説明

日本エステル株式会社により出願された特許

1 - 10 / 273



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】不織布を基材として用いたときに、成型性が良好で、深絞りの成型品であっても良好に得ることができる成型品の製造方法を提供する。
【解決手段】不織布がバインダー短繊維の含有率が互いに異なる複数の不織ウェブ層を積層してニードルパンチ処理が施されたものであり、該バインダー短繊維が結晶性ポリエステルを鞘部に、非晶性ポリエステルを芯部に配した芯鞘型複合形態であり、該結晶性ポリエステルがテレフタル酸を主成分とするジカルボン酸成分と1,6−ヘキサンジオール50モル%以上のジオール成分とを含み、該結晶性ポリエステルの結晶融点(Tm)が100〜150℃、該非晶性ポリエステルの流動開始温度(R)が105〜155℃、(R−Tm)が5以下であり、結晶性ポリエステルが溶融するとともに非晶性ポリエステルが軟化する温度で熱を付与することにより、所定の成型枠にて成型する。 (もっと読む)


【課題】不織布を基材として用いたときに、成型性が良好で、深絞りの成型品であっても良好に得ることができる成型品の製造方法を提供する。
【解決手段】不織布がバインダー短繊維の含有率が互いに異なる複数の不織ウェブ層を積層してニードルパンチ処理が施されてなるニードルパンチ短繊維不織布であり、該バインダー短繊維が結晶性ポリエステルからなる単相型の形態であり、該結晶性ポリエステルが結晶融点100〜200℃で、ジカルボン酸成分としてテレフタル酸を主成分としジオール成分として1,6−ヘキサンジオール、ブタンジオール、エチレングリコールの少なくともいずれか1つ以上を含むポリエステルであり、熱成型の際に熱を付与することにより該結晶性ポリエステルを溶融させて所定の成型枠にて成型する。 (もっと読む)


【課題】製糸性や加工性が良好であり、特に布帛にした際に優れた保温性を有するポリエステル異形断面芯鞘複合繊維を提供する。
【解決手段】芯部2を構成するポリマー(B)と鞘部1を構成するポリマー(A)との質量比率(A/B)が80/20〜20/80であるポリエステル異形断面芯鞘複合繊維であって、該ポリマー(A)がポリエステル系樹脂であり、該ポリマー(B)が二次平均粒子径0.05〜3.0μm、かつ、二次粒子径5μm以上の割合が10体積%以下であるシリカを1〜20質量%含有するポリエステル系樹脂であり、該異形断面芯鞘複合繊維を構成する単繊維の芯鞘形状が特定形状であって、さらに該異形芯鞘複合繊維を構成する単繊維の繊度が1.5dtex以下であるポリエステル異形断面芯鞘複合繊維。 (もっと読む)


【課題】嵩保持性とクッション性に加えて、反発性と嵩回復性も備えた固綿であり、かつ軽量化が図れる固綿の製造方法を提供することを課題とする。
【解決手段】ポリエステル短繊維と、バインダー短繊維とを混合し、熱処理を施すことにより、バインダー短繊維のバインダー成分により構成繊維同士を熱接着させて固綿を得る方法であって、バインダー短繊維は、非晶性共重合ポリエステルと結晶性ポリエステルとが複合してなる複合型繊維であり、該非晶性共重合ポリエステルは流動開始温度が90〜130℃であるバインダー成分であり、ポリエステル短繊維は、潜在捲縮能を有し、熱接着のための熱処理が施されることにより、スパイラル捲縮を発現し、その発現する捲縮数が12〜20ケ/25mmであり、熱接着のための熱処理温度が160〜210℃であることを特徴とする固綿の製造方法。 (もっと読む)


【課題】製糸性や加工性が良好なポリエステル異形断面芯鞘複合繊維であり、特に布帛にした際に優れた保温性を有するポリエステル異形断面芯鞘複合繊維を提供する。
【解決手段】鞘部を構成するポリマー(A)と芯部を構成するポリマー(B)との質量比率(A/B)が80/20〜10/90であるポリエステル異形断面芯鞘複合繊維であって、該ポリマー(A)がポリエステル系樹脂であり、該ポリマー(B)が二次平均粒子径0.05〜3.0μm、かつ、二次粒子径5μm以上の割合が10体積%以下であるシリカを1〜20質量%含有するポリエステル系樹脂であり、該異形断面芯鞘複合繊維を構成する単繊維の横断面形状が突起部a,bを3個〜6個有する多葉断面形状であり、該単繊維の横断面形状と芯部の断面形状が略同形状であって、該異形断面芯鞘複合繊維を構成する単繊維の繊度が1.5dtex以下であるポリエステル異形断面芯鞘複合繊維。 (もっと読む)


