説明

NECインフロンティア株式会社により出願された特許

71 - 80 / 1,047


【課題】精算処理時間を十分に短縮できるレジ精算装置を提供する。
【解決手段】 POS端末10は、先行する顧客C1の精算実行後、顧客用商品登録部20から商品登録完了情報が入力済みのときは、後続の顧客C2の顧客用商品登録部20による商品登録情報に基づいて後続の顧客C2の精算を実行する。一方、顧客用商品登録商品登録部20から商品登録完了情報が未入力のときは、後続する顧客C2の未登録の買い物品の商品登録を行って商品登録情報を追加し、未登録の買い物品の商品登録情報が追加された商品登録情報に基づいて後続の顧客C2の精算を実行する。 (もっと読む)


【課題】周囲の複数の無線LAN基地局の中から使用残帯域の大きい無線LAN基地局に接続でき、通信品質を確保することが可能な無線LAN通信システム及び方法、並びに無線LAN端末及びその無線LAN基地局切り替え方法を提供する。
【解決手段】複数の無線LAN基地局から定期的に自己の無線LAN基地局の使用残帯域情報を送信し、無線LAN端末は複数の無線LAN基地局から送信された使用残帯域情報を受信し、複数の無線LAN基地局から受信した使用残帯域情報を複数の無線LAN基地局に対応付けて表示する。そして、無線LAN端末は複数の無線LAN基地局に対応付けて表示された使用残帯域情報に基づいて複数の無線LAN基地局の中から選択された無線LAN基地局と接続する。 (もっと読む)


【課題】不正なプログラムが決済機能搭載ハンディターミナルにインストールされた場合に、PIN入力ユニットの機能を無効にすることにより、不正なプログラムがそのユニットから情報を不正に入手することを防止する。
【解決手段】ブートローダとオペレーティングシステムを格納した記録媒体に含まれるデータに基づき第1の一方向性関数値を計算し、第1の一方向性関数値を製造時に追加機能ユニットに格納して、情報処理装置が起動された後、記録媒体に含まれるデータに基づき第2の一方向性関数値を計算し、第1の一方向性関数値と第2の一方向性関数値が異なる場合に、追加機能ユニットの機能を無効とし、記録媒体は情報処理装置に備わり、追加機能ユニットは情報処理装置に付加され、情報処理装置は決済機能搭載ハンディターミナルであり、追加機能ユニットはPIN入力ユニットである。 (もっと読む)


【課題】 画面占有率を抑制して、操作性に優れたソフトウェアキー入力方法を提供する。
【解決手段】 コンピュータにより、端末の表示デバイス画面100上の少なくとも一部に複数のソフトウェアキー102〜1NNを含むソフトウェアキーボードを水平に近い渦巻状に配置表示させ、ソフトウェアキー、またはソフトウェアキーボードの表示エリア101に対するドラッグ操作に応じて、表示している複数のソフトウェアキー全体を配列方向に回転させ、目的のキーへのタッチを検出するとそのキーのキー入力を行う。特に、複数の入力モードを有し、前記複数のソフトウェアキーは、前記入力モードに対応したキーコードの数分のソフトウェアキーである。 (もっと読む)


【課題】認証機能を備えた情報処理装置において冷却の吸気あるいは排気の有効な活用が可能であり、認証の精度を向上させることが可能な技術を提供する。
【解決手段】情報処理装置は認証装置と冷却装置とを有する。認証装置は、認証対象物の特徴を読み取り、その特徴に基づいて認証を行う。冷却装置は、情報処理装置の外部と内部の空気の交換を行って情報処理装置内部を冷却すると共に、空気の交換によって認証対象物の表面に空気の流れを発生させる。 (もっと読む)


【課題】通信経路の切り戻しの遅れを減少させる。
【解決手段】通信装置1−1が、メイン経路2の状態を確認するための経路確認要求信号を送信し、経路確認要求信号に対して応答信号を受信した後、経路確認要求信号に対して応答信号を受信しなかった場合、補正値と正常カウンタ14の値とに基づいて算出した初期値から異常カウンタ15をカウントさせ、異常カウンタ15の値が切り替え閾値以上となった場合、メイン経路2から迂回経路3へ切り替え、経路確認要求信号に対して応答信号を受信しなかった後、経路確認要求信号に対して応答信号を受信した場合、補正値を、タイマー16が計測した応答時間と現在の補正値と現在の異常カウンタ15の値とに基づいて算出し、正常カウンタ14の値が、算出した補正値と切り戻し閾値とを加算した値以上となった場合、迂回経路3からメイン経路2へ切り戻す。 (もっと読む)


【課題】ハンドオーバ閾値を自動的に調整し、利用状況に適したハンドオーバ閾値に設定する。
【解決手段】信号雑音比又は電波強度を測定する測定部と、測定した信号雑音比又は電波強度の値と、ハンドオーバの実行基準となるハンドオーバ閾値とを比較し、信号雑音比又は電波強度の値がハンドオーバ閾値以下の場合にアクセスポイントの検索を行い、前記ハンドオーバ閾値より大きい信号雑音比又は電波強度の値を有するアクセスポイントにハンドオーバを行うハンドオーバ実行手段と、ハンド実行手段によりハンドオーバを行ったときに、ハンドオーバの前後の信号雑音比または電波強度の差を求め、その差が一定レベルよりも大きい場合にハンドオーバ閾値を上げるハンドオーバ閾値制御手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】POSシステムにおける釣銭準備金等の現金の管理を明瞭にする。
【解決手段】営業日毎に銀行入金額を計算する銀行入金額計算部122を有する端末12を備えたPOSシステムであって、銀行入金額計算部122は、釣銭ではない用途で使用された金額を、その使用の妥当性が判断されて承認された当日に、その当日に得られた現金の合計額から差し引いて、前記当日の銀行入金額を計算することを特徴とするPOSシステム。 (もっと読む)


【課題】電波干渉による影響を確実に除去し、パケット伝送効率を向上させることが可能な無線LANシステムを提供する。
【解決手段】無線LANアクセスポイントのマルチキャストパケットもしくはブロードキャストパケットを配信する配信順番を決定する。そして、マルチキャストパケットもしくはブロードキャストパケットを受信した時にそのマルチキャストパケットもしくはブロードキャストパケットを一時保管し、配信順番に則って最先の無線LANアクセスポイントから順に保管したマルチキャストパケットもしくはブロードキャストパケットを配下のPOS端末に配信する。また、マルチキャストパケットもしくはブロードキャストパケットの配信順番は、無線LANアクセスポイント1台毎又は干渉しない無線LANアクセスポイントの組み合わせ毎に決定する。 (もっと読む)


【課題】必要となる電源電圧が互いに異なる機器のそれぞれに対して、その機器に応じた電圧の直流電源を自動で供給する。
【解決手段】交流入力を直流電源に変換し、接続された機器に前記直流電源を供給する直流安定化電源装置において、機器から供給される動作電圧信号に基づいて、当該機器が必要としている電圧を判別する動作電圧信号判別回路26と、交流入力を変換した直流電源の電圧を、動作電圧信号判別回路26にて判別された電圧に変換して出力する電圧制御回路25とを有する。 (もっと読む)


71 - 80 / 1,047