説明

IHI運搬機械株式会社により出願された特許

1 - 10 / 292


【課題】機体との干渉がなく、構造の簡素化及び重機荷重の検出精度の向上が図れる連続アンローダを提供する。
【解決手段】バランシングレバー5の先端から垂下されるバケットエレベータケーシング12の下端に、バケットチェーン14を案内するための前部スプロケット15と後部スプロケット16とをリンク機構17を介して吊り下げ、該リンク機構17を伸縮シリンダ18により変位させることで後部スプロケット16に対して前部スプロケット15を接近離間させて掻取部13を伸縮可能とすると共に、前記掻取部13にブルドーザ等の重機31を吊下げて搬送可能とした連続アンローダ1であって、前記伸縮シリンダ18の油圧回路42に前記重機31の荷重により増加する圧力に基づいて負荷を検出する負荷検出手段72を設けた。 (もっと読む)


【課題】組立・設置作業が容易なクラブトロリ式クレーンを提供する。
【解決手段】走行駆動装置2を備えて走行レール1上を走行するガーダ3と、横行駆動装置5を備えてガーダ3の横行レール4上を横行するトロリ6と、トロリ6に備えて吊具7の昇降を行う巻上装置8とを有するクラブトロリ式クレーンであって、巻上装置8による吊具7の昇降と横行駆動装置5によるトロリ6の横行とに関連する昇降・横行制御部50を、取付板を介してトロリ6上に設置する。 (もっと読む)


【課題】構造が簡単で視認性に優れ、故障時の不具合部位の発見と対応を迅速且つ容易に行うことができると共に、支柱の周方向基準位置からの旋回を一方向に限らず反対方向にも可能とし作業効率向上を図り得る旋回給電装置を提供する。
【解決手段】軸線Oを中心としてベースポスト16を固定配置し、軸線O延長線上に、支柱20を周方向基準位置から一方向へ一旋回自在で且つ周方向基準位置から反対方向へ一旋回自在となるよう配設し、ベースポスト16と支柱20との間を給電ケーブル3によって接続するにあたり、支柱20の外周部に、支柱20の旋回と連動して給電ケーブル3を巻き取り・繰り出し自在な旋回方向巻取手段9を配設すると共に、ベースポスト16側に、旋回方向巻取手段9による給電ケーブル3の巻き取り・繰り出しに伴う長さ変動を移動体10の昇降動作により吸収自在な上下方向吸収手段11を固定配置する。 (もっと読む)


【課題】巨大な地震が発生した際に、走行クレーンにレールと直角方向の揺れが発生し脱輪するような問題を、簡単な構成によって防止する。
【解決手段】上側部材に対してロッカーピンにより取付られた少なくとも1つのイコライザビームを有する走行装置が支持脚に備えられている走行クレーンの免震支持構造であって、中間部イコライザビーム6bと上側部材である上部イコライザビーム4との間に、中間部イコライザビーム6bをロッカーピン5を中心に回動させるよう付勢する浮上り防止手段103を備え、浮上り防止手段103はイコライザビームの少なくとも1つに対応して備える。 (もっと読む)


【課題】巨大な地震が発生した際に、走行クレーンがレールと直角方向の揺れを起こして脱輪するような問題を、簡単な構成によって防止する。
【解決手段】上側部材に対してロッカーピンにより吊り下げた少なくとも1つのイコライザビームを有する走行装置が支持脚に備えられている走行クレーンの免震支持構造であって、中間部イコライザビーム6bの上側部材である上部イコライザビーム4に支持されたロッカーピン5と、ロッカーピン5に対して上下に所定の距離で自在に移動できるよう中間部イコライザビーム6bに備えた昇降可動孔17とを有する浮上り防止機構9を形成し、浮上り防止機構9をイコライザビーム4、6a,6b、8a,8b,8c,8dの少なくとも1つに備える。 (もっと読む)


【課題】パレットが入出庫高さに位置する時に、強風を受けてもチェーンのたるみを防止することができる二多段式駐車装置用のチェーンたるみ防止装置を提供する。
【解決手段】パレット12の前側又は後側のチェーン14の下端部に所定の間隔を隔てて固定された1対のばね取り付け金具24と、1対のばね取り付け金具に両端がそれぞれ取付けられ、その間に最短長さから最長長さまで引張力を付加する引張ばね22とを備える。前記間隔は、引張ばね22の自然長よりも長い。また、最長長さは、パレット12の昇降時にチェーン14に生じる張力によりチェーン14が直線状に延びた状態におけるばね取り付け金具24間の長さである。また、最短長さは、最長長さよりたるみ量分以上短く、かつ入出庫高さにおいてばね取り付け金具24より上方に位置するチェーン14に所定の張力を付加する長さである。 (もっと読む)


【課題】巨大な地震が発生した場合に、走行クレーンにレールと直角方向の揺れが発生し車輪が浮き上がる現象及び脱輪するといった問題を、簡単な構成によって防止する。
【解決手段】支持脚101からロッカーピン3により上端10a,11aが吊下げられて揺動端10b,11bが走行装置102の走行方向へ揺動可能な1対のリンク10,11と、支持脚101による荷重の作用時に一方のリンク10と他方のリンク11の揺動端10b,11b相互の最大開き角αを規定するストッパ手段12と、を有するリンク装置13を、イコライザビーム4、6a,6b、8a,8b,8c,8dの少なくとも1つに置き換えて備える。 (もっと読む)


【課題】大規模な地震の発生時に支持脚が屈曲でき、更に、簡単な構成によって免震周期を長期化できると共に、クレーン本体の加速度応答を低減できるようにする。
【解決手段】クレーン本体1の支持脚3,4に、上下に分割して互いに連結できるようにした上下のフランジ部8,9を設け、上下のフランジ部8,9の対向面に、クレーン走行方向と交叉する左右幅方向に接触幅を有して鉛直方向の荷重を伝達する当接面10を形成すると共に、当接面10の両幅端部外側にフランジ部の傾きを許容する隙間11,12を形成し、上下のフランジ部8,9を弾性材13を介して連結具14により上下に連結する免震構造200と、上下のフランジ部8,9を上下に連結する弾塑性ブレース300を備える。 (もっと読む)


【課題】大地震が発生したとしても、脚部が浮き上がるように応答するロッキング現象を抑止することができ、被害を最小限に抑え得る走行クレーンの免震支持装置を提供する。
【解決手段】ブーム7は、運転休止時は起伏ドラムによるロープの巻上げにより枢着点Oを中心に上方へ回動させて起立させるようになっており、走行クレーン1の重心位置を前記走行方向と直角方向へ離間配置される脚部5の中間部に移行させる重心移行手段12を備え、該重心移行手段12により、運転休止時における前記ブーム7の起立動作に伴う走行クレーン1の重心位置変動を打ち消す。 (もっと読む)


【課題】単純な構造でパレットの浮き上がりを防止でき、停電時にもパレットの浮き上がり防止機能を発揮でき、地上式とピット式の両方への適用が容易であり、壊れにくく、メンテナンスがほとんど不要な二多段式駐車装置用のパレット浮き上がり防止装置を提供する。
【解決手段】車両と干渉しない位置でパレット52の四隅から上方に延びる衝突防止金具70と、支持梁69に取り付けられ、衝突防止金具の鉛直方向上方に間隔を隔てて位置する浮き上がり防止金具72とを備え、浮き上がり防止金具72により衝突防止金具70の前記間隔を超えるパレット52の浮き上がりを防止する。 (もっと読む)


1 - 10 / 292