説明

日精樹脂工業株式会社により出願された特許

51 - 60 / 293


【課題】 速度制御が不安定になる不具合を解消し、成形品質を高めるとともに、成形サイクルの高速化の要請や成形品の多様化などに対しても柔軟かつ的確に応える。
【解決手段】 油圧駆動源2から供給される作動油をサーボ弁Vsを介して油圧シリンダ4の一方の油室4rに供給し、当該油圧シリンダ4に内蔵するピストン5に結合した可動体6を速度制御により移動させるに際し、速度制御を開始する前に、油圧シリンダ4における一方の油室4rに対する反対側の油室4fに作動油を供給し、可動体6の移動方向に対する逆方向に、予め設定した逆予圧Prを付与するとともに、速度制御の開始時まで、少なくとも逆予圧Prを保持する制御を行う。 (もっと読む)


【課題】カーボンナノ材料が飛散する心配が無く、酸化物が介在する心配が無い複合材料の製造技術を提供することを課題とする。
【解決手段】図(a)に示すように、上部が開いている耐熱容器28の底にカーボンナノ材料13を入れる。次に、図(b)に示すように、カーボンナノ材料13の上に、固相のマトリックス金属材料29を載せる。図(c)に示すように、耐熱容器28に蓋30を被せて密閉し、加熱を開始する。すると、マトリックス金属材料29が軟化し、流れて耐熱容器28の内壁に到達する。
【効果】カーボンナノ材料13は、マトリックス金属材料29で密閉されたことになる。耐熱容器28内には微量の酸素が残存しているが、マトリックス金属材料29で密閉された後には、残存酸素がカーボンナノ材料13又はSi被覆カーボンナノ材料25に到達する心配はなく、酸化等の心配が少なくなる。 (もっと読む)


【課題】耐熱Mg合金並みの強度、特に耐熱強度を有しながら、安全管理コストが不要であり、製造コストを下げることができるマグネシウム合金を提供することを課題とする。
【解決手段】マグネシウム合金に、カーボンナノ材料を含有してなるカーボンナノ複合マグネシウム合金であって、カーボンナノ材料の含有割合が、9〜30質量%であり、温度が200℃で荷重が50MPaの条件で求める最小クリープ速度が1×10−5/s以下であることを特徴とする。
【効果】最小クリープ速度が1×10−5/s以下であるから、Srを含む耐熱Mgと同等の耐熱強度を有する。加えて、マグネシウム合金に、カーボンナノ材料を含有してなるカーボンナノ複合マグネシウム合金であるため、放射線成分などを含まず、安全管理が不要であり、製造コストの低減が可能となる。 (もっと読む)


【課題】 正確な穿刺機能、採血後の自動安全廃棄機能及び再使用不可機能を備えて取扱いの簡便性と少部品化と構造の簡易化及び生産性の向上による低コスト化を達成する。
【解決手段】 ニードル4を設けたランセットユニット2とハウジングユニット3とから構成され、ランセットユニット2が、穿刺操作に伴いニードル4をハウジングユニット3から打ち出すユニットボディ体5と、ユニットボディ体5の移動動作を規制しながら弾性力を蓄勢し穿刺操作後にハウジングユニット3内へ復帰させる復帰動作部材11と、ユニットボディ体5の移動動作により弾性力が蓄勢され穿刺操作後にハウジングユニット3のロックカム部28と係合するカム凸部16を有するロック用弾性片13を一体に成形する。 (もっと読む)


【課題】 成形サイクル時間の短縮化及び成形時間の均一化(安定化)を図るとともに、他の油圧回路部内におけるショックや衝撃音等の発生を防止する。
【解決手段】 駆動圧力Pdが規定圧力Psよりも低くなる一又は二以上の動作工程S3,S4を設定し、設定した動作工程S3,S4の所定期間Ts内で、規定圧力Psよりも高くなる駆動圧力Pdによりノズルタッチ圧力Pnを昇圧させる制御を行うとともに、設定した動作工程S3,S4に係わる他の油圧アクチュエータ3に接続した油圧回路部Ccの一部又は全部に付与する駆動圧力Pdを所定の減圧手段Fsにより減圧する。 (もっと読む)


