日鉄住金鋼板株式会社により出願された特許

71 - 80 / 178


【課題】模様の密着性がよく、模様が際立って見える意匠性に優れた塗装金属板とその製造方法を提供する。
【解決手段】下地処理が施された金属板1の少なくとも片面に、下塗り塗膜7及び上塗り塗膜6を順に有する塗装金属板であって、上塗り塗膜は下塗り塗膜の一部を覆っており、そして、上塗り塗膜の外面は凹凸形状の模様を有し、かつ上塗り塗膜中に上塗り塗膜とは色相の異なる塗料が粒状で混在していることを特徴とする意匠性に優れた塗装金属板。ロール塗装により外面に凹凸形状を有する上塗り塗膜を、下塗り塗膜の一部を覆うように形成した後、未乾燥状態の上塗り塗膜上に上塗り塗膜とは色相の異なる塗料をスプレー塗装することによって、上塗り塗膜中に上塗り塗膜とは色相の異なる塗料を粒状で混在させることを特徴とする、意匠性に優れた塗装金属板の製造方法。 (もっと読む)


【課題】模様の密着性がよく、模様が際立って見える意匠性に優れた塗装金属板とその製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】下地処理が施された金属板1の少なくとも片面に上塗り塗膜6を有する塗装金属板であって、上塗り塗膜の外面は凹凸形状の模様を有し、かつ上塗り塗膜中に上塗り塗膜とは色相の異なる塗料が粒状で混在していることを特徴とする意匠性に優れた塗装金属板。下地処理層2と上塗り塗膜の間に下塗り塗膜を設けてもよい。表面が平滑なアプリケーターロールと、表面に部分的にグラビアセルが彫刻された金属製ピックアップロールを用いて、ロール塗装により外面に凹凸形状を有する上塗り塗膜を形成した後、未乾燥状態の上塗り塗膜上に上塗り塗膜とは色相の異なる塗料をスプレー塗装することによって、上塗り塗膜中に上塗り塗膜とは色相の異なる塗料を粒状で混在させることで、意匠性に優れた塗装金属板の製造方法。 (もっと読む)


【課題】負圧荷重などの負荷に対する強度を大きくしたにもかかわらず、折り曲げ加工により成形しやすく、また、屋根の防水性の低下を防止することができる吊子を提供する。
【解決手段】折板屋根材49を屋根材保持具69に取り付けるために用いられる吊子2に関する。該吊子2は吊子本体70と補強部材71とを備える。吊子本体70は屋根材保持具69と連結される立ち上がり部72と、立ち上がり部72の上端に形成されて折板屋根材49に係止される係止部19とからなる。補強部材71は吊子本体70の立ち上がり部72に接合して一体化される。吊子本体70の立ち上がり部72を補強部材71で補強することができる。 (もっと読む)


【課題】遮熱性の高い遮熱塗装板を提供する。
【解決手段】表面塗膜を金属板に設けてなる遮熱塗装板において、表面塗膜と金属板の間に白色系塗膜を設ける。表面塗膜を透過した赤外線は白色系塗膜で反射して吸収されないようにすることができる。 (もっと読む)


【課題】加工が簡単でコストを抑えることができるにもかかわらず、負圧荷重に対する折板屋根材の取付強度を高めることができる折板屋根を提供する。
【解決手段】折板屋根材AをタイトフレームBにより保持して形成される折板屋根に関する。折板屋根材Aは谷部1の両側に斜め上方に突出する山部半体2、2を有すると共に谷部1の略中央部に嵌合係止部9を有する。タイトフレームBは断面逆U字状の固定突部6と固定突部6の両側に突出する固定部16とを有すると共に固定部16は上方に突出する被嵌合係止部10を有する。隣接するタイトフレームBの被嵌合係止部10、10を近接させた状態で折板屋根材Aの嵌合係止部9を嵌合する。 (もっと読む)


【課題】建物の外観を損なわずに建物を雷撃から保護することができる断熱屋根用連結具を提供する。
【解決手段】上側屋根材30と下側屋根材31との間を断熱空間32として形成するために、前記上側屋根材30と前記下側屋根材31とを離間させた状態で連結する断熱屋根用連結具Aに関する。前記下側屋根材31に取り付けられる導電性のサドル1と、前記上側屋根材30を係止するための導電性の吊子2と、前記サドル1と前記吊子2との間に介在する非伝熱性の断熱部材3と、前記サドル1と前記吊子2とを電気的に接続するための導電部材4とを備える。 (もっと読む)


【課題】折板屋根材の破損や取付強度の低下を防止することができる折板屋根を提供することを目的とする。
【解決手段】折板屋根材AをタイトフレームBにより保持して形成される折板屋根に関する。折板屋根材Aは谷部1の両側に斜め上方に突出する山部半体2、2を有すると共に山部半体2、2の傾斜部3の上部と下部に被係止部4、5を有する。タイトフレームBは断面逆U字状の固定突部6の上部と下部に係止部7、8を有する。固定突部6に山部半体2を被覆すると共に係止部7、8に被係止部4、5を係止する。折板屋根材AとタイトフレームBとを上下の被係止部4、5と係止部7、8により複数の箇所で係止して連結する。一部の係止部分に負圧荷重が集中することがない。 (もっと読む)


【課題】座屈及び金属外被と断熱材との剥離を防いで屋根の破損を防止することができるシート防水屋根を提供する。
【解決手段】二枚の金属外被1、2の間に断熱材3を介在させて断熱パネル4を形成する。複数の断熱パネル4、4…を屋根下地5に載設すると共に隣接する断熱パネル4、4を接続する。断熱パネル4の上面を覆って防水シート6を敷設するシート防水屋根に関する。断熱パネル4の上面側の金属外被1に凹成又は凸成してリブ部7を形成する。断熱パネル4の上面のリブ部7以外の箇所に防水シート6を接着するための接着部8を形成する。 (もっと読む)


【課題】施工効率の低下やコスト高になるのを防止して耐力壁を形成することができる耐震構造を提供する。
【解決手段】二枚の金属外被1、2の間に断熱材3を充填して形成されるパネル4を壁下地材9に取り付けて成る耐震構造に関する。パネル4をその壁下地材9側の金属外被2にて連結具5で壁下地材9に連結する。パネル4に支圧板やそれを取り付ける作業を必要とせず、パネル4の壁下地材9側の金属外被2を壁下地材9に連結具5で連結して耐力壁を形成することができる。 (もっと読む)


【課題】壁体の交差部にも十分なシールド性能を確保でき、磁気シールド材の加工数が少なく、更に要求される磁気シールド性能への対応が容易なシールドパネル及びその連結構造を提供する。
【解決手段】シールドパネルを互いに連結することにより構成されるシールドパネル壁体において、上記シールドパネルは、平板状のパネル芯材11と、上記パネル芯材いずれか一面又は表裏両面に取り付けられた電磁シールド面材12と、少なくとも上記一の電磁シールド面材表面の周端部を残して取り付けられた磁気シールド面材13とを有し、互いに連結すべき上記シールドパネルは、互いの周端部が略同一面上となるように隣接配置されてなり、 連結すべき上記各シールドパネル間を跨いで上記電磁シールド面材における周端部上に架設用金具21が架設され、更に連結すべき上記各シールドパネル間を跨いで上記磁気シールド面材上に短冊形磁気シールド面材23が架設される。 (もっと読む)


71 - 80 / 178