説明

三洋電機コンシューマエレクトロニクス株式会社により出願された特許

231 - 240 / 1,582


【課題】穀物粒を出発原料としてパンを製造でき、ユーザが快適に使用できる自動製パン器を提供する。
【解決手段】穀物粒を出発原料としてパンを製造可能な自動製パン器1は、本体10と、本体10の背面に回動可能に一端が軸支される蓋体40と、を備える。蓋体40には、焼成室に収容されたパン容器を外側から覗くための覗き窓41と、穀物粒を粉砕した後に投入されるパン原料を収納するパン原料収納容器を取り付けるための取付空間40bと、が設けられており、これらは、覗き窓41が本体10の前面寄り、取付空間40bが本体10の背面寄りとなるように配置され、蓋体40の上面40aの略全体が、本体10の前面側から背面側に向けて高くなる傾斜面となっている。 (もっと読む)


【課題】複雑な装置構成やコストのかかる多機能センサを用いることなく、ミスト生成器内部の水溶液の貯留量を検出してユーザに示すことが可能なミスト生成器を提供する。
【解決手段】本発明のミスト生成器は、貯水タンクと、霧化部と、貯水タンクの液体を霧化部へ搬送する搬送路と、表示部とを備えている。さらに、液体を加圧し、搬送路を介して霧化部へ到達するように付勢する加圧部を備えている。さらに、液体を検知するために搬送路の下流且つ霧化部の近傍に設けられた液体検知部を備えている。さらに、加圧部による付勢が開始された場合に、液体検知部により液体が検知されるまでの到達所要時間を計測する制御部を備える。制御部は、貯水タンクに貯えられている液体の貯留量に応じて必要となる到達所要時間を示す第一関係情報を参照し、この第一関係情報と計測した到達所要時間とに基づいて、貯水タンクの貯留量を算出し、表示部に表示する。 (もっと読む)


【課題】電解水を、その除菌効果を低下させることなく、室内に効果的に行き渡らせることができる電気掃除機を提供すること。
【解決手段】掃除機本体2において、排気口14の上方には、電解水ミストの噴出口33が設けられている。電解水ミスト生成ユニット30が生成した電解水ミストMが噴出口33から噴出される。ミストMは、比較的高温の排気が放出される排気口14から上方に離れた噴出口33から噴出されるので、ミストMが噴出口33から噴出された段階でミストMの除菌効果が排気の熱で低下することを抑制できる。排気口14は、排気を斜め上方ヘ放出する。そのため、噴出口33から一旦斜め上方ヘ噴出されたミストMが自重によって下降しようとしたときに、ミストMの除菌効果を低下させない程度に冷えた排気によって、ミストMが再び斜め上方へ放散されるので、ミストMを遠くへ飛ばすことができる。 (もっと読む)


【課題】穀物粒からパンを製造できる自動製パン器であって、穀物粒の粉砕に伴うパン原料温度の上昇を抑制できる自動製パン器を提供する。
【解決手段】自動製パン器1は、パン原料が投入されるパン容器(図示せず)と、前記パン容器が収容される焼成室30と、前記パン容器内のパン原料をパン生地に練り上げる混練ブレード(図示せず)と、前記パン容器にパン原料の一部として投入される穀物粒を粉砕する粉砕ブレード(図示せず)と、前記混練ブレードを低速回転するために設けられる第1のモータ50と、前記粉砕ブレードを高速回転するために設けられる第2のモータ60と、焼成室30に設けられる通気孔32、33を利用して焼成室30を冷却する空気の流れを作るダクト16及びファン17と、を備える。 (もっと読む)