【課題】製糸性や加工性が良好なポリエステル異形断面芯鞘複合繊維であり、特に布帛にした際に優れた保温性を有するポリエステル異形断面芯鞘複合繊維を提供する。
【解決手段】芯部2を構成するポリマー(A)と鞘部1を構成するポリマー(B)との質量比率(A/B)が80/20〜20/80であるポリエステル異形断面芯鞘複合繊維であって、該ポリマー(A)がポリエステル系樹脂であり、該ポリマー(B)が二次平均粒子径0.05〜3.0μm、かつ、二次粒子径5μm以上の割合が10体積%以下であるシリカを1〜20質量%含有するポリエステル系樹脂であり、該異形断面芯鞘複合繊維を構成する単繊維の横断面形状が突起部aを3個〜6個有する多葉断面形状であり、該芯部の形状が、繊維長さ方向に連続して形成される突起部bと細溝cを交互に配し、該芯部の突起部bの数が5個〜30個であるポリエステル異形断面芯鞘複合繊維。 (もっと読む)


【課題】製糸性や加工性が良好なポリエステル異形断面芯鞘複合繊維であり、特に布帛にした際に優れた保温性を有するポリエステル異形断面芯鞘複合繊維を提供する。
【解決手段】鞘部を構成するポリマー(A)と芯部を構成するポリマー(B)との質量比率(A/B)が80/20〜10/90であるポリエステル異形断面芯鞘複合繊維であって、該ポリマー(A)がポリエステル系樹脂であり、該ポリマー(B)が二次平均粒子径0.05〜3.0μm、かつ、二次粒子径5μm以上の割合が10体積%以下であるシリカを1〜20質量%含有するポリエステル系樹脂であり、該異形断面芯鞘複合繊維を構成する単繊維の横断面形状が突起部を3個〜6個有する多葉断面形状であり、該単繊維の横断面形状と芯部の断面形状が略同形状であるポリエステル異形断面芯鞘複合繊維。 (もっと読む)


【課題】
製糸性や加工性が良好なポリエステル複合繊維であり、特に布帛にした際に優れた保温性を有するポリエステル複合繊維を提供することにある。
【解決手段】
ポリエステル系樹脂からなるポリマー(A)と、二次平均粒子径が0.05〜3.0μm、かつ、二次粒子径5μm以上の割合が10体積%以下であるシリカを1〜20質量%含有するポリエステル系樹脂からなるポリマー(B)からなり、該ポリマー(A)が該ポリマー(B)を被覆し、かつ、繊維横断面において4〜30個に分割された複合繊維であって、ポリマー(A)とポリマー(B)との質量比率(A/B)が60/40〜20/80であることを特徴とするポリエステル複合繊維。 (もっと読む)


【課題】製糸性や加工性が良好なポリエステル芯鞘複合繊維であり、特に布帛にした際に優れた保温性を有するポリエステル芯鞘複合繊維の提供
【解決手段】鞘部(A)を構成するポリマーと芯部(B)を構成するポリマーとの質量比率(A)/(B)が60/40〜20/80であるポリエステル芯鞘複合繊維であって、鞘部(A)を構成するポリマーがポリエステル系樹脂であり、芯部(B)を構成するポリマーが二次平均粒子径0.05〜3.0μm、かつ、二次粒子径5μm以上の割合が10体積%以下であるシリカを1〜20質量%含有するポリエステル系樹脂であり、芯部(B)の形状が、繊維長さ方向に連続して形成される突起部と細溝を交互に配し、かつ、突起部と細溝からなる断面形状が長方形乃至略台形形状であり、突起部の数及び長方形乃至略台形形状が特定形状を満足することを特徴とするポリエステル芯鞘複合繊維。 (もっと読む)


1 - 10 / 273