説明

三洋電機コンシューマエレクトロニクス株式会社により出願された特許

1,081 - 1,090 / 1,582


【課題】 液体収納容器内の液体が少なくなっても当該容器の載置を安定化させることができるとともに空焚きを防止できる、安全性に優れたポットを提供すること。
【解決手段】 本発明のポットは、加熱装置を有する台座と、該台座の上に着脱自在に載置され、収容された液体を前記加熱装置により加熱される容器と、を備えたポットであって、前記台座は、該台座の底部から突出し、当該台座に対して上下に揺動自在に設けられ前記容器内の液体残量を検出する検出装置と、検出された液体残量に応じて前記加熱装置を制御する制御装置とを備えたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】取得した道路交通情報に基づいて経路案内を行う車載用ナビゲーション装置において、特に道路交通情報を取得する受信手段を、道路交通情報を取得するときのみ電源をオンすることで消費電力を低減する。
【解決手段】車載用ナビゲーション装置10は、VICSを受信する受信手段14、受信完了検出手段15、受信間隔検出手段16を備え、受信間隔計測モードでは、受信間隔検出手段16がVICSを受信する間隔を複数回計測し、間隔が一定であるか否かを判別する。一定であると判断すると、受信間隔検出手段16が計測する所定時間をセットして、節電モードへ移行し、受信完了検出手段15が受信完了を検出すると電源制御手段19が受信手段14への電力の供給を停止し、所定時間を経過すると電力の供給を再開する。 (もっと読む)


【課題】 ユーザにとって使いやすい通信装置を提供する。
【解決手段】 第1筐体100の第1表示部110が縦向きで表示されている状態で第1表示部110が操作されると、第1表示部110にテレビ画像を表示すると共に、第1表示部110を縦向き表示から横向き表示に変える。又、第2表示部110も縦向き表示から横向き表示に変える。 (もっと読む)


【課題】 通信料金をかけずに効率よく用件メッセージを転送する。
【解決手段】 着信があり所定回数の着信音の鳴動があると自動的に回線を接続すると共に相手先からの用件メッセージを録音する(S1〜S4ステップ)、用件メッセージの録音がある度にメッセージの数をカウントしていき(S5ステップ)、カウント数が所定数以上となるか(S6ステップ)、所定の時刻になると(S7ステップ)、録音した用件メッセージを所定の相手先へ転送する(S8ステップ)。 (もっと読む)


【課題】 確実に重要な案件を記録可能な電話装置を提供する。
【解決手段】 通話が開始されると自動的に通話内容の録音を開始し(S1〜S2ステップ)、通話が終了すると共に通話内容の録音を終了し(S3〜S4ステップ)、ユーザが通話内容の消去を指示する操作を行うと、録音した通話内容の消去が行われ(S7ステップ)、通話内容の消去を指示する操作が行わなければ、録音した通話内容の記録が維持される(S8ステップ)。 (もっと読む)


【課題】 バッテリの電圧が所定の値を超えている時のみにデモンストレーションを実行可能な電話装置を提供する。
【解決手段】 子機のバッテリの電圧が所定の値より低い場合にはデモンストレーションを一旦停止し(S1、S2ステップ)、子機のバッテリの電圧が所定の値よりも高くなると、一旦停止したデモンストレーションを再開する(S3、S4ステップ)。 (もっと読む)


【課題】 会議中やテスト中にアラームが鳴動することを防止する。
【解決手段】 アラームの鳴動を禁止する時間帯を予め設定しておき、制御回路は、その時間帯になったと判定すると、電源オフ状態か否かを判定し(S2ステップ)、電源オフ状態でアラーム時刻になったと判定すると(S3ステップ)、アラームの鳴動を禁止し(S4ステップ)、電源オン状態でアラームの鳴動時刻になったと判定すると(S5ステップ)、アラームの鳴動を禁止し(S6ステップ)、更に着信があったと判定すると(S7ステップ)、バイブレータで着信を報知する(S8ステップ)。 (もっと読む)


【課題】 相手先がセールス等を目的とする相手先か否かを明確にすることが可能な電話装置を提供する。
【解決手段】 着信があり、所定回数の着信音鳴動が終了すると(S1〜S6ステップ)、自動的に回線を接続させて応答メッセージを回線へ送出し、発呼側からの用件メッセージを記憶する(S10ステップ)。ユーザは発呼側からの用件メッセージを聞くことにより、発呼側がだれであるかを判断し、通話又は回線切断を開始する(S12、S14ステップ)。 (もっと読む)


【課題】 バーナーの点火時に確実に着火を検知することができ、操作性に優れた携帯用ドライヤを提供すること。
【解決手段】 本発明の携帯用ドライヤ10の発明は、ガスボンベ13から供給されたガスを燃焼させるバーナーと、バーナーの点火を行う点火機構20と、バーナーの着火を検知する着火検知部と、ガスの燃焼によりバーナー周辺で熱せられた空気を温風として吹き出し口14から吹き出させるファン15bと、ファン15bを駆動するモータ15aの回転数を制御する制御部50と、を備え、着火検知部は着火検知条件を多段階に切り替えてバーナーの着火を検知する。 (もっと読む)


【課題】 車内に入射する光を遮光する遮光手段を備えた車載用表示装置を提供する。
【解決手段】 車載用表示装置において、遮光手段と、表示手段と、該表示手段に入射する外光の照度を検出する外光検出手段と、外光の照度の閾値を記憶した記憶手段と、前記外光検出手段で検出された外光の照度と、前記記憶手段に記憶された外光の照度の閾値とを比較する外光比較手段と、該外光比較手段により、前記外光検出手段で検出された外光の照度が前記記憶手段に記憶された外光の照度の閾値を超えたことが検出されると、前記遮光手段を突出させる制御手段と、を備えた。 (もっと読む)


1,081 - 1,090 / 1,582