説明

日本甜菜製糖株式会社により出願された特許

31 - 40 / 58


【課題】播種ロールの種子穴に確実に所定量の種子(特に1粒)が入る機種機の構成を低コストに提供する。
【解決手段】種子を貯留する種子ホッパと、外周面の円周方向に種子を繰り出すための種子穴を設けた播種ロールを具備する播種機において、種子ホッパ内に種子の流れを制御する部材を設け、播種ロールまでの種子整列部分を設ける。また、種子整列部分に、その垂直方向に1〜2粒の種子が整列するように種子の流れを制御する部材を配置する。 (もっと読む)


【課題】膨軟な圃場への密植を可能とする連続鉢苗移植機の構成を提供する。
【解決手段】進行方向前側から順に、連結片で連結された連続鉢苗を載置する鉢苗載置部と、該鉢苗載置部から引き出した鉢苗を一列に整列して案内する鉢苗案内部と、該鉢苗案内部から畑面に鉢苗を連続に繰り出す鉢苗繰出し部とを連接した機体を有し、前記機体には畑面に植付け溝を形成するオープナーを設けた連続鉢苗移植機において、前記オープナーの前端に回動可能にチゼルを設ける。また、オープナーの前方に移植機側方への土の移動量を減少させる作用を有する部材を設けることもできる。 (もっと読む)


【課題】ベンチ栽培における移植手段を提供する。特に、作業性に優れた、ベンチへの密植を可能とする、簡易な構成でベンチへ高精度の移植が可能な移植機を提供する。
【解決手段】施設内で作物を栽培するための囲いをした箱状の栽培床へ、進行方向前側から順に、連結片で連結された連続鉢苗を載置する鉢苗載置部と、該鉢苗載置部から引き出した鉢苗を一列に整列して案内する鉢苗案内部と、該鉢苗案内部から畑面に鉢苗を連続に繰り出す鉢苗繰出し部とを連接した機体を有し、前記機体には畑面に植付け溝を形成するオープナーを設けた連続鉢苗移植機を用いて、苗を移植する。さらに、連続鉢苗移植機にベンチ側壁などに沿うガイド部分を設ける。 (もっと読む)


【課題】甜菜の紙筒苗移植時の培土消失を防止する方法を提供する。
【解決手段】擂潰した籾殻の絶対含水量を8〜34ml/100mlに調整し、これと土壌及び肥料を混合したものを培地として甜菜を育苗することを特徴とする、甜菜苗の移植のとき紙筒からの土の消失を少なくする方法。 (もっと読む)


【課題】被巻取り体の巻取り量、ひいては、巻取り軸の回りに巻取られることで引き出される被巻取り体の引き出し量及び引き出し力を安定させ、且つ、製造コストの増大が抑制される農業機械の巻取り装置を提供する。
【解決手段】巻取り軸へ回転動力を伝達する回転動力伝達部材と、農業機械の移植動作に連動して前進/後退する駆動部材と、回転動力伝達部材と駆動部材とを相対移動可能に結合する結合手段と、によって巻取り装置を構成する。 (もっと読む)


【課題】ラフィノース結晶の製造において、従来行われてきた冷却結晶化法に比して、製造時間を短縮し且つ結晶粒径を自由に調整することのできる新しい結晶化方法を開発する。
【解決手段】蒸発結晶化法、例えばラフィノース含有液調製工程、ラフィノース含有液濃縮工程、種晶添加工程、減圧下での結晶成長工程、微細結晶の溶解工程、助晶工程、遠心分離(分蜜)によるラフィノース結晶回収工程からなる蒸発結晶化法により、上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】哺乳動物の新生子へ給与する、免疫グロブリン吸収を促進する組成物及び初乳へ添加する組成物を提供する。また、ヒトを除く哺乳動物の新生子の免疫グロブリン吸収促進方法及び免疫力増強方法を提供する。
【解決手段】哺乳動物の新生子へ、DFAIII及び/又はDFAIVを有効成分とする組成物を初乳などへ添加して給与することにより、初乳などに含まれる免疫グロブリンの吸収を促進することができる。本組成物は安全であり、使用方法も簡便である。 (もっと読む)


【課題】酵素法によらないダイフラクトースアンハイドライドIII(DFAIII)を製造する方法の開発
【解決手段】ユリ科あるいはキク科に属する植物をロースト処理し、水を添加し、加熱して熱水抽出することによって、ダイフラクトースアンハイドライドIIIを生成する方法。 (もっと読む)


【課題】移植機への苗の供給が安定すると共に剥離した薄膜の後処理が容易な薄膜剥離装置を提供する。
【解決手段】一対の分離ローラ33によって分離された各薄膜32が巻取り装置34のリール38によって合一されて巻き取られて連続集合鉢体10から連続体11が順次引き出される。したがって、一方の薄膜32の引き出し速度と他方の薄膜32の引き出し速度との速度差が最小限に止められて各薄膜32が切断するのが防止され、苗3の供給を安定させることができる。また、巻き取られた薄膜32が一塊に集約されるので、巻取り後の薄膜32の扱いが容易で、加えて、受け部材43をリール38上方へ動かすだけで一塊の薄膜32をリール38から取除くことができ、後処理が効率化される。 (もっと読む)


【課題】作業者への負担の軽減と良好な植付け状態の確保とを両立し、且つ安価な移植機及び苗移植方法を提供する。
【解決手段】覆土鎮圧装置7を圃場2に直前に植付けられた苗3に対して位置合せすることを指標に移植機1を順次停止させ、各停止位置において操作部5を操作して植付け装置8と覆土鎮圧装置7とを昇降させることにより、苗3の植付けと直前に植付けられた苗3の周囲の覆土鎮圧とを同時に実施する。したがって、作業者に腰を屈めた姿勢を強いることがないため、作業者への負担が軽減される。また、覆土鎮圧が十分に行われるため、良好な植付け状態が確保される。また、原動機の動力を必要としないので、製造コストが大幅に削減される。 (もっと読む)


31 - 40 / 58