説明

太陽誘電株式会社により出願された特許

1 - 10 / 964



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】低コストで、高い耐湿性及び放熱性を確保することが可能な弾性波デバイス、及び多層基板を提供すること。
【解決手段】本発明は、圧電基板10と、圧電基板10上に設けられた、弾性波を励振するIDT22と、金属からなり圧電基板10上にIDT22を囲むように設けられたシールリング12及び周縁部15と、IDT22、シールリング12及び周縁部15の上に設けられ、IDT22上に空隙24が形成されるようにIDT22を封止する板部13と、圧電基板10上であってシールリング12及び周縁部15の外側に設けられ、IDT22と電気的に接続された端子16と、を具備する弾性波デバイス、及び弾性波デバイスを内蔵する多層基板である。 (もっと読む)


【課題】可動端子と信号線路との安定した接触を実現しつつ、カンチレバーと接地線路の接触を回避する。
【解決手段】本発明の一実施形態に係るスイッチ装置1は、ベース基板10と、可動部11と、信号線路12と、一対の接地線路131,132とを具備する。可動部11は、第1及び第2のカンチレバー111,112と、可動端子113と、第1及び第2の圧電駆動部114,115とを有する。信号線路12は、第1の距離H1をおいて可動部113と対向し、上記第1の圧電駆動部による上記第1のカンチレバーの変形時に上記可動端子と接触可能な固定端子120を有する。一対の接地線路131,132は、第1の距離H1よりも大きい第2の距離H2をおいて可動部11に対向する線路部130を有し、信号線路12を挟むように配置される。 (もっと読む)


【課題】電子機器に実装されたスピーカにおいて、音質の劣化を伴うことなく、スピーカの内部に侵入した水を容易に排出する。
【解決手段】スマートフォン10の筐体12内に実装されたスピーカ20の内部を振動板24で仕切り、圧電素子30がある側の第1の空間40を密閉し、他方の第2の空間42と筐体12に設けられた放音孔14を導音路26で接続する。該導音路26の内壁と、第2の空間42を形成するスピーカ20のケース22の内壁には撥水機能を付与する。前記スピーカ20の内部に水が入ったら、前記圧電素子30に、200〜400Hzの正弦波信号又は三角波信号を第1の信号として入力することで振動板24を振動させる。すると、第2の空間内42に侵入し振動板24上に滞留した水が、導音路26から排出可能な細かい液滴に分割され、液滴全体の表面積が増加するため蒸発(又は乾燥)が促進される。 (もっと読む)


【課題】特定の周波数において、一定量の減衰量を確保すること。
【解決手段】ラダー型に接続された複数の直列共振器S1−S4および複数の並列共振器P1−P4と、前記複数の直列共振器のうち少なくとも1つの直列共振器S1に並列に接続された第1インダクタL1と、を具備し、前記複数の並列共振器の一部P3aは、前記複数の直列共振器と前記複数の並列共振器とが形成する通過帯域の外であって前記第1インダクタと前記少なくとも1つの直列共振器とが形成する第1減衰極10の高周波数側に共振周波数frp3および反共振周波数fap3を有し、前記複数の並列共振器の一部の少なくとも1つは、共振周波数の低周波数側に副共振の共振周波数frp31を有するフィルタ。 (もっと読む)


【課題】急峻かつ温度安定性に優れたガードバンド側のスカート特性を有し、更に広帯域化が可能なデュプレクサを提供する。
【解決手段】通過帯域の異なる送信フィルタ及び受信フィルタを有するデュプレクサにおいて、フィルタを構成する複数の直列共振子S1〜S8及び複数の並列共振子P1〜P6のうち、ガードバンド側のスカート特性を形成する第1共振子S1〜S4、P4〜P6は、温度補償型のTC−FBARまたはラブ波利用の弾性表面波共振子とし、ガードバンドと反対側のスカート特性を形成する第2共振子P1〜P3、S5〜S8は、非温度補償型のFBARまたは弾性表面波共振子とする。第2共振子の弾性表面波共振子には、LT基板またはLTとSaの貼り合わせ基板を用いた弾性表面波共振子の他、ラブ波利用の弾性表面波共振子を用いることができる。 (もっと読む)


1 - 10 / 964