説明

日本精化株式会社により出願された特許

1 - 10 / 60


【課題】本発明の課題は、現在、枯渇の懸念があるモンタン酸およびモンタン酸ワックスについて、すべての用途で適用可能で、かつ、枯渇の懸念のない代替方法を提案することにある。
【解決手段】従来モンタン酸が使用されている用途では、モンタン酸の代わりに硬質ラノリン脂肪酸を使用する、あるいは、従来モンタン酸ワックスが使用されている用途では、モンタン酸の代わりに硬質ラノリン脂肪酸を使用して合成される化合物を代替物として使用する。 (もっと読む)


【課題】優れた保湿効果を有し、かつ、乾燥後のツッパリ感のない、化粧料又は皮膚外用剤に好ましく使用できる多糖類成分を提供する。また、洗浄剤組成物において、処方の粘度を変化させることなく泡質を改善する効果を有する成分を提供する。
【解決手段】モモ樹脂を配合した化粧料又は皮膚外用剤は、優れた保湿効果を発揮し、かつ、乾燥後もツッパリ感がなく感触面で良好である。また、モモ樹脂を洗浄剤組成物に配合することで、処方の粘度を変化させることなく、泡のキメ細やかさや泡もちの良さといった泡質を改善することができる。 (もっと読む)


【課題】毛髪に「ハリコシがない」、「艶がない」、「まとまりがない」、「ぱさつく」といった毛髪のダメージ感を改善する効果を有し、かつ、その効果を持続させることができる毛髪の改善方法を提供する。
【解決手段】下記の(A)から選ばれる成分を含有する毛髪処理剤を毛髪へ塗布し、熱処理を施す。本発明の毛髪改善方法は、毛髪に対して「ハリコシがない」、「艶がない」、「まとまりがない」、「ぱさつく」といった毛髪のダメージ感を改善する効果を与える。更に、その効果は、洗髪等によって失われることがなく、持続的に発揮させること可能である。
(A):グルコノラクトン、メバロノラクトン、ラクトビオノラクトン、パントラクトン、レブリン酸 (もっと読む)


【課題】毛髪への優れた浸透促進効果を有し、更に水溶性を兼ね備えた浸透促進剤の提供。また、該浸透促進剤と水溶性有効成分とを含有した、有効成分の浸透性に優れる毛髪化粧料の提供。
【解決手段】化1で表されるジカルボン酸と化2で表されるポリオキシエチレンモノアルキルエーテルとのジエステルを含有する浸透促進剤を用いる。
【化1】
HO−CO−R1−CO−OH
(式中、R1は炭素数2〜10の直鎖、分岐鎖若しくは環状の炭化水素基を表す)
【化2】
R2−(OCH2CH2)n−OH
(式中、R2は炭素数1〜12の直鎖、分岐鎖若しくは環状の炭化水素基であり、nは2〜11の整数を表す) (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、優れたラメラ形成能を有する化粧料又は皮膚外用剤用の油剤を提供する。
【解決手段】N−ラウロイル−L−グルタミン酸と、フィトステロール及びベヘニルアルコールからなる混合アルコールとのジエステル組成物において、フィトステロールに対するベヘニルアルコールのモル比が3〜9であることを特徴とするジエステル組成物を用いる。さらに、混合アルコールとして2−オクチルドデカノールを含んでいてもよく、この場合は、2−オクチルドデカノールの含有量は全アルコール中に20モル%以下であり、かつ、フィトステロールに対するベヘニルアルコールのモル比は3〜9である。 (もっと読む)


【課題】無色透明で有機溶媒への溶解性の高いポリイミドを提供することを目的とする。また、該ポリイミドの原料となる新規なモノマーを提供する。
【解決手段】trans,trans−1,2,4−シクロヘキサントリカルボン酸−1,2−無水物から誘導される下記一般式(1)で表されるテトラカルボン酸二無水物をモノマーとして用いる。前記モノマーと各種ジアミンと反応させることで課題に挙げたポリイミドを合成する。
【化1】


(式中、Aは2価の脂肪族基又は芳香族基を表す。) (もっと読む)


【課題】優れた毛髪のハリコシ改善効果を有し、かつ、その効果を長期間発揮させることができる毛髪のハリコシ改善剤、及び、該ハリコシ改善剤を配合したハリコシ改善作用の毛髪化粧料を提供する。また、該ハリコシ改善剤を用いて、効果を長期間発揮させることができる毛髪のハリコシ改善方法を提供する。
【解決手段】下記一般式(1)で表されるラクトン誘導体を含有する毛髪のハリコシ改善剤、又は、該ハリコシ改善剤を配合した毛髪化粧料を用いる。該ハリコシ改善剤を毛髪に塗布した後、熱処理を施すことでその効果を長期間発揮させることが可能である。
【化1】


(ただし式中、nは1又は2であり、Rは炭素数9〜22の直鎖又は分岐鎖の飽和又は不飽和炭化水素基を表す) (もっと読む)


【課題】測定波長400nmでの光透過率が80%以上の高い透明性を有するポリアミドイミド樹脂を提供することを目標とする。
【解決手段】無水トリカルボン酸クロライド(例えば、無水シクロヘキサントリカルボン酸クロライド)とジアミンから合成されるポリアミドイミド樹脂とする。そして例えば、該ポリアミドイミド樹脂は、有機溶媒に対し20重量%以上の可溶性を示し、有機溶媒は、N−メチルピロリドン,γ−ブチロラクトン及びシクロペンタノンから選択される1種もしくはそれらの混合溶液であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明は、天然ワックス、合成ワックスなどに代わり、高温でも優れた離型性を発揮する非シリコーンのワックス離型成分、並びに、該離型成分を含有する金型用離型剤を提供する。
【解決手段】硬質ラノリン脂肪酸及び/又はその誘導体を離型成分として用いる。該離型成分は高温での皮膜形成性に優れ、従来のワックスの代替として好ましく金型用離型剤に用いることができる。また、シリコーン類で問題となる金型への蓄積や製品の塗装性への懸念が小さい。 (もっと読む)


【課題】優れた美白効果を有するニコチン酸誘導体を含有する化粧料又は皮膚外用剤を提供する。
【解決手段】一般式(1)で表される6−ヒドロキシ−ニコチン酸又はその塩、6−ヒドロキシニコチン酸アミド又はその誘導体、又は、6−ヒドロキシニコチン酸エステル誘導体を含有する化粧料又は皮膚外用剤。
(もっと読む)


1 - 10 / 60