NECインフロンティア株式会社により出願された特許

51 - 60 / 1,047


【課題】発信中、着信中、通話中、保留中等の状態に関わらず、転送先端末での応答という手間も無く転送を行う。
【解決手段】 電話端末間の接続、及び電話の転送機能を有する電話交換機と、電話転送元となる第1の電話端末と、電話転送先となる第2の電話端末とを備え、第1の電話端末から第2の電話端末へ電話転送が行われる際に、第1の電話端末は第2の電話端末の電話番号情報を読み取って、電話転送要求とともに電話番号情報を電話交換機に送信し、電話交換機は、電話転送要求及び電話番号情報を受信し、第1の電話端末の状態情報を取得し、電話番号情報に基づいて第2端末に状態情報を送信する。 (もっと読む)


【課題】ダイヤルトーンの音量と通話時の受話音量を個別に設定することが可能なボタン電話装置及びその音量調整方法を提供する。
【解決手段】フック状態を検出するフック検出部101、ユーザ操作に応じて受話音量を調整するボタン部102、フック検出部101によるオフフック検出時の内線又は外線ダイヤルトーンの音量をボタン部102からの音量調整入力に従って設定し、ダイヤルトーン調整後の内線又は外線通話時の受話音量をボタン部102からの音量調整入力に従って設定する制御部103とを具備する。そして、内線又は外線ダイヤルトーンの音量と内線又は外線通話時の受話音量を個別に設定する。 (もっと読む)


【課題】配線等が複雑になると、外部接続機器用接続部を情報処理装置用制御装置に取り付け、取り外しが困難になり、保守も容易ではない状況にある。
【解決手段】複数の外部接続コネクタと、該複数の外部接続コネクタを支持すると共に、結合用接続端子を端部に有する外部接続機器用I/Oボードと備えた外部接
続機器用接続部を備え、外部接続機器用接続部はレバー部材及びガイド溝を有することにより、情報処理装置用制御装置に対して、ネジ無しで取り付け、取り外しができるような構成を有している。 (もっと読む)


【課題】複数アンテナを有し、非使用時における外形寸法が小さく、PCに着脱容易に直接に嵌合可能なデータ通信端末の提供。
【解決手段】所定方向に互いにスライド可能な筐体1,2を有し、筐体1,2にはその所定方向における片側の端部(図1の左端部)にアンテナ11,21がそれぞれ配置してある。筐体1,2は、通信可能状態では、図1(B)の如くに、互いにスライドされる。このとき、アンテナ11,21は、所定方向に関する位置を互いに異にしており、相互の干渉が軽減される。筐体1は他方の端(図1の右端)にUSBインターフェース3を有する。USBインターフェース3は、筐体1,2が、図1(B)の如くに、通信可能状態に互いにスライドされたとき、筐体2の他方の端(図1の右端)より外側に突出するので、PCのUSBインターフェースに、容易に着脱できる。非使用時には図1(A)の如くに筐体の両端を揃えられ、小型化される。 (もっと読む)


【課題】接続ケーブルの配線がスムーズで外観を損なうことのない電子機器の外部接続端子を提供する。
【解決手段】接続ケーブル103を接続する外部接続端子部104を保持する可動支持部Bと、電子機器本体の背面に設けられ、可動支持部Bを保持するベース部Aと、ベース部Aに対して可動支持部Bを回転軸107を支点として回転させる回転機構と、回転機構により可動支持部Bを回転軸107を支点として回転させて外部接続端子部104の接続ケーブル差し込み口の角度を、電子機器本体の設置角度に応じて調整する調整機構とを具備する。 (もっと読む)


【課題】高度な画像認識技術を必要とすることなく、店舗内の混雑状況を管理すること。
【解決手段】本発明は、店舗内の混雑状況を管理する混雑状況管理システムに適用される。本発明の混雑状況管理システムは、前記店舗内の床に配置された目印と、前記店舗内の床を撮影する撮影部と、前記撮影部により撮影された画像中の床の画像部分において認識される目印の数をカウントし、カウントした目印の数を用いて前記店舗内の混雑度を算出する算出部と、を有する。 (もっと読む)


【課題】迷惑電話の判定を適切に行い、かつ、即時性を有する迷惑電話対策が可能な迷惑電話防止方法を提供する。
【解決手段】PBX102に内線接続した電話機101に対して迷惑電話の着信があった際に、電話機101は、該迷惑電話の通話中または通話終了後の切断時に迷惑電話識別用の識別コードをダイヤル入力する(S002)。PBX102は、該識別コードを付した着信履歴情報を迷惑電話防止装置104に出力して保存させる(S004)。迷惑電話防止装置104は、該着信履歴情報を保存した際に、識別コード付きの該着信履歴情報を分析し、迷惑電話の発生を検出すると(S005)、該着信履歴情報に含まれている発信者番号を抽出し、該発信者番号からの以降の電話着信を規制するための制御コマンドを作成して、PBX102に出力する(S006)。PBX102は、該制御コマンドを実行し、迷惑電話の着信を規制する(S007)。 (もっと読む)


【課題】障害発生時のログ収集に際し、IP網に接続されたネットワーク機器の負担を軽減する技術を提供する。
【解決手段】VoIP電話システム1(障害情報収集システム)は、LAN/WAN2(IP網)を介して音声通信可能な携帯電話機3(音声通信端末)と、LAN/WAN2に接続された複数のネットワーク機器(電話番号管理サーバー4等)と、を備える。携帯電話機3は、携帯電話機3を利用するユーザー10が、音声通信中に障害が発生した際に、発生した障害の種別を入力するための操作入力部20(入力手段)を有している。複数のネットワーク機器のうち、ユーザー10によって入力された障害の種別に関連のあるネットワーク機器は、逐次記憶しているログを障害情報として保存する。 (もっと読む)


【課題】タッチパネルによる表示部の操作時に使用者が誤ってタッチパネルの表示部外に配置されたキー部に触れて誤操作してしまうことを低減する。
【解決手段】携帯端末は、表示部と、表示部およびその表示部を延長させた表示部外の部分に配置され、表示部およびその表示部外の部分に対して使用者が触れた位置を検出するタッチパネルと、タッチパネルの表示部外の部分に配置され、タッチパネルを介してキー押下の検出が可能なキー部と、タッチパネルを介して表示部のキー部に近接する部分に設定された検出エリアに使用者が触れたことを検出した場合に、キー部に使用者が触れたことを検出しても当該キー部のキー押下として処理しないように制御する制御部とを含む。 (もっと読む)


【課題】流通経路の最終段階である商品販売時に、作業負担を増加させることなく、商品の放射能汚染の有無を確認することを可能にするPOSシステム、バーコードスキャナ、およびPOSシステムの制御方法を提供すること。
【解決手段】商品を特定する商品コードと商品コードごとに定められた放射能閾値とを関連付けて記憶する記憶手段11と、商品に付されたバーコードから商品コードを読み取るバーコード読取部31と、商品から放出される放射線量から商品の放射能を測定する放射能測定部32とを有するバーコードスキャナ30と、バーコード読取部31により読み取られた商品コードに対応する放射能閾値と、放射能測定部32により測定された放射能測定値とを比較する比較手段24と、放射能測定値が放射能閾値を超えた場合に、アラームを出力するアラーム出力手段21、22とを備えるPOSシステム。 (もっと読む)


51 - 60 / 1,047