説明

三井化学東セロ株式会社により出願された特許

121 - 130 / 177


【課題】
易開封性を有し且つ再封止し得る包装材料として好適な適度の粘着性を有する粘着剤組成物と、該粘着剤組成物を中間層とした積層フィルム及び積層フィルムからなる易開封性と繰返し再封止し得る包装材料で、特に比較的小さな力で押圧するだけで、充分なリシール力をうること。
【解決手段】
オレフィン系ブロック共重合体エラストマー(A)、酢酸ビニル含有量が25〜80重量%のエチレン・酢酸ビニル共重合体(B)、粘着付与剤(C)及び低結晶性あるいは非晶性オレフィン系エラストマー(F)を含んでなる粘着剤組成物を基本構成とし、該組成物からなる中間層を介して熱可塑性樹脂(D)からなるラミネート層及び熱可塑性重合体(E)からなるヒートシール層が積層されてなる積層フィルム。
なし (もっと読む)


【課題】
ガスバリア性に優れたガスバリアフィルムを提供すること。
【解決手段】
透明基材フィルム(A)表面上に不飽和カルボン酸またはその誘導体からなるポリマーを含む透明樹脂層(B)を積層し、更に該樹脂層上に、透明無機薄膜層(C)を積層してなるガスバリアフィルム。透明基材フィルム(A)と透明無機薄膜層(C)が、不飽和カルボン酸及び/またはその誘導体からなるポリマーを含む透明樹脂層(B)を介して/又は介することなく積層され、さらに透明無機薄膜層(C)の表面に、透明性樹脂層(D)が積層されていることを特徴とするガスバリアフィルム。 (もっと読む)


【課題】
本発明は、特定の熱特性、ガスバリア性を有するポリ乳酸系組成物を提供し、さらに、表面平滑性、透明性、耐熱性、靭性に優れたポリ乳酸系延伸フィルム及びその他成形品を成すPLLAとPDLAとのポリ乳酸系組成物を得ることを目的とする。
【解決手段】
DSC測定において250℃で10分経過した後、降温(cooling)(10℃/分)時のピークが30mJ/mg以上であることを特徴とするポリ乳酸系組成物であって、さらに好ましくはDSCの第2回昇温(2nd-heating)時の測定(250℃で10分経た後に10℃/分で降温を行い、0℃から再度10℃/分で昇温)においてTm=150〜180℃のピーク(ピーク1)とTm=200〜240℃のピーク(ピーク2)のピーク比(ピーク1/ピーク2)が0.5以下であることを特徴とするポリ乳酸系組成物。
なし (もっと読む)


【課題】表面の平滑性が改良されており、積層セラミックコンデンサー用の離型フィルムなど種々の用途に用いることができる多層フィルムを提供する。
【解決手段】熱可塑性樹脂フィルムからなる基材の少なくとも片面に、二層のシリコーン硬化樹脂層を有し、当該基材に接する側のシリコーン樹脂層が、粘度40cP以上で、かつヨウ素価0.10mol/100g以上の付加反応型シリコーン樹脂を、熱および活性エネルギー線により硬化させてなる多層フィルム。 (もっと読む)


【課題】二軸延伸ポリ乳酸フィルム、その他のフィルムにラミネートすることでヒートシール強度を付与するのに好適な生分解性シーラントフィルムを提供すること。【解決手段】 脂肪族または脂環式ジカルボン酸成分(a1)、脂肪族または脂環式ジヒドロキシ化合物成分(a2)及び2官能脂肪族ヒドロキシカルボン酸成分(a3)からなる脂肪族ポリエステル共重合体(A)80〜99重量%、ポリ乳酸(B)20〜1重量%、((A)及び(B)の合計で100重量%とする)からなる第1層(I)、脂肪族または脂環式ジカルボン酸成分(a1)、脂肪族または脂環式ジヒドロキシ化合物成分(a2)及び2官能脂肪族ヒドロキシカルボン酸成分(a3)からなる脂肪族ポリエステル共重合体(A)1〜20重量%、ポリ乳酸(B)99〜80重量%、((A)及び(B)の合計で100重量%とする)からなる第2層(II)がからなる多層フィルムとする。 (もっと読む)


