東罐興業株式会社により出願された特許

1 - 10 / 90



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187

【課題】内折りヒンジを有する第1側壁と、底板を折畳可能に連結した第2側壁とを屈曲自在に連結した折畳式収納箱の改良に関する。
【解決手段】第1側壁2に、その内側に重なって固着され、前記一対のコーナーヒンジH2と重ならない個所で一方から前記内折りヒンジH1を超えて中途位置まで延びる長手支承板3と、他方から前記内折りヒンジを超えず箱組立時に前記長手支承板の端部と整合する位置まで延びる短手支承板4とを有しており、対向する第1側壁に設けられる前記長手支承板と短手支承板との配置が逆に設定されており、組立時に前記長手支承板と短手支承板の下部が、水平に展開された前記底板8の側端面と衝合して保持されていることを特徴とする折畳式収納箱1。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、絞り加工により紙を主体とするブランクの外周縁部を立ち上がり形状に成形したものにおいて、紙コップ等の紙容器の底部部材に用いた場合に漏れや、接着状態の不安定の要因となるしわの発生をなくし、加工部に生じるしわの少ない紙成形体とその製造方法を提供することにある。
【解決手段】本発明の紙成形体を製造する方法は、紙を主体とする一枚のブランクをパンチとダイスで絞り加工するものであって、ブランクの外周縁部をしわ押さえ部材とダイス天面とで加圧して押さえる機構を備え、該しわ押さえ部材の圧力を前記ダイスのブランク引張強度に対するしわ押さえ圧力の割合としわ発生開始高さの関係特性において、しわ発生開始高さが求められるしわ発生のない高さ寸法を越えるしわ押さえ圧力の割合値以上12%以下としたことを特徴とする。前記ダイスの先端部形状Rは前記パンチを嵌合するブランクの厚さをtとしたとき、2.5t〜6tとする。 (もっと読む)


【課題】合成樹脂シートに熱罫線でV字溝を形成し、直角に折曲げて固定する際に、折曲線に沿った反りの発生を抑える合成樹脂製折曲構造体に関する。
【解決手段】合成樹脂シートが3枚以上の合成樹脂シートを重ねて接着した積層板からなっており、該積層板の表面及び裏面を除く中間の1又は複数の合成樹脂シートで、積層板に形成される折曲想定線を挟んで折曲想定線からの距離が短い幅を有する領域に、折曲想定線に沿って延びる孔又は凹部からなる芯材嵌合部を設け、該芯材嵌合部に剛性体からなる芯材を略隙間無く嵌着してなることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】合成樹脂製の内箱と紙製の外箱とを組み合わせた構造の弁当箱であって、紙製の外箱に糊代を必要とすることなく、さらには外箱と内箱とを接着剤等で接着することなく組み立てることができ、廃棄の際にも容易に分別することができる複合材料弁当箱を提供する。
【解決手段】上方を開放した合成樹脂製の内箱と、該内箱の側部と底部とをカバーする紙製の外箱とを組み合わせてなる複合材料弁当箱において、外箱は1枚の用紙で底板と該底板の周辺から上方へ折り曲げてなる側板とから形成され、内箱の側部の上端から短幅の天井部を介して外側下方に折り曲げた折返片が形成されると共に、外箱の内部に内箱を収納すると共に外箱の側板の上端を内箱の折返片の内部に差し込んだ状態で、外箱の上端と内箱の折返部とを着脱自在に係止することにより、外箱の内部に内箱が固定されるようにした。 (もっと読む)


【課題】バッグインボックスのバッグをトレーケースに収納して冷蔵庫の棚に載せて冷やしたり、バッグの内部の液体をコップに注出したり、バッグをトレーケースに収納した状態で机上等に設置して、バッグの内部の液体をコップ等に注出することができるバッグ用トレーケースを提供する。
【解決手段】上部を開口した有底の箱体からなるトレーケースの上部を蓋体で着脱自在に閉塞可能とし、トレーケースの底面が箱体の前面方向に下り勾配を有する傾斜状に形成されると共に、トレーケースの前面に上端から底面に至る縦状の開口溝が形成され、該トレーケース内に収容したバッグの口栓の周囲に設けられた鍔部の下部を収納する底溝部がトレーケースの前面の開口溝に近接する底面の最前部に形成される一方、トレーケースの底面に取外し自在に脚部を設けると共に、取り外した脚部をトレーケースの底面に収納する取付部を設ける。 (もっと読む)


【課題】
本発明は、合成樹脂製の容器、およびその容器へのキャップ取付方法に関し、容器の軽量化とキャップの締付力の維持との両立を図る。
【解決手段】
合成樹脂製の容器10であって、内容物が押し出される押出口21を有しその押出口21を上に向けたときの上部に設けられた、外周を周回する雄ネジ22が形成された首部20と、押出口21を上に向けたときの首部20の下部に設けられた、内容物を収容する可撓性の容器本体30とを有し、容器本体30が、首部20に隣接した位置に、容器本体30の内面を隆起させて外面が陥没した陥没部31を有する。 (もっと読む)


【課題】例えば、熱いスープを食するに際して用いることが出来る紙製のスプーンを提供することである。
【解決手段】紙製のスプーンであって、前記紙製スプーンは、柄部と、前記柄部の先端側に繋がった容器部とを有し、前記柄部と容器部とを有する紙製スプーンは、表面側および裏面側に樹脂層が設けられた紙材で構成されたものであり、前記紙製スプーンの容器部は、所定形状にカットされた前記紙材が所定形状に折り畳まれ、折り畳まれて重なった箇所の前記樹脂層が溶着によって接合・一体化されて容器状に構成されてなる。 (もっと読む)


【課題】反りのある被供給材を正しく供給することができ、供給の高速化に対応することができる供給装置を提供する。
【解決手段】パッキン材14を垂直方向に積層状態で収容可能なスタック部30と、スタック部30にある最下段のパッキン材を搬送面34に沿って横方向に押し出して、ゲート31を挿通し中間供給位置P1まで供給すべく往復動を行うキッカー32と、中間供給位置P1に達したパッキン材を垂直方向下方に案内する管状の垂直案内部52と、パッキン材14を垂直案内部52に沿って垂直方向に押し出して最終供給位置P2まで供給すべく往復動を行うプッシャー54と、を備え、スタック部30の下面には吸引口36が形成されると共に、プッシャー54のパッキン材14と接触する押し出し面には吸引口54cが形成されており、吸引口36下方と吸引口54c上方とをそれぞれ送風機42による吸引作用により常時負圧とする。 (もっと読む)


1 - 10 / 90