説明

谷電機工業株式会社により出願された特許

1 - 10 / 25


【課題】 ネットワーク上における、なりすましによる被害を減らすことを目的とする。
【解決手段】 通信回線(1)を介して互いに接続されたホストサーバ(10)と、当該ホストサーバからサービスを受ける少なくとも1個のクライアント端末(20)と、を含み、クライアント端末から送信された混在テキストデータから、埋め込まれているアクセス開始日時に係るデータを抽出して直接読み込み可能なアクセス開始日時に変換し、そのアクセス開始日時と、矯正済みリアルタイムとを比較して当該アクセスの正当性を判定する。 (もっと読む)


【課題】印刷物やテレビ、パソコンなどの画面上に表示されている文字などのコード情報を介した製品広告サービス業を提供することにより、より鮮明な消費者情報、消費者動向の把握や、宣伝の効果を高める工夫を可能とし、また、センターを管理する事業者は宣伝費の収入によってその事業を遂行、拡大を可能とする。
【解決手段】消費者が、携帯電話で文字を読み取ることによって自動的にセンターに接続し、センターから自動的に消費者の知りたい文字の意味や、外国の単語を手軽に調べる。その際に、消費者に広告を提供して、アクセスの回数をセンターで把握することによって、そのアクセス回数に応じた宣伝費用を商品提供会社に請求する。また、それと同時にアクセス回数、アクセス時間帯などの情報を提供する。 (もっと読む)


【課題】パチンコ台等のようなゲーム用プログラム等を予め内蔵した電子娯楽遊戯機等でROMに記憶される正規のプログラム、パラメータ、画像データ等が変更、改竄、盗用、転用等されることを防止する電子娯楽遊戯機等を提供する。
【解決手段】パチンコ台10は、ゲーム内容(ゲームシナリオ等)のプログラムを含むプログラムファイル35等を記憶するROM34と、CPU32と、液晶パネル21等とを備え、ROM上に記憶されるプログラムファイル等は符号化してカラーファイル71として記憶され、プログラムを実行してゲーム内容を実行する時、メモリ33の上で、カラーファイルを復号し、元ファイル72としてのプログラムと画像データと音声データを生成する復号化手段44を備えるように構成される。 (もっと読む)


【課題】IT業界が確立した独自の宣伝媒体としての利用方法をそのまま利用することによって新たな業界を成立させることができる情報の配信方法を提供する。
【解決手段】印刷された商品の情報には、一品ずつコードを印刷し、このコード情報を携帯電話で読み取ることによって自動的にセンターに接続し、センターから自動的に画像や文書情報が携帯電話に送信されるので、より詳しい情報を消費者に提供できる。その際に、アクセスの回数をセンターで把握することによって、そのアクセス回数に応じた宣伝費用を商品提供会社に請求する。また、それと同時にアクセス回数、アクセス時間帯などの情報を提供することによって、より鮮明な消費者情報、消費者動向を把握できるので、宣伝の効果を高める工夫が可能になり、また、センターを管理する事業者は宣伝費の収入によってその事業を遂行、拡大できる。情報の提供方法としては、テレビ、バソコン画面を利用する。 (もっと読む)


【課題】組織、管理者、またはこれらの各層別における情報管理を一元化、各種機械装置に組み込まれた情報の安全な保護管理を可能にし、情報管理の負荷を軽減し、情報流出を防止し、ファイルの保全・保護、破壊、改竄、変更を防止できる情報管理システム等を提供する。
【解決手段】情報管理システム32は、元ファイル51を符号化して暗号化ファイル41を作成する符号化手段44と、暗号化ファイルを保存するデータ保存メモリ21と、復号化手段42と、メモリ13と、定常的運用処理サイクルで、暗号化ファイルを復号化手段で編集可能な表示ファイル43等に復号化してメモリに記憶し、表示ファイル等の形式で必要な編集を行い、編集後に表示ファイル等を符号化手段で暗号化ファイルに変換してデータ保存メモリに保存する情報管理手段と、情報管理手段での暗号化ファイルについての処理または操作を制御する情報管理ファイル33を備える。 (もっと読む)