【課題】半溶融状態での撹拌を維持しながら、カーボンナノ材料に好適なカーボンナノ複合マグネシウム合金素材の製造方法することを提供することを課題とする。
【解決手段】マグネシウム合金を加熱して半溶融状態にする半溶融工程と、半溶融状態のマグネシウム合金へカーボンナノ材料を投入し撹拌する第1撹拌工程と、カーボンナノ材料の投入が終わった半溶融物を、半溶融温度領域で且つ前記第1撹拌工程での温度より高い温度で撹拌することでカーボンナノ複合マグネシウム合金素材を得る第2撹拌工程と、からなる。 (もっと読む)


【課題】ディスクのハイサイクル成形に生じがちなスプル抜出し時の糸引きを、スプルブッシュに環状のエア吹出口を設けて短く制限できるようにする。
【解決手段】スプル孔のノズルタッチ側の開口内のエアの吹出口とエア通路を、穿孔と穿孔に挿入した固定ピンとにより形成する。ピン先端により吹出口をエアの吹出しが可能で溶融樹脂が侵入しない寸法の間隙による環状の吹出口に形成する。 (もっと読む)


【課題】 一台の洗浄装置の共用化及び被洗浄ホースの有効再生によるコスト削減及び資源節減を実現するとともに、効率的な洗浄(汚れ落とし)を可能にする。
【解決手段】 液状材料供給用ホース(被洗浄ホース)Ha,Hb…の内壁に付着した汚れD…を除去するに際し、被洗浄ホースHa…に対して所定流量以上の洗浄用溶剤Lcが流通する流通路Wfを形成可能な第一圧力P1により洗浄用溶剤Lcを第一洗浄時間T1にわたり循環させて粗洗浄を行う粗洗浄工程Sfと、この粗洗浄工程Sfが終了した被洗浄ホースHa…に対して第一圧力P1よりも低圧となる第二圧力P2により洗浄用溶剤Lcを第二洗浄時間T2にわたり循環させて本洗浄を行う本洗浄工程Smとを経て被洗浄ホースHa…の洗浄を行う。 (もっと読む)


【課題】 成形中断に伴う射出シリンダ内における成形材料の硬化を確実に防止するとともに、高価な成形材料の無駄を最少限に抑えて無用なコスト上昇を回避し、かつ資源節減にも寄与する。また、稼働効率の向上及び作業遅延を来す不具合を回避する。
【解決手段】 予め、スクリュ3が所定の待機位置Xsから所定の移動ストロークLsだけ前進して成形材料Rの排出を行う材料置換動作Scを所定のインターバル時間Ti間隔で繰り返す中断時制御モードを設けるとともに、成形中断時に、少なくとも射出シリンダ2に供給された成形材料Rが硬化する手前で射出ノズル4から排出されるように移動ストロークLs及びインターバル時間Tiの長さを設定して中断時制御モードによる制御を実行する。 (もっと読む)


【課題】 バリ不良の発生しない必要最小限となる適正型締力を的確に設定するとともに、樹脂の充填に伴う金型の変化に係わるより広範な情報を得る。
【解決手段】 最大型締力(100〔%〕)から所定の大きさを順次低下させた型締力(100〔%〕,80〔%〕,70〔%〕…)により順次型締めして試し成形を行うとともに、金型2の固定型2cを支持する固定盤3c及び金型2の可動型2mを支持する可動盤3mの外面3cf,3mfに付設した型位置センサ4により射出工程における固定盤3cに対する可動盤3mの相対位置(型位置Xc)を検出し、少なくとも、当該型位置Xcに所定の条件を満たす変化が生じたなら当該変化が生じたときの型締力に対して所定の大きさだけ増加させた型締力を適正型締力Fsとして設定する。 (もっと読む)


51 - 60 / 293