説明

大塚製薬株式会社により出願された特許

101 - 110 / 230


【課題】本発明は、抗結核剤を合成するための中間体として有用な1位置換−4−ニトロイミダゾール化合物を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明の1位置換−4−ニトロイミダゾール化合物は、一般式(1)


[式中、Rは、水素原子、低級アルコキシ基置換低級アルキル基、フェニル低級アルコキシ置換低級アルキル基、シアノ置換低級アルキル基、フェニル環上に置換基として低級アルコキシ基を有していてもよいフェニル低級アルキル基等を示す。Xは、ハロゲン原子又は基−S(O)n−R1を示す。ここでR1は、フェニル環上にニトロ基、ハロゲン原子及び低級アルキル基からなる群より選ばれた少なくとも1種の置換基を1〜3個有することのあるフェニル基を示し、nは0、1又は2を示す。]
で表される。 (もっと読む)


本発明は、血小板GPVIの阻害剤を用いることによる、再潅流傷害及び/又は梗塞を低減するための方法を記載するものである。この方法は、心臓発作又は待機的心臓手術の間又は後に、患者を処置するために用いることができる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、コラーゲンの産生を抑制する効果及び腫瘍治療効果に優れた新規なヘテロ環化合物を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明のヘテロ環化合物は、一般式(1):


[式中、Rは、基R−Z−等を示す。Zは、低級アルキレン基等を示す。
は、基


等を示す。R13は、水素原子等を示す。mは、1〜5の整数を示す。Rは、水素原子等を示す。Yは、CH又はNを示す。Aは、インドールジイル基等の複素環を示す。該複素環は、1個以上の置換基を有していてもよい。Tは、基−CO−等を示す。Rは、水素原子等を示す。Rは、置換基として水酸基を有することのある低級アルキル基等を示す。RとRとは、これらが結合する窒素原子と共に、互いに結合して5〜10員の飽和複素環等を形成してもよい。該飽和複素環は1個以上の置換基を有していてもよい。]
で表される。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、ヌクレアーゼ耐性及び細胞内導入率が高く、優れたRNA干渉効
果を奏し得る新規な二本鎖RNAを提供することである。
【解決手段】標的配列に相補的な塩基配列を含むセンス鎖RNA、及び該センス鎖RNAに相補的な塩基配列を含むアンチセンス鎖RNAを有し、標的遺伝子の発現を抑制できる二本鎖RNAにおいて、該センス鎖RNAの5’末端側から1〜6番目のヌクレオチドの少なくとも1つに直接又はリンカーを介して脂質を結合させた脂質修飾2本鎖RNAを提供する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、消化管上部での薬剤の放出を抑え、かつ消化管下部において薬剤の放出を速やかにする高度な放出制御性を備えていながら、可塑剤配合による上記欠点を悉く解消したマトリックス型固形製剤を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明の製剤は、(a)メタクリル酸系腸溶性高分子化合物並びに(b)糖及び/又は糖アルコールを含有するマトリックス型の医薬固形製剤であって、前記糖及び/又は糖アルコールは、その1gを溶解するのに要する水(20〜25℃)の量が4g以下である、医薬固形製剤である。 (もっと読む)


【課題】肥満に関連する各種疾患、殊に狭心症、心筋梗塞等の動脈硬化症の病因解明や治療技術の確立に有用な肥満関連遺伝子とその発現物を解明し、之等を利用した各種疾患の治療、診断技術を確立する。
【解決手段】脂肪組織特異的分泌因子apM1及び薬学的に許容されるその塩から選ばれる少なくとも1種の薬学的有効量を、製剤学的に許容される担体と共に含有する平滑筋増殖
抑制組成物、動脈硬化症予防及び治療組成物及び血管再建術後の再狭窄予防及び治療組成物を提供する。 (もっと読む)


【課題】TFFの産生を誘導し、消化管疾患、口腔疾患、上気道疾患、気道疾患、眼疾患、癌、創傷等の各種疾患の治療及び/又は予防に使用される医薬の提供。
【解決手段】一般式(1)


[式中、Aは直接結合、低級アルキレン基又は低級アルキリデン基を、Xは酸素原子又は硫黄原子を、Rは水素原子等を、Rは水素原子等を、Rは水素原子等を示す。nは、0〜7の整数を示す。]で表されるカルバゾール化合物又はその塩。 (もっと読む)


【課題】本発明は、苦味発現が抑制された製剤を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明の医薬組成物は、レバミピド又はその塩及びL−アルギニン又はその塩を含有する。本発明の医薬組成物の好ましい態様は、レバミピド又はその塩及びL−アルギニン又はその塩と共にソーマチン、ステビア及びラカンカ抽出物からなる群から選択された少なくとも一種の甘味料を含有している。これら甘味料を配合すると、レバミピド又はその塩の苦味を格段に抑制することができる。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、トルバプタンの水に対する溶解性が向上し、注射剤としての使用に適した新規なベンゾアゼピン化合物を含有する医薬を提供することである。
【解決手段】本発明は、下記一般式(1)で表されるベンゾアゼピン化合物またはその塩を含有する医薬を提供する。


[式中、Rは、水素原子、保護基を有することのあるヒドロキシ基等を示す。Rは、水素原子またはヒドロキシ保護基を示す。Xは酸素原子または硫黄原子を示す。] (もっと読む)


本発明は、新規な組換えトランスファーベクター,組換えバキュロウイルス及びそれらの製造方法,マラリア,インフルエンザウイルス等の感染性疾患の治療及び予防薬として有用である前記組換えバキュロウイルスを有効成分とする医薬を提供する。より詳細には、本発明は、デュアル・プロモーターの制御下にウイルス遺伝子に融合した外来遺伝子を発現可能な組換えトランスファーベクター及び,組換えバキュロウイルス及びそれらの製造方法,並びに当該組換えバキュロウイルスを有効成分とする医薬を提供する。 (もっと読む)


101 - 110 / 230