【課題】カラーを利用した暗号化技術でキー検索技術を付加し、カラー暗号化ファイルの保管および取り扱い上の利便性を向上できる検索型カラー暗号化ファイルの構成方法および検索型カラー暗号化ファイルシステムを提供する。
【解決手段】検索型カラー暗号化ファイルの構成方法は、文書ファイル31Aを情報変換型カラー暗号化の処理83に基づいてカラー画像ファイル52Bに変換し、同じ文書ファイル31Aの中からテキスト抽出の処理61によって抽出されたテキストファイル31A−1を、情報置換型のカラー変換の処理62に基づいてカラー画像ファイル52Aに変換し、結合処理86により、新たなカラー画像ファイル52Cが作成される。そして、結合されたカラー結合ファイル52Cに対してカラーキー75を用いてカラーキー検索の処理71が実行され、カラー画像ファイルの検索リスト73が作成される。 (もっと読む)


【課題】生産工程管理等における膨大な履歴情報を、秘匿性を保持して扱うことができ、さらにデータ圧縮効果を高め、高い情報密度で扱うことができる履歴情報カラーコードおよびその作成方法、復元方法、並びに履歴情報管理の方法等を提供する。
【解決手段】本発明の履歴情報カラーコードは、任意の1つの識別番号(ID)が付与された1つの識別物に関する複数の履歴情報オブジェクト(O)と、複数の履歴情報オブジェクト(O)のそれぞれに、処理順序または入力順序に従って追加/累積される時系列的な一連の複数の工程履歴情報(O)と、複数の履歴情報オブジェクト(O)のそれぞれに、履歴情報カラー(C)と履歴情報カラー数値(N)を割り当てて生成されるC−N−Oレコードと、を含む。 (もっと読む)


【課題】符号化および復号化に最適なカラー概念を提案する共に、コンピュータでインターネット等の通信回線を経由したコンピュータ間の情報配信等でカラー写真画像を配信する際にメッセージも暗号的に送ることができる番地カラーシステム等を提供する。
【解決手段】本発明の番地カラーシステムは、任意のカラー写真画像21C,30を表示する表示画面を形成する2次元配列の複数のピクセルから一部または全部を取り出して形成する番地カラーシステムであり、複数のピクセルの各々について、ピクセル位置情報に基づいて付与される番号(n)と、対応するピクセルで表現されるカラー(C)とから番地カラー(Cn)を作成して構成される。テキストの符号化、復号化に利用され、インターネットを経由した通信における暗号化手段として利用できる。 (もっと読む)


【課題】 撮像した画像をコード化し、インターネット等を利用して安全に情報配信または情報通信を行うことができ、コード化内容に基づき撮像対象物を高い認識率で確実に認識できるカメラ撮像画像の2次元カラーコードおよびその作成方法を提供する。
【解決手段】本発明の2次元カラーコードの作成方法は、カメラ13で撮像した画像の2次元特定領域31を選択するステップS14と、2次元特定領域31を5×5個の領域31aに分割するステップS15と、5×5個に分割された該領域31aの各々で代表カラーを決めるステップS16とを有し、5×5個の該領域について決められた複数の該代表カラーに基づき2次元特定領域のカラーコード32を決定する方法である。 (もっと読む)


【課題】 プリント基板供給装置の装置本体への基板のセット作業や搬送作業を極めて簡単かつ敏速に行えるようにする。
【解決手段】 同一の寸法、形状を有する多数の基板を互いに重ね合わせてなる基板束4を縦置きすることができる基板セット部Sを装置本体内2に設けるとともに、複数個の無接触吸着パッド8を突設したL字形作動アーム7を所定の角範囲に亘って往復回動可能に設け、該作動アームと共に往復回動するそれらのパッドで基板束から基板を1枚づつ吸着分離して搬出面上へ搬送するようにする。 (もっと読む)


1 - 10 / 25