帯電話機を使用していないときには太陽電池パネル5は発電しない。よって、使用者は、太陽電池パネル5の存在を気にすることなく携帯電話機を使用できる。 (もっと読む)


【課題】 ユーザが任意の操作で点灯した照明を自動的に消灯させること。
【解決手段】 LEDを用いた照明は点灯した後、消灯する操作が必要になる。ユーザが任意の操作でカメラ機能を起動する(S1)。次に、ユーザが照明点灯の操作を行うと (S2)、照明部7が点灯する(S3)。次に、ユーザが撮影ボタンを押下するとカメラ部が撮影を行い(S4)、制御部2に撮像データを送信する。制御部2は、撮像データを受信すると(S5にてYESの場合)、撮影完了と認識し、照明部7を消灯する(S6)。制御部2は、撮像データを受信しない限り照明部7を消灯させない(S5にてNOの場合)。 (もっと読む)


【課題】通信を拒否する相手の電話番号を予め記憶する記憶装置を備えた電話装置で、この記憶装置が限られた数の電話番号しか記憶できないとき、記憶する必要度の低い電話番号を削除することのできる電話装置および着信拒否番号管理方法を提供する。
【解決手段】電話装置100は、着信拒否番号登録手段111、発信者番号受信手段114、着信拒否番号判定手段115、着信拒否番号日時更新手段116、保持期間経過判別手段117、着信拒否番号削除手段118および着信拒否手段119を備え、着信拒否番号ごとに個別に設定された保持期間を過ぎても電話が掛かってこない着信拒否番号を着信拒否番号記憶手段111から削除する。 (もっと読む)


1,061 - 1,070 / 1,236