【課題】
そこで本発明は、透明性、ガスバリア性のみならず、防湿性にも優れた膜を提供するこ
とを目的とする。
【解決手段】
基材層に重合度が20未満の不飽和カルボン酸化合物の多価金属塩溶液を塗工した後、
不飽和カルボン酸化合物の多価金属塩を重合することにより得られる膜を、さらに熱処理
することを特徴とするガスバリア性膜の製造方法。基材層に重合度が20未満の不飽和カ
ルボン酸化合物と多価金属化合物とを含む溶液を塗工し、不飽和カルボン酸化合物の多価
金属塩を形成させた後、不飽和カルボン酸化合物の多価金属塩を重合することにより得ら
れる膜を、さらに熱処理することを特徴とするガスバリア性膜の製造方法。 (もっと読む)


【課題】
加工適性、耐熱性に優れた少なくとも片面に粘着層が形成された二軸延伸ポリプロピレンフィルムからなる保護フィルムを提供すること。
【解決手段】
縦方向の弾性率(EMD)及び横方向の弾性率(ETD)が共に2500MPa以上で、且つ縦方向の弾性率(EMD)と横方向の弾性率(ETD)の比(EMD/ETD)が0.8〜1.2の範囲にある二軸延伸ポリプロピレンフィルムの少なくとも片面に粘着層が形成されていることを特徴とする保護フィルム。
以上 (もっと読む)


【課題】
二軸延伸ポリ乳酸フィルム本来の特徴である透明性及びグロス等の光学特性を損なわずに、低温ヒートシール性、ヒートシール強度、生分解性を有するポリ乳酸二軸延伸ラミフィルムを提供することを目的とする。
【解決手段】
特定の脂肪族または脂環式ジカルボン酸系の成分からなる脂肪族ポリエステル共重合体(A)80〜99重量%、ポリ乳酸(B)20〜1重量%からなる第1層(I)、上記共重合体(A)1〜20重量%、ポリ乳酸(B)99〜80重量%、からなる第2層(II)、が積層されており、第1層(I)、第2層(II)の厚さが全厚さの20%以上であることを特徴とする第1層(I)/第2層(II)の構成の積層フィルムとポリ乳酸二軸延伸フィルムをラミして成り第1層(I)をシーラント層として外面に持つポリ乳酸二軸延伸ラミフィルムとしてなるポリ乳酸二軸延伸ラミフィルム。 (もっと読む)


【課題】易開封性を有し且つ再封止し得る包装材料として好適な適度の粘着性を有する粘
着剤組成物と、該粘着剤組成物を中間層とした積層フィルム及び積層フィルムからなる易
開封性と繰返し再封止し得る包装材料で、特にヒートシール層の低温ヒートシール性、易
開封性をさらに改良した積層フィルムを提供する。
【解決手段】オレフィン系ブロック共重合体エラストマー(A)、酢酸ビニル含有量が2
5〜80重量%のエチレン・酢酸ビニル共重合体(B)および粘着付与剤(C)を含んで
なる粘着剤組成物を基本構成とし、該組成物からなる中間層を介して熱可塑性樹脂(D)
からなるラミネート層及びプロピレン系ランダム共重合体(E1)とエチレン系樹脂およ
び熱可塑性エラストマーから選ばれる成分(E2)からなる熱可塑性重合体(E)からな
るヒートシール層が積層されてなる積層フィルム。 (もっと読む)


【課題】
酸素、炭酸ガス、水蒸気等のガスバリア性、特に高湿度下でのガスバリア性に優れたバリア積層フィルムを得ることを目的とする。
【解決手段】
基材層(X)に、赤外線吸収スペクトルにおける1700cm−1付近のカルボン酸基のνC=Oに基づく吸光度Aと1520cm−1付近のカルボキシレートイオンのνC=Oに基づく吸光度Aとの比(A/A)が0.25未満である不飽和カルボン酸化合物多価金属塩の重合体(a)を含有する層(Y)が積層されたガスバリアフィルムが、接着性樹脂からなる層(W)を介して積層されてなることを特徴とするガスバリア積層フィルム。 (もっと読む)


121 - 130 / 177