説明

大倉工業株式会社により出願された特許

91 - 100 / 124


【課題】透過性が良く、偏光性、面内の光学特性均一が良好、且つ耐久性に優れた偏光フィルムのロングラン性が良い製造方法を提供する。
【解決手段】ポリビニルアルコール系フィルムを延伸して得られる沃素系偏光フィルムであって、その製造工程に於いて特徴的に、性能依存性の大きい酸性浴架橋工程での、延伸に対して4段以上、8段以下の多段階延伸で行うとともに、各段階の延伸倍率を累積倍率とし各々の延伸基点を累積倍率基点として速度比率で制御して、延伸架橋最終前段までの各段階の累積延伸倍率を結ぶ線を一定の傾斜角度とし、延伸架橋最終段で延伸架橋緩和させて偏光フィルムを製造する。この際の、同工程の最終段累積延伸倍率は1.5〜4.0倍とするのが好ましい。 (もっと読む)


【課題】 フルカラー複写機の中間転写ベルトに用いられるシームレスベルトにおいて、周長精度及び厚み精度が良好で、かつ折目やスジを除去して平滑化できるシームレスベルトの製造装置及び製造方法を提供する。
【解決手段】 金属円筒体10の内面11は鏡面仕上げがされている。金属円筒体10の外周面には加熱ジャケット20が被覆されている。金属円筒体10の内側には圧力容器30が設けられいる。圧力容器30は内部を加圧することにより膨張自在となる。金属円筒体10と圧力容器30との間にベルト用チューブ50を挿入し、圧力容器30に空気を供給して膨張させる。ベルト用チューブ50は金属円筒体10で加熱されて軟化するとともに、圧力容器30で内面11に圧接され、ベルト用チューブ50の外周面は鏡面が転写され、折目、凹凸が解消されて極めて平滑な面となる。 (もっと読む)


【課題】、被クリーニング体に付着したトナーを、より確実に除去できる電子写真用クリーニングロールを提供すること。
【解決手段】導電性軸体の外側に直接あるいは接着剤を用いて半導電性樹脂層が配された温度23℃、相対湿度50%RHにおける体積抵抗率が1×10〜1×1014Ω・cmで、外径が50mm以下のロールであって、以下の要件をすべて満たすことを特徴とする電子写真用クリーニングロール。
・JIS B 0601−1994に準拠して測定した十点平均表面粗さRzが1.0μm以下
・ロール外径の長手方向の変動幅、およびロール外径の周方向の変動幅がいずれも0.05mm以下
・ロール外径の長手方向の変動率、およびロール外径の周方向の変動率がいずれも0.4%以下 (もっと読む)


【課題】 成形プレス用耐熱クッション材の提供。
【解決手段】 ポリエチレンテレフタレート/架橋剤の残渣がない架橋ポリエチレン/ポリエチレンテレフタレートの構成のプレス成形用クッション材であって、クッション材の使用時に樹脂ダレが生じないものであること、両外層のポリエチレンテレフタレートがHr(J/g)=Hm−Hcで定義される実質結晶融解熱量Hr(J/g)が15(J/g)以上であることにより示される、結晶化度を高めた耐熱性のものであることを特徴とするプレス成形用耐熱クッション材。上記の成形プレス用耐熱クッション材の製造方法であって、まずポリエチレンテレフタレート/ポリエチレン/ポリエチレンテレフタレートの構成の積層シートを製造し、該積層シートに電子線を照射して中間層であるポリエチレン層を架橋することを特徴とする製造方法。 (もっと読む)


【課題】 透明性、透視感に優れ、白化の発生が防止されたエチレン系樹脂のチューブラー二軸延伸フィルムの提供。
【解決手段】 ポリエチレン系樹脂および無機系アンチブロッキング剤マスターバッチからなり、該マスターバッチ用樹脂が密度0.86〜0.91g/cm3のエチレン−αオレフィン共重合体であるポリエチレン系のチューブラー二軸延伸フィルム。3層以上の多層構造であって少なくとも両表層がポリエチレン系樹脂および無機系アンチブロッキング剤マスターバッチからなり、該マスターバッチ用樹脂が密度0.86〜0.91g/cm3のエチレン−αオレフィン共重合体であるポリエチレン系のチューブラー二軸延伸フィルム。前記のマスターバッチ用樹脂が、示差走査熱量計(以下DSCと略す)による融解曲線において、110℃以下の融解熱量が全融解熱量の90%以上であるエチレン−αオレフィン共重合体である。 (もっと読む)