【課題】走行中におけるユーザの操作回数を低減させつつも、ユーザの所望する機能を動作させること。
【解決手段】階層化された複数のメニュー画面に含まれるメニュー画面を表示手段に表示し、表示した前記メニュー画面上に配列されたメニュー項目の選択を促す車載用電子機器において、前記メニュー項目には、少なくとも、対応付けられた下位の階層のメニュー画面を前記表示手段に表示するための階層項目と、前記車載用電子機器における機能を実行するための機能項目と、があり、前記車載用電子機器は、更に、車両が停車中か否かを判定する停車判定手段と、前記停車判定手段により停車中でないと判定された状態で、前記階層項目が選択された場合、該階層項目に対応付けられたメニュー画面を表示できなくする階層制限手段と、を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】超音波振動子の個体差に起因して発生するミスト生成量のばらつきを補正することが可能なミスト生成器を提供する。
【解決手段】本発明のミスト生成器は、貯水タンクと、霧化部と、液体を霧化部へ搬送する搬送路とを備えている。また、液体を加圧することにより搬送路を介して霧化部へ到達するように付勢する加圧部を備えている。また、流動経路を介して搬送された液体を貯留する役割を果たす貯留部を備えている。また、貯留部に貯留されている液体を検知する液体検知部を備える。また、貯留部に液体が満たされている状態で加圧部による付勢が停止され、且つ霧化部による霧化が開始された時点で、霧化開始から液体検知部により液体が検知されなくなるまでの所要時間を計測する制御部を備える。制御部は、計測した所要時間に基づいて、霧化部の駆動電圧を制御する。 (もっと読む)


【課題】穀物粒からパンを焼き上げられる便利な仕組みを備えた自動製パン器を提供する。
【解決手段】自動製パン器は、パン容器80と、パン容器80を収容する焼成室30と、パン容器80の底部に回転可能に取り付けられる回転軸82と、回転軸82に回転動力を与えるモータ50、60と、穀物粒粉砕用の粉砕ブレード、パン生地練り上げ用の混練ブレード、及び、パン容器80内で回転軸82に相対回転不能且つ着脱可能に取り付けられるユニット用シャフトを有するブレードユニット90と、を備える。ブレードユニット90は、回転軸82の回転方向が一方向に回転した場合に前記粉砕ブレードによる粉砕を行い、回転軸82が前記一方向と反対方向に回転した場合に前記混練ブレードによる生地の練り上げを行う。 (もっと読む)


【課題】床面における狭い部分を効果的に掃除できる電気掃除機用吸込具を提供すること。
【解決手段】電気掃除機用吸込具1のハウジング10では、前面10Bの副吸込口13をシャッター14が開閉する。床面Xにおける狭い部分を掃除したい場合には、副吸込口13が床面Xに対向するようにハウジング10を倒立させ、シャッター14を開く。シャッター14は、開いた状態においてハウジング10内と連通する取込穴20を有している。そのため、狭い部分の塵埃を副吸込口13からハウジング10内に吸い込み、狭い部分においてシャッター14に対向している部分の塵埃を取込穴20からハウジング10内に吸い込める。ハウジング10内に設けられたフラップ部材21が、シャッター14が開くのに連動して、取込穴20から流入する空気および塵埃をベンドパイプ11へと導く。 (もっと読む)


【課題】 簡単な構成で、離れた場所にある電子機器の使用状況をユーザに報知可能なコードレス電話装置を提供する。
【解決手段】 子機30は、パソコンからの電力供給を検出すると、パソコンが電源オンとなった旨の信号を親機20へ送信し(ステップ4からステップ5の間の通知信号)、親機20はパソコンが使用中である旨のメッセージを表示する。一方、子機30は、パソコンからの電力供給断を検出すると、親機20と子機30との間が無線接続されると共に、親機20はパソコンが使用中である旨のメッセージを消去する(ステップ7)。 (もっと読む)


【課題】穀物粒からパンを製造できる自動製パン器であって、ユーザがタイマー予約を用いて快適に製パンを行える自動製パン器を提供する。
【解決手段】自動製パン器は、穀物粒からパンを焼き上げる穀物粒用製パンコースを実行させる制御手段を備える。タイマー予約を行わないで前記穀物粒用製パンコースが実行される場合の工程パターンを通常工程パターンとすると、前記制御手段は、タイマー予約を行って前記穀物粒用製パンコースを実行させる場合に、タイマー予約が完了した時刻から予約設定された時刻までの時間長のうち、前記通常工程パターンの所要時間に対して超過する超過時間を求め、前記超過時間を工程時間とする休止工程が粉砕工程より後に行われるように前記通常工程パターンを変更した予約用パターンにしたがって製パン動作を実行させる。 (もっと読む)


231 - 240 / 1,582