説明

NECアクセステクニカ株式会社により出願された特許

1,091 - 1,100 / 1,236


【課題】 聴取させたくない自通話音声信号に対しミュート作用等を与える。
【解決手段】 通話中に通話相手に対して自通話音声を聴取させたくないとき、ミュートスイッチ18を切替端子1821へ切り替える。マイク18から自通話音声信号は、携帯電話機本体12へ供給されず、自通話音声は通話相手によって聴取されない。 (もっと読む)


【課題】キー操作部の塵の影響を排除し、かつボタン操作感を損ねることのないキー入力装置を提供する。
【解決手段】メタルドーム(103)を含むスイッチ部を外部から塵が侵入しない様に密閉構造とし、密閉構造による操作感の悪化を空気逃げの経路(107、110)の容量を大きくして、メタルドームの押下時の空気圧縮による圧力上昇を低く抑える。 (もっと読む)


【課題】 外部からの応力による破損を回避可能な液晶表示装置及びその液晶表示装置を提供する。
【解決手段】 COG(Chip On Glass)方式を用いてLCDドライバIC(11)をガラス基板(5)に実装して構成される液晶表示装置であり、絞り加工(17)を施した金属性の遮光テープ(15)を両面テープ(16)を介してLCDドライバIC(11)が実装されたガラス基板(5)の反対面に実装する。 (もっと読む)


【課題】落雷による被害として加入者回線に接続された伝送装置を保護できないばかりでなく、家屋の火災などの危険があった。
【解決手段】伝送装置6を含み雷被害から保護するコンデンサー3と制御装置2と開閉器1から構成した通信端末機30は、電話交換機10に収容される加入者回線L1,L2と開閉器1を介して伝送装置6が接続され、開閉器は制御装置2により制御され、加入者回線からの信号はコンデンサー3により高周波成分のみ通過され、検波回路4へ接続され、高周波成分が抽出され、雷ノイズ測定手段5へ信号を送り、それが雷によるノイズと判断し落雷を予知した場合は開閉器を開き、また伝送装置は雷情報判断手段7を有し、ネットワーク100を介して雷情報提供センター20から気象情報を抽出し、落雷の危険性を予知したとき開閉器を開き、伝送装置を加入者回線から切り離し、伝送装置6を保護する。 (もっと読む)


【課題】ハンドストラップ取り付け作業の容易性、外観意匠への影響を及ぼさない構成を維持しながら、ハンドストラップが取り付け部から不用意に抜けないようにする。
【解決手段】バッテリー収納部9内の端部角近傍にフロントケース5とリアケース4を締結する締結部が配置され、締結用ネジ3,3’により締結されている。締結用ネジ3で締結されている締結部をハンドストラップ取り付け部として兼用する。バッテリー蓋体2には、締結用ネジ3が配置されている側面角部近傍に、締結用ネジ3に係止されたハンドストラップ1の把持部を外部へ導出するための切り欠き開口部7が形成され、切り欠き開口部7と締結用ネジ3の間には、横方向から挿入されたハンドストラップ1を保持できるようにその断面がΓ状に形成された保持用フック6がリアケース4の背面上に固定配置されている。 (もっと読む)


【課題】
ファームウェアが更新されていないIPルータ等のパケット通信装置において、パケット送受信動作が原因となって、リブートが繰り返し発生する。
【解決手段】
ハードウェアの初期化を行うBOOT処理が実行され、次にメモリ上のファームウェアを読み込みIPルータとして動作を開始するシステム起動処理が実行されるIPルータ等のパケット通信装置において、上記BOOT処理とシステム起動処理の間に、リブートの発生頻度が所定値以上であれば、外部からファームウェアを受信し、セットアップを完了するよう動作させる。 (もっと読む)


【課題】 無線端末の消費電流の低減等を図る。
【解決手段】 無線端末12において、セルリセルに先立って行われるセルサーチをCPU18の制御の下にセルリセル履歴から算定された遷移確率に基づいて決まる回数で行い、そのサーチで電界強度が大きい未検出セルをモニターセルに組み入れる。また、セル測定においても、同様に、CPU18の制御の下にセルリセル履歴から算定された遷移確率に基づいて決まる回数で行い、そのセル測定で電界強度が小さくなったモニターセルをモニターセルから外す。セルサーチ及びセル測定の回数の低減となり、無線端末12での消費電流を低減できる。 (もっと読む)


【課題】
無線アクセスポイントと通信が可能な無線クライアントが無線中継器として動作し、無線通信が出来なくなった端末の無線通信を可能にする。
【解決手段】
本発明の無線中継システムは、無線アクセスポイントAP、無線クライアントST11,ST1Aを備える。無線クライアントST11,ST1Aは、無線アクセスポイントAPの無線クライアントとして動作する。但し、無線クライアントST1Aに関しては、無線クライアントST1Aが無線通信を行っていない時に、無線クライアントST1Aが使用しているSSID(Service Set Identifier)の無線パケットをモニターし、無線通信状況の良くない無線クライアントと無線アクセスポイントAP間の無線パケットを中継する機能を有する。 (もっと読む)


【課題】ネットワークに接続した状態で、他の装置も自装置自体に備えられた端子を介してそのネットワークに参加できるようにした情報処理装置を得る。
【解決手段】情報処理装置としてのパーソナルコンピュータ101は、LAN接続用の接続コネクタ部102を介してLANに接続されている。また、USBコネクタ部103にはUSB用ケーブル112によってネットワーク増設装置111が接続されており、そのイーサネット(登録商標)増設ポートによってパーソナルコンピュータ101の接続したLANに他の情報処理装置を参加させることができる。しかもPoE回路部113が備えられているので、電源の供給も可能である。 (もっと読む)


【課題】 カメラモジュールのレンズ部分にゴミや埃などが付着しないようにすると共に、衝撃や圧力などによりカメラ鏡筒部への負荷がかかりにくする。
【解決手段】 カメラモジュール2の鏡筒部2aの外周面上に、クッション4を嵌合させて、カメラモジュール保持フレーム3を基板1と装置筐体5とにより挟止するようにし、その際に、保持フレーム3と装置筐体5間にクッション4が圧入されるようにしたので、クッション4の位置決めが全く不要となると共に、筐体5とフレーム3との間や、装置内部からカメラモジュール側面を通って侵入するゴミや埃などを防止できる。また、スクリーン6からの衝撃や圧力が加わった場合にも、直接鏡筒部2aに負荷がかからないので、鏡筒部2aの確実な保護が可能となって、ピントずれや破損などが防止できる。 (もっと読む)


1,091 - 1,100 / 1,236