説明

JFEメカニカル株式会社により出願された特許

1 - 10 / 48


【課題】装置コストの低減化を図り、コンパクトな装置構成としてH形鋼の長手方向の左右曲がりを矯正する。
【解決手段】H形鋼1が左フランジ1b1を内側として湾曲した左曲がりを発生しているときには、内圧延ロール圧下手段21,22が、内圧延ロール12,14を左フランジ1b1の内面まで移動して内面を圧下し、左外圧延ロール圧下手段23が、左外圧延ロール16を左フランジの外面まで移動して外面を圧下する。また、H形鋼1が右フランジ1b2を内側として湾曲した右曲がりを発生しているときには、内圧延ロール圧下手段12,14が、内圧延ロール12,14を右フランジ1b2の内面まで移動して内面を圧下し、右外圧延ロール圧下手段24が、右外圧延ロール18を右フランジ1b2の外面まで移動して外面を圧下する。 (もっと読む)


【課題】異なる断面寸法のH形鋼を矯正する場合に矯正変更動作を簡単に行なうことができるH形鋼の曲がり矯正装置を提供する。
【解決手段】内圧延ロール14,15を回転自在に支持する内圧延ロール支持部19,20と、これら内圧延ロール支持部が、回転ピン19a,20aを回転中心としてH形鋼1の搬送方向に直交する平面内で揺動自在となるように支持し、回転軸が上下方向に延在した内圧延ロールを、左フランジ1b1の内面に対して離接するように設けた内圧延ロールハウジング12と、内圧延ロールを左フランジの内面に向けて圧下させる内圧延ロール圧下手段16,17と、左フランジの外面を圧下する外圧延ロール23と、回転軸が上下方向に延在するように外圧延ロールを支持する外圧延ロールハウジング13と,を備えている。 (もっと読む)


【課題】内圧延ロール、外圧延ロール及びそれらを回転自在に支持する支持装置の組み換え作業を容易に行なうことができるH形鋼の曲がり矯正装置を提供する。
【解決手段】H形鋼の左フランジの内面を圧下する内圧延ロール14,15と、左フランジの外面を圧下する外圧延ロール23と、回転軸が上下方向に延在するように軸受を介して内圧延ロールを支持する内圧延ロールハウジング12と、回転軸が上下方向に延在するように軸受を介して外圧延ロールを支持する外圧延ロールハウジング13と、内圧延ロールハウジング及び外圧延ロールハウジングを分離可能に結合するハウジング着脱部26と、ハウジング着脱部による結合を解除した内圧延ロールハウジングを装置外部まで移動可能とするハウジング移動手段30,31とを備えている。 (もっと読む)


【課題】地面に搬送経路等の設備を設定する必要がなく、重量物の搬出作業時間の短縮を図る。
【解決手段】搬送台車5を、旋回を含む任意の方向に走行可能な主搬送台車8,8と、この主搬送台車上に走行自在に搭載され、少なくとも直進走行が可能な副搬送台車9,9とで構成する。重量物3Aの近くまで主搬送台車8,8が走行する。次いで、重量物の重心位置Gfが副搬送台車の重心許容範囲Gdに収まるように副搬送台車を走行させて重量物を積載する。次いで、重量物を積載した副搬送台車を、重量物と副搬送台車の合成重心位置Gsが主搬送台車の重心許容範囲Gcに収まる位置まで走行させる。そして、主搬送台車の走行により他所6に向けて重量物を搬出する。 (もっと読む)


【課題】 PCBを含有する絶縁油が付着したトランスコア用の鉄心を構成する個々の鋼板の洗浄を確実且つ容易に行うことができるトランスコア用鉄心の処理方法を得る。
【解決手段】 トランスコア1の鉄心2を構成する複数の矩形状の鋼板4に解体して、個々の鋼板4をそれぞれ洗浄して無害化処理するにあたり、上記鉄心2を、予め定めた鋼板4の積層枚数からなる鋼板束5に分割した後、これらの各鋼板束5について、長手方向の一端側を、該一端側において各鋼板4の相対的な位置が不動となるように結束した状態で複数のロール17a〜17c間に通して、板面方向に湾曲する方向に連続的に曲げ加工し、隣接する鋼板同士をその曲率の差よって位置ずれを生じさせることにより個々の鋼板4に分離し、その分離した個々の鋼板を洗浄液6で洗浄する。 (もっと読む)


