東亜ディーケーケー株式会社により出願された特許

111 - 120 / 204


【課題】任意に設定できるデータテーブルを簡単、迅速に設定することのできるpH又は電気伝導率の測定用の測定装置、及びデータテーブル設定方法を提供する。
【解決手段】測定装置1は、溶液のpH値に応じた信号を出力するpH測定電極21と;溶液の温度に応じた信号を出力する温度検知手段23と;pH測定電極21及び温度検知手段23が接続された本体10と;本体10内に設けられ、標準液のpHと温度との関係を示すpH−温度特性データテーブルを記憶する記憶手段13と;本体10内に設けられ、標準液の温度に応じて温度検知手段23が出力した信号に対応するpH値を記憶手段13から取り出し、そのpH値を用いて校正を行う信号処理手段11と;本体10内に設けられた、記憶手段13に記憶するpH−温度特性データテーブルを本体10の外部の情報伝達媒体2から取り込む取り込み手段14と;を有する構成とする。 (もっと読む)


【課題】濃縮部で試料液中の金属イオンを濃縮し、この金属イオンを溶離液により溶出させて測定するに当たり、溶離液の温度、流量などの厳密な管理を不必要とする。
【解決手段】イオン交換樹脂および/またはキレート樹脂が充填された濃縮部10に試料液導入手段12から試料液を流し、上記樹脂に試料液中の金属イオンを吸着させた後、溶離液導入手段14から濃縮部に溶離液として酸溶液を流すことにより、上記樹脂に吸着された金属イオンを溶離液とともに濃縮部から流出させ、この濃縮部からの流出液を測定部20に導入して試料液中の金属イオン濃度を測定するに当たり、濃縮部からの流出液のpHを連続的にモニターし、流出液のpHが急激に変化する時点を検出するとともに、この時点から所定時間流出する流出液を測定部に導入する。 (もっと読む)


【課題】試料ガスの紫外線吸光度および参照ガスの紫外線吸光度をそれぞれ測定し、これら両紫外線吸光度から試料ガス中のオゾン濃度を演算するオゾン測定において、紫外線ランプの光量が変動すると試料ガス中のオゾン濃度を正しく測定できなくなるという問題を解決する。
【解決手段】参照ガスの紫外線吸光度の変化率、すなわち紫外線ランプの光量の変化率が所定のしきい値を超えたときに、試料ガスおよび参照ガスの紫外線吸光度からの試料ガス中のオゾン濃度の演算を行わないようにする。 (もっと読む)


【課題】容易に小型化および軽量化でき、流体に接する全ての部分をフッ素樹脂製とする等、部材の材質に制限がある場合であっても容易に作製できるフィルタユニットを提供する。
【解決手段】本発明のフィルタユニット1は、一定口径の貫通孔11を有する収容体10と、収容体10の貫通孔11の略中央に挿入されたフィルタ本体20と、収容体10の貫通孔11の両端から挿入され、フィルタ本体20を挟んで支持する2つの管状の支持部材30,30とを具備する。また、本発明のフィルタユニットは、第1の穴と第1の穴より口径が大きい第2の穴とからなる貫通孔を有し、第2の穴の底面の一部に第1の穴が連通している収容体と、収容体の第2の穴の底面に隣接しているフィルタ本体と、収容体の第2の穴に挿入され、前記フィルタ本体を第2の穴の底面に押さえ付けて支持する管状の支持部材とを具備する。 (もっと読む)


【課題】流通型電極装置を用いて、より安定した、再現性の高い測定を行うことのできる電気化学測定方法、及びその電極装置を提供する。
【解決手段】試料液収容部6から供給される試料液Sが流通する試料液流路8の途中に、測定電極2の測定部2aと、測定電極2に対して比較電極3を電気的に接続するために比較電極液流路12内を流通する比較電極液Rを試料液流路8内の試料液Sに合流させる合流部11と、を試料液流路8内の試料液Sの流通方向の上流側からこの順序で有する電極装置100を用いた電気化学測定方法は、試料液流路8内を流して試料液Sを測定部2aに供給した後に、測定部2aに位置する試料液Sと試料液収容部6内の試料液Sとの間の試料液流路8内に気体を導入して、測定部2aに位置する試料液Sと試料液収容部6内の試料液Sとの間を分離した状態で、測定電極2による測定値を検出する構成とする。 (もっと読む)


