説明

大塚製薬株式会社により出願された特許

111 - 120 / 230


開示されているのは、(a)アリピプラゾール原末とビヒクルとを混合して一次懸濁液を形成する工程、(b)該一次懸濁液を、例えば高剪断型の粉砕機、被処理物に剪断力を与える分散機、コロイドミル、超音波分散機、又は高圧噴射式乳化分散機を用いる第一粉砕に供して二次懸濁液を形成する工程、および(c)該二次懸濁液を、例えば高圧噴射式乳化分散機を用いた第二粉砕に供して最終懸濁液を形成する工程を包含する、アリピプラゾールの平均粒子径が1〜10?mであるアリピプラゾール懸濁液の製造方法;並びに、該アリピプラゾール懸濁液から凍結乾燥製剤を製造する方法である。 (もっと読む)


【課題】ポアサイズの大きな試験紙を、ケースの所定箇所にほぼ水平に設置し、水平方向または斜め水平方向に吸い上げることのできる試験紙測定容器の構造を提供する。
【解決手段】細長いケース2を使用し、前記ケース2の上面に、試験紙を設置するための試験紙設置溝3と、前記試験紙設置溝3の延長線上につながり、サンプル液を溜めるための第1の凹部4と、前記試験紙設置溝3と前記第1の凹部4との間に形成された第2の凹部5とを形成している。
【効果】特に複雑な操作や力を必要とせず、前記ケース2に形成された試験紙設置溝3に、試験紙を設置する、あるいは試験紙を溝に沿って滑り込ませるだけで、試験紙をケース2設置することができる。また、サンプル液が試験紙とケースの隙間を流れても、第2の凹部5に入るようになっているので、試験者の手が汚染されることは少ない。 (もっと読む)


【課題】脂肪肝の治療薬の開発。
【解決手段】本発明は、シロスタゾールまたはその薬学的に許容し得る塩を有効成分とする、脂肪肝の予防および/または治療剤に関する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、所望の薬効を発現し得るトルバプタン血中濃度を長時間に亘って維持できる等の優れた性質を有する新規なベンゾアゼピン化合物を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明のベンゾアゼピン化合物は、一般式(1)


[式中、Rは、基−CO−(CH−COR等を示す。
(ここで、nは1〜4の整数を示す。Rは、(2-1)水酸基;(2-2)置換基として水酸基、低級アルカノイル基、低級アルカノイルオキシ基、低級アルコキシカルボニルオキシ基、シクロアルキルオキシカルボニルオキシ基もしくは5−メチル−2−オキソ−1,3−ジオキソール−4−イル基を有することのある低級アルコキシ基;または(2-3)置換基としてヒドロキシ低級アルキル基を有することのあるアミノ基を示す。)] (もっと読む)


開示されているのは、コア/シェル構造を有すると共に球状の形状を有するマイクロスフェアであって、(a)コアが固体状のアリピプラゾールを含有しており、(b)シェルがコアの表面の全体又は大部分を被覆しており、該シェルが生体分解性ポリマーを含有しているマイクロスフェア、その製造方法、該マイクロスフェアを含有する水性懸濁注射剤等である。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ホスホジエステラーゼ4に対して特異的な阻害作用を有するオキサゾール化合物を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明のオキサゾール化合物又はその塩は、下記一般式(1)


[式中、Rは、置換基を有していてもよいアリール基を示す。Rは、置換基を有していてもよいアリール基又は窒素原子含有複素環基を示す。Wは、−Y−A−又は−Y−C(=O)−で示される二価の基を示し、ここで、Yは−C(=O)−等を示し、Aは低級アルキレン基等を示し、Yはピペラジンジイル基等を示す。]
で表される。 (もっと読む)


【課題】本発明は、本発明は、崩壊性に優れ、溶解性及び消化管からの有効成分の吸収性も良好な新規医薬固形製剤およびその製造方法を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明はの医薬固形製剤は、(a)7−クロロ−5−ヒドロキシ−1−[2−メチル−4−(2−メチルベンゾイルアミノ)ベンゾイル]−2,3,4,5−テトラヒドロ−1H−ベンゾアゼピン及び/又はその塩、(b)ヒドロキシプロポキシル基含量が50重量%以上であるヒドロキシプロピルセルロース、並びに(c)カルメロース、カルボキシメチルスターチナトリウム、クロスポビドン、及び平均粒子径が30〜70μm、90%積算粒子径が100〜200μmである低置換度ヒドロキシプロピルセルロースからなる群から選ばれた少なくとも1種を含有する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、大豆粉末並びにドライフル−ツ及び/又は難消化性デキストリンを含むことで食品のGI値を低減することができるGI値低減剤を提供することを目的とする。また、該GI値低減剤を添加することを特徴とするGI値が低減された食品の製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】大豆粉末並びにドライフル−ツ及び/又は難消化性デキストリンを含むことで、食品のGI値を低減することができる。 (もっと読む)


【課題】パーキンソン病の慢性進行性を阻止もしくはドパミン神経細胞をその病因から保護することにより神経機能障害の進行を抑制し、L-ドーパ服用時期までの期間を延長すると共に機能改善効果を有する新規な化合物を提供すること。
【解決手段】本発明は、一般式(1)


[式中、Rは、水素等を示す。Rは、水素等を示す。R3は、置換基を有していてもよいフェニル基等を示す。Rは、ハロゲンを示す。Rは水素またはハロゲンを示す。Rは、水素を示す。Rは、ヒドロキシ基等を示す。]
で表されるキノロン化合物またはその塩を提供する。 (もっと読む)


マラリア流行地域における実地診療に貢献できるヒト検体中の特定のプラスモジウム属原虫、および4種のマラリアの有無について、簡便で、迅速な検出・識別法、さらにはマラリア対策支援システム、マラリア感染予防・治療対策システムを提供する。ヒトに感染する4種類のプラスモジウム属原虫が一度に検出可能な属特異的プライマーセット及び4種の原虫種(熱帯熱マラリア原虫、三日熱マラリア原虫、四日熱マラリア原虫、および卵形マラリア原虫)特異的プライマーセットを用いれば、これらの感染の有無を簡便、迅速に検出、識別し得る。 (もっと読む)


111 - 120 / 230