説明

TANAKAホールディングス株式会社により出願された特許

31 - 40 / 146


【課題】検出時の偽陽性の要因となる非特異性因子による非特異的反応を抑えると共に被検物質の検出感度を向上させて、検体中の被検物質を正確にかつ迅速に検出することができるイムノクロマトグラフィー用試験キットを提供する。
【解決手段】被検物質を添加する試料添加部、被検物質に特異的に反応する特異的結合物が標識された標識物質を保持する標識物質保持部、被検物質に特異的に反応する特異的結合物が標識された標識物質を捕捉する捕捉物質が固定された判定部、がクロマトグラフィー媒体上に形成された試験片と、前記被検物質を前記試験片上に展開させるための展開液と、を備えるイムノクロマトグラフィー用試験キットにおいて、前記判定部の捕捉物質と同一の産生動物種由来でありかつ同一のサブクラスを有する免疫グロブリンを、前記展開液に混合するか、又は、前記試験片の試料添加部若しくは標識物質保持部に保持させたものである。 (もっと読む)



【解決課題】 金属板の表面に残存した、例えば、金、銀、クロム、ニッケル等で構成される多種・多層の金属層を、金属基板を痛めることなく一度に短時間で剥離する方法を提供することを目的とする。
【解決手段】 本発明は、金又は銀からなる少なくとも1層の第1の金属層と、クロム又はニッケルからなる少なくとも1層の第2の金属層とが交互に積層した金属板から、前記第1の金属層及び前記第2の金属層を剥離する方法であって、前記金属板をシアン系アルカリ溶液に浸漬すると共に、前記金属板を陽極として通電と無通電とを交互に繰り返すパルス電解をかける工程を備える金属基板からの金属剥離方法である。ここで、パルス電解の通電時の電流値および電圧は、1mA/cm〜1A/cm、1V〜100Vとすると共に、通電時間は0.1秒〜60秒、無通電時間は1秒〜10分とするのが好ましい。 (もっと読む)




【解決課題】高電位域での安定性に優れると共に、電極を構成する際に固体電解質の混合比を減少させることができるような燃料電池用の触媒を提供すること。
【解決手段】本発明は、触媒成分としての貴金属微粒子と、前記貴金属微粒子を支持する担体とからなる固体高分子形燃料電池の触媒において、前記担体は、硫酸化ジルコニウムであり、前記貴金属微粒子の担持率が20〜60%であることを特徴とする固体高分子形燃料電池の触媒である。本発明に係る触媒は、それ自体がプロトン導電性を有するものであり、これにより電極を構成する際に50重量%以下の固体電解質の混合量でも電極として機能させることができる。 (もっと読む)





【課題】感歪抵抗体を形成するガラスマトリクスの鉛フリー化と実用上充分なレベルの感歪特性の発現とを両立可能な力学量センサ素子を提供する。
【解決手段】力学量センサ素子1は、応力の印加による歪み量の変化に応じて電気抵抗値が変化する感歪抵抗体4と、電気絶縁性を有する絶縁体である基板2とが密着して形成された構造を有し、感歪抵抗体4が鉛を含有せず且つビスマスを含有するガラスよりなるマトリクスに導電性粒子を分散してなるので、応力の印加による歪み量の変化に応じて電気抵抗値が変化し、この抵抗値変化を検出することによって力学的な変化量を測定することができる。また、感歪抵抗体4を形成するガラスが、環境負荷物質の一つである鉛を含有していないので、廃棄した場合等に環境へ悪影響を及ぼすことを防止することができる。 (もっと読む)


31 - 40 / 146