【課題】必要な情報の入力を直感的に行うことができ、また、必要な情報を容易に取得することが可能な分析計等を提供する。
【解決手段】ガスクロマトグラフ分析装置1は、試料を分析して分析データを出力する分析部10と、分析データに基づきチャートを表示し、ユーザの指示により与えられる外部データを受け付ける表示部14と、分析データと外部データのうち少なくともいずれか一方を取得し、取得したデータを用いて所定の演算を行う演算制御部12と、分析データ、外部データ及び演算制御部12による演算結果を記憶する記憶部15と、を備え、表示部14は、ユーザが接触して指定した位置を検出し、演算制御部12は、検出された位置に対応するカーソルを表示部14に表示させるとともに、カーソルがチャートと交差するポイントにおける分析データを表示部14に表示させる。 (もっと読む)


【課題】メンブランフィルタの燐光による測定誤差を抑制することのできるATP量測定方法及び装置を提供する。
【解決手段】(a)サンプル中の細胞をメンブランフィルタに捕獲する工程と、(b)細胞が捕獲された前記メンブランフィルタを測定容器内に入れる工程と、(c)前記メンブランフィルタが入れられた測定容器内に抽出試薬を注入してメンブランフィルタに捕獲された細胞のATPを抽出する工程と、(d)前記抽出試薬が注入された後で前記測定容器内に発光試薬を注入して生物化学発光反応を起こす工程と、(e)前記測定容器内での生物化学発光反応により発生した光を発光検出器で検出する工程と、を有するATP量測定方法は、少なくとも前記工程(a)を、前記工程(e)において検出される生物化学発光反応に基づくサンプル由来の光に対するメンブランフィルタの発する燐光の影響を測定精度上許容し得る範囲に抑制するような遮光状態で行う構成とする。 (もっと読む)


【課題】配線の省力化及び誤配線の防止を図りつつ、LANボードを用いることなくレスポンスの良好な拡張性を担保した安価な測定管理システム等を提供する。
【解決手段】遠隔管理システム1は、測定局3と、測定局3と通信回線を通じて接続したホストコンピュータ2とを備え、測定局3は、メモリを搭載したメモリボード20を有し、且つ、測定した結果をメモリに記憶する複数の測定装置10a〜10fと、複数の測定装置10a〜10fの各々のメモリと同じ記憶内容を記憶するメモリを搭載すると共に各々のメモリボード20と通信可能に構成される通信ボード23を有し、且つ、通信ボード23のメモリに記憶されている結果を読み出すことが可能なツールボックス11とを含む。 (もっと読む)


【課題】充分な無線電力を確保するとともに既存のマンホールに追加工を不要もしくは極力施さないで設置する構成を採用して、実用性の向上を図るマンホールアンテナを提供する。
【解決手段】マンホール蓋200の空気孔201の内部に入るような小型構造であって放射電波の指向性が広く電界強度が大きいチップアンテナ11を採用し、さらにベース部12がマンホール蓋200の空気孔201に嵌着されて、マンホール蓋200に取り付け可能になされたマンホールアンテナ10とした。 (もっと読む)


【課題】センサの使用に伴って電極とリードとの電気的導通が不安定となることを防止することのできるガルバニ電池式センサを提供する。
【解決手段】ガルバニ電池式センサ100は、対極5は電解液収容部12内に配置され、作用極3と対極5との間には、電解液収容部12の開口部12aの少なくとも一部を閉じるようにケース本体1に支持される固定部材7であって、隔膜2がケース本体1に対して固定されることによってケース本体1の支持部11bに対して押圧される固定部材が設けられており、前記固定部材は、前記隔膜を前記ケース本体に対して固定する力によっては実質的に変形しないよう十分に堅牢であり、作用極用リード4は、隔膜2がケース本体1に対して固定されることによって隔膜2及び作用極3の少なくとも一方と固定部材7との間で押圧されて固定される構成とする。 (もっと読む)


111 - 120 / 204