【課題】海藻類の養殖に必要な動力エネルギを最小化すると共に、海藻類の生長率向上と設備面積軽減により単位面積当たりの海藻類の生産性向上と設備費軽減を図ることができる海藻類の陸上養殖装置、および海藻類の陸上養殖方法を提供することを課題とする。
【解決手段】養殖用海水を貯留し、少なくとも底部に湾曲壁面を有する養殖水槽と、養殖水槽内に新たな養殖用海水を供給する養殖用海水供給装置とを備える海藻類の陸上養殖装置を使用して、養殖水槽の湾曲壁面に沿うように養殖用海水を旋回させて攪拌することにより、低コストでありながら、省エネルギで効率よく海藻類を生産する。 (もっと読む)


【課題】多段式養殖槽間の海藻類の移し変えを確実に行い、単位面積又は容積あたりの生産性を向上させ、多段式養殖槽全体の設備高さをより低くでき、設備費、その建設費、運転費の安い、経済的で生産性の高い海藻類の多段式連続養殖装置を提供する。
【解決手段】前後段の養殖槽の面積比又は容積比が養殖する海藻類の生長率に応じて順次拡大しかつ各養殖槽の設置レベルが段階的に下げられた複数の養殖槽で構成される多段式養殖槽と、各養殖槽の底面部と後段の養殖槽との間を連結する開閉弁付きの移送配管と、を備え、前後段の養殖槽間の海藻類の移し変えを、移送配管の弁の開閉により、重力による養殖海水の自然流下を利用して行い、前段の養殖槽の底面レベルを前段の養殖槽内の海藻類の移し変えを行った時の後段の養殖槽の水面レベル以上となるように段差を設けた時の多段式養殖槽全体の設備高さがより小さくなるように、面積比及び各養殖槽の高さを調整してなることにより、上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】塗装室の使用状況に着目し、有機溶剤除去装置が大型化することのない塗装室用有機溶剤処理システムを提供する。
【解決手段】複数の塗装室14a,14bそれぞれに対応して複数の専用の除湿機15a,15bを設ける。複数の塗装室14a,14bそれぞれに対応して複数の専用の有機溶剤除去装置16a,16bを設ける。ダクトのダンパの切換えによって、塗装が行われている塗装室に外気を除湿して供給する応援用の除湿機18を設ける。ダクトのダンパの切換えによって、塗装が行われている塗装室で発生する有機溶剤を除去する応援用の有機溶剤除去装置17を設ける。 (もっと読む)


【課題】危険な部位に立ち入ることを無くして安全にナイフギャップを測定することができ、且つ精度も高い剪断装置のナイフギャップの測定方法を提供する。
【解決手段】固定刃4又は可動刃3の内側面4a,3aに接触可能な基準面12aを持つ測定冶具11を用意する。固定刃4又は可動刃3から測定冶具11の基準面12aの一部が露出するように、固定刃4又は可動刃3の内側面4a,3aに測定冶具11を着脱可能に取り付ける。測定冶具11の基準面12aの一部と直交する方向に配置されたセンサ18によって、測定冶具11の基準面12aまでの距離aを測定する。センサ18が測定した測定冶具11の基準面12aまでの距離aに基づいて、ナイフギャップgを算出する。 (もっと読む)


【課題】複数箇所を同時にしかも安全に簡易迅速に測定できる携帯型の振動診断装置を得る。
【解決手段】本発明に係る携帯型振動診断装置1は、複数の振動センサユニット3と、振動センサユニット3から送信される無線信号を受信して機器の診断を行う振動診断部5とを備え、振動センサユニット3は、振動センサユニット3を固定するマグネット7と、振動センサ9と、振動センサ9から出力された信号をデジタル信号に変換するA/D変換手段13と、A/D変換手段13でデジタル信号に変化された信号を無線方式で伝送する無線送信手段15と、振動センサ9及び無線送信手段15の駆動用電源となる電池17とを備えてなるものである。 (もっと読む)


1 - 10 / 48