【課題】ゴミ袋の強度が保持されていると共に、目の不自由な人が、識別のための規則性を知らなくても、どの分別用の袋であるか確実に判別することができる。
【解決手段】左右両側に内方に折り込まれたガゼット12,12を有する筒状の袋体14の上端と下端を封鎖し、袋体14の上端よりその両側のガゼットの内側を切断するように縦方向に切り込んで上部中央部を開口し、袋体の上端両側に手提げ用の輪状部16,16を形成している合成樹脂シートからなるゴミ袋10において、輪状部に、点字を模して孔をあけた盲人読解記号18が設けられている。 (もっと読む)


【課題】 アルミニウム箔を積層した遮光性フィルムにおいて、アルミニウム箔にピンホールが発生したとしても十分な遮光性を確保でき、かつ屈曲が繰り返されても遮光性が損なわれることがなく、しかも厚みを薄くすることができる遮光性フィルムを提供する。
【解決手段】 外側(包装袋とした際、外表面に位置する側)から、OPETフィルム層(厚み:12μm)51、接着層31、アルミニウム箔(厚み:7μm)41、接着層32、黒色印刷インク層21、ONフィルム層11(厚み:15μm)、黒色印刷インク層22、接着層33及びL−LDPEフィルム層(厚み:50μ)61が積層されている。黒色印刷インク層21、22は、版胴としてスクリーン線数が175線、版深さが28μmのグラビアロールを用いてグラビア印刷により形成した。各黒色印刷インク層21、22の厚みは1.5μmであり、合計3.0μmである。 (もっと読む)


【課題】 二液型アクリル系接着剤の利点を維持しつつ、保存安定性を損なうことなく、硬化速度が向上した二液主剤型アクリル系接着剤を提供すること。【解決手段】 メタ)アクリル系モノマーと、有機ハイドロパ−オキサイドを必須成分とするA剤とともに用いられる2液主剤型アクリル系接着剤のB剤であって、(メタ)アクリル系モノマー100重量部、バナジウム化合物0.01〜10重量部、チオ尿素又はその誘導体の1種以上0.05〜5重量部、及びN−ニトロソジフェニルアミン0.01〜2重量部を必須成分とすることを特徴とする二液主剤型アクリル系接着剤用B剤。 (もっと読む)


【課題】 貼合時の鋼板の温度が220℃でも発泡せず接着性が良好であり、沸騰水中での耐久性が良好であり、コーキング剤との接着性が良好である鋼板用化粧フィルムの提供。
【解決手段】 (A)鋼板との貼合面側にポリエチレンテレフタレートのジオール部分であるエチレングリコールの一部を1,4-シクロヘキサンジメタノールに置き換えた、非晶性の共重合ポリエチレンテレフタレート系樹脂を主成分とする接着層を設け、その接着層の上部に、(B)顔料を配合したポリブチレンテレフタレートを主成分とする層が設けられており、(A)の接着層が、厚み2〜50μmで、かつ、全層の厚みの50%未満のものであることを特徴とする鋼板用化粧フィルム、好ましくはユニットバス化粧鋼板用化粧フィルム。(B)層において、顔料の添加量が10〜40重量%である、(B)層の上部に、(C)ポリブチレンテレフタレート50〜90重量%およびポリエチレンテレフタレート系樹脂50〜10重量%からなる顔料を含有しない表面層を設けたこと、を特徴とする。 (もっと読む)


【課題】
柔軟性、透明性および低温収縮性に優れ、更に商品を収縮包装した際にフィルムが白濁せず、美麗な収縮包装体を得ることが可能な熱収縮性生分解フィルムを提供することを課題とする。
【解決手段】
主として乳酸(A)からなるA層と主としてなる脂肪族−芳香族共重合ポリエステル(B)からなるB層を、主として脂肪族共重合ポリエステル(C)からなるC層を介して、A層とB層が隣接しないように積層してなる熱収縮性生分解フィルム。 (もっと読む)


91 - 